恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20190614093001.html
対人関係を良好に持っていくための方法

対人関係を良好に持っていくための方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
対人関係を良好に持っていくための方法

自分と向き合い自分を知ることが対人関係では重要です。

では、自分と向き合えない人はどんな人でしょうか。



  • プライドが高い
  • 自分の失敗を認めることができない
  • 自分の手柄に過剰に反応する
  • 他人にいいところばかり見せようとしている
  • 対人関係におびえている
  • さみしがり屋
  • 自分を知ることに恐れている
  • 本当は自分の特徴を把握して、一番自分を知っている
  • まとめ

1. プライドが高い

プライドが高い

自分と向き合えない人は、プライドが高い傾向にあります。

常に人の上に立ち、優位になることを望みます。

ちょっと失敗をつつかれただけでも、すぐに頭に血が上り、逆上ともいえるほどの理不尽な行動を起こしてしまいます。

加えて、思考が極端で白か黒かとグレーゾーンが存在しないような頑固者な方が多いです。

2. 自分の失敗を認めることができない

自分の失敗を認めることができない

プライドが高いため、失敗というものに関してはとても神経質です。

他人の失敗ももちろんですが、特に自分の失敗については一生の恥じというくらい極端に考えます。

そのくせ、しばらくたつとその出来事は都合よく忘れており、同じ失敗を繰り返してしまいます。

ともすると、他人にその失敗を擦り付け、自分は無実というような自分勝手な逃げ道を作り出してしまうこともあります。

3. 自分の手柄に過剰に反応する

自分の手柄に過剰に反応する

失敗した時は、コロッとすぐに忘れてしまうのですが、逆に自分の手柄に関しては、これでもかというほど主張し、過去の栄光に浸ります。

その手柄が大きければもちろん、小さくても全く内情を知らない人に対しては、多少話を持ってでも自分を認めさせようと自慢してきます。

アピール力に関して言えば十二分な能力を持っています。

4. 他人にいいところばかり見せようとしている

他人にいいところばかり見せようとしている

前項目の自慢の部分にもかかっていくのですが、自分を認めさせようとするあまり、いいところだけを表に出していく傾向があります。

逆に自分の失敗談などは闇に葬ってしまい、自分はこんなにできる人間なんだと、自分で自分を催眠状態にもっていきます。

たまの失敗もネタ話にすれば、他人から好印象を貰えることもありますが、そんなことはお構いなしに、自分のいいところアピールをしてきます。

5. 対人関係におびえている

対人関係におびえている

他人に好かれたいということは、言い換えると他人に嫌われたくないともいえます。

常に他人の目の色、表情を気にかけて自分のいいところアピールは行いますが、自分の行けんを述べよという問いかけには、何を話したらいいのかわからないくらいにパニックになってしまいます。

どういう風に言ったら嫌われないのかと常に考えて発言してきます。

6. さみしがり屋

さみしがり屋

他人に嫌われたくないのは、実はさみしがり屋だからです。

手柄を自慢するとなると「俺はいつも1人。

俺の力でこれができた」とアピールしますが、心の底ではみんなと協力し、輪の中に入りその中で人気者になりたいという感情が眠っています。

本人は自分をゆっくり見つめるということをせず感情で突っ走ってますので、それに気づかずにいます。

7. 自分を知ることに恐れている

自分を知ることに恐れている

本来、自分の性格というものは自分が1番よく知っているはずです。

本当は自分がこういう人間なんだという答えは出ているのでしょうが、それを認めたくないつまらないプライドと意地が邪魔をするため、心の中でこの問題を解決ではなく、うやむやに消していこうとしています。

弱い自分を認めたくないのです。

8. 本当は自分の特徴を把握して、一番自分を知っている

本当は自分の特徴を把握して、一番自分を知っている

1~7までの行動をとれるということは、逆に自分をよく知っているからこそできる行動です。

心が傷つきたくない自己防衛反応により、違う方向へ話をすり替えたり、相手より上に立つことにより、優位感を手に入れて心の安心を手に入れようと、無意識のうちに頭が動いてしまっているのです。

まとめ

自分と向き合えない人は、本当は自分を一番よく知っており、その場での自己防衛を瞬時に見抜いている人でもあります。

ただ、上記に当てはまるような方がいらっしゃいましたら、今後は十分注意してください。

実は、その心の底の考えは他人には筒抜けになっている可能性があるかもしれません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!