恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171020133056.html
元彼をキープするコツ10選

元彼をキープするコツ10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元彼をキープするコツ10選

彼と別れてしまい、すでに元彼になってしまったけれど、会えなくなったり連絡が取れなくなってしまうのは嫌だという女性は多いです。 一人で寂しく暮らすことに耐えられないという女性や、男性と一緒に遊びに行けないライフスタイルは考えられない女性もいます。 そこで今回は元彼をキープするコツについて紹介します。

  • 好きな気持ちを伝える
  • 付き合えない理由を作る
  • 「特別な男性」だと伝える
  • 定期的に会う
  • 恒例の行事を作る
  • 愚痴を聞いてあげる
  • 身だしなみに気を配る
  • 割り勘にする
  • セフレになる
  • 新しい男の気配を見せない
  • まとめ

1. 好きな気持ちを伝える

好きな気持ちを伝える

まずいろいろあって今は元彼になってしまったけれど、「今でも好き」という気持ちを伝えます。 恋愛関係だったころと同じくらい好きな必要はありませんが、好きというプラスの感情を持っていることは伝える必要があります。 元彼をキープする状況にいる女性は、自分から元彼との恋愛関係を切った、いわば「彼を振った」立場の女性でしょう。

彼にフラれて元カノになった女性は、元彼をキープすることが難しいからです。 元彼からすれば自分を振った女性がまだ会いたがったり、復縁をちらつかせるのか、意味が分からなくなるかもしれません。 「元彼のことが今でも好き」という感情があれば、すべての疑問の答えになります。

2. 付き合えない理由を作る

付き合えない理由を作る

元彼には「今でも好き」という感情を伝える必要があります。 もちろん本音ではどう思っているかはわかりません。 元彼からすると、今でも好きなら、すぐにやり直そうと思うかもしれません。 「だったらやり直そう」と迫られた時に、どのような答えをすれば良いか考えておきましょう。 つまり元彼のことは好きだけれど付き合えない、都合の良い理由を考える必要があります。

「しばらくフリーでいたい」「男性と真剣に交際するのが少し怖い」など、元彼が納得できる答えを作りましょう。 「もう二度と男性と付き合わない」という理由では、元彼も復縁をあきらめて遠くに去ってしまうかもしれません。 また「新しい彼氏を作りたい」という理由でも、元彼は去ってしまうでしょう。 元彼との復縁も可能で、なおかつすぐには付き合えないという理由を作ることが大切です。

3. 「特別な男性」だと伝える

「特別な男性」だと伝える

元彼に好きという気持ちを伝える時、熱すぎてもいけません。 熱く好きだと伝えると、元彼もヒートアップしてしまい、キープ状態をうまく作ることができません。 もしかしたら「好き」という表現よりも「特別な男性」のほうが、元彼のキープのためには適切な表現かもしれません。

男性の友達は何人かいるけれど、元彼は特別. というニュアンスを伝えると良いでしょう。 すぐに復縁するというニュアンスはありませんが、彼女の中でいちばん大切な存在でいられることに満足するはずです。 しばらく特別な男性というポジションにいることを、元彼も楽しむのではないでしょうか。

4. 定期的に会う

定期的に会う

元彼をキープするためには、定期的に会うことが大切です。 あまり期間を開けすぎると、元彼に対する存在感が薄くなりすぎてしまいます。 元彼にとっていちばんの女性という立場をキープするために、必要最低限、定期的に会うべきでしょう。

5. 恒例の行事を作る

恒例の行事を作る

年末年始やお互いの誕生日など、毎年数回、必ず会う日を作ると良いでしょう。 その時期が近付くと、お互いのことを思い出すことができます。 元彼に自分の存在を強く印象付けるために効果的です。 この恒例行事を上手に利用すると、年に数回しか会わなくても元彼のことをキープすることができます。

自分の誕生日に毎年会うようにすると、新しい男性との出会いがあった時に困るかもしれません。 元彼の誕生日と、付き合い始めた日、または別れた日などに定期的に会うようにすれば、その後の恋愛の邪魔になることはないでしょう。

6. 愚痴を聞いてあげる

愚痴を聞いてあげる

元彼と会った時に、元彼にとっても自分と会うメリットを作ってあげるようにしましょう。 そこで元彼の愚痴を聞いてあげるのはいかがでしょうか。 良い聞き役をしてくれる女性は、男性にとって大切にしたい貴重な存在です。 その立場に立つようにしましょう。 好きな気持ちをちらつかせて、元彼の気持ちをたかぶらせて、はぐらかしての連続では、元彼も疲れてしまいますし、女性のほうも面倒でしょう。

それよりも、定期的にふたりが会う時は、彼の愚痴を聞いてあげるほうが、お互いにとってメリットが多いと思います。 元彼が今どうのような立場にいて、どのような悩みを抱えているのかが分かると、元カノとしても安心だと思います。 元彼をキープするために役立つ情報も聞けるかもしれません。

7. 身だしなみに気を配る

身だしなみに気を配る

元彼をキープするために、年に数回くらいのペースで会うようにしましょう。 その時は身だしなみに気を配り「素敵な元カノ」を演出することが大切です。 元彼の周囲にいる女性よりも輝いていないと、元彼の心も離れやすくなってしまいます。 たまに会う元カノが、元彼の周囲の女性よりも素敵だったら、復縁できるまで待ちたい気持ちが強くなるでしょう。

元彼に素敵だと思われるほど、キープすることがかんたんになります。 ぜひ元彼と会う時は、身だしなみに気を配り、素敵な女性として登場しましょう。 ファッション誌を購入し、研究をしてからファッションアイテムを揃えましょう。 また美容院でヘアメイクをしてもらいましょう。 元彼が露出の多い服が好きならば、そのリクエストに応えるような服装をしましょう。 コンサバな服が好きな元彼なら、きちっとした服装にしましょう。 元彼にとって、また付き合いたい存在になるための身だしなみをすることが大切です。

8. 割り勘にする

割り勘にする

元彼の経済状態が苦しい時は、飲食店の支払いなどを割り勘にしましょう。 「今は付き合っていないから割り勘」などと言って、半分お金を出すようにすれば、元彼も助かります。 元カノと会うための負担が少なくなるでしょう。

また自分の経済状態を気遣ってくれることも「さすが元カノ」という感じで、元彼の高評価につながるでしょう。 「また付き合ったら、おごってもらうから」などと冗談めかして言うと、彼の期待も高まりますので、さらに効果的でしょう。

9. セフレになる

セフレになる

女性の気持ち次第ですが、セフレになって元彼との関係を続けることもできます。 元彼との体の相性が良い時、元彼が体の関係だけで満足する場合はセフレになるのがキープするためにいちばん効果的かもしれません。

しかしセフレになる女性に対して、バカにするようなタイプの元彼なら、絶対に体の関係にならないようにしましょう。 元彼をキープするために逆効果になるからです。

10. 新しい男の気配を見せない

新しい男の気配を見せない

元彼の気持ちをキープするためには、新しい彼氏や、元彼以上に親しい男友達の気配を見せないことが大切です。 元彼はなんだかんだ言っても「復縁目的」で、元カノと定期的にあったり、話をしたりしています。 新しい男の影が見えた途端に、元カノに対する思いが消えてしまうかもしれません。

元彼は彼氏ではありませんが、男性の中でいちばんの存在でなければ、キープを続けることができません。 そのように元彼に思ってもらうことが最低限必要です。 もし付き合い始めの新しい彼がいたとしても、元彼をキープしたいと思ったら、その気配を出さないように注意しましょう。 スマホの着信や、メイクの変化などに気をつけましょう。

まとめ

元彼をキープするためには「元彼のことが好き」で、「男性の中でいちばん大切な存在」ということを伝えましょう。 さらにそれでも「付き合えない」理由をはっきりさせましょう。 そして定期的に会って魅力的な自分をアピールすれば、元彼の気持ちを長くつなぎとめておくことができるでしょう。

彼と別れてしまい、すでに元彼になってしまったけれど、会えなくなったり連絡が取れなくなってしまうのは嫌だという女性は多いです。 一人で寂しく暮らすことに耐えられないという女性や、男性と一緒に遊びに行けないライフスタイルは考えられない女性もいます。 そこで今回は元彼をキープするコツについて紹介します。


好きな気持ちを伝える

まずいろいろあって今は元彼になってしまったけれど、「今でも好き」という気持ちを伝えます。 恋愛関係だったころと同じくらい好きな必要はありませんが、好きというプラスの感情を持っていることは伝える必要があります。 元彼をキープする状況にいる女性は、自分から元彼との恋愛関係を切った、いわば「彼を振った」立場の女性でしょう。

彼にフラれて元カノになった女性は、元彼をキープすることが難しいからです。 元彼からすれば自分を振った女性がまだ会いたがったり、復縁をちらつかせるのか、意味が分からなくなるかもしれません。 「元彼のことが今でも好き」という感情があれば、すべての疑問の答えになります。

付き合えない理由を作る

元彼には「今でも好き」という感情を伝える必要があります。 もちろん本音ではどう思っているかはわかりません。 元彼からすると、今でも好きなら、すぐにやり直そうと思うかもしれません。 「だったらやり直そう」と迫られた時に、どのような答えをすれば良いか考えておきましょう。 つまり元彼のことは好きだけれど付き合えない、都合の良い理由を考える必要があります。

「しばらくフリーでいたい」「男性と真剣に交際するのが少し怖い」など、元彼が納得できる答えを作りましょう。 「もう二度と男性と付き合わない」という理由では、元彼も復縁をあきらめて遠くに去ってしまうかもしれません。 また「新しい彼氏を作りたい」という理由でも、元彼は去ってしまうでしょう。 元彼との復縁も可能で、なおかつすぐには付き合えないという理由を作ることが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!