恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180629142429.html
可愛い怒り方をするコツ

可愛い怒り方をするコツ | 恋のミカタ

恋のミカタ
可愛い怒り方をするコツ

好きな人に怒る時は、可愛く怒るのがベストですよね。

あまりきつく怒ってしまうと、そのあとの関係が余計にギクシャクしてしまう可能性もあります。 あまり怖い怒り方をしてしまうと、それがトラウマになって、お互いの関係も冷え込んでしまい、思いがけない別れ話に発展してしまうかもしれません。

今回は、怒っているにも関わらず、思わず愛おしいと感じてしまうような、可愛い怒り方をするコツ15選を紹介したいと思います。

  • 頬っぺたをぷくっと膨らませる
  • 「こらっ」や「めっ」を使う
  • 相手に顔をうずめながら
  • 無言で怒る
  • 冗談ぽく怒る
  • 突然敬語で怒る
  • LINEではスタンプで怒る
  • 怒っている理由を可愛く言う
  • 好きだからが怒る理由
  • 怒った時の顔が困り顔
  • 怒る時は短時間で
  • 傷ついたアピールする
  • ちょびっとつねりながら怒る
  • 一瞬だけ怒る
  • 相手をきちんと許す優しさ
  • まとめ

1. 頬っぺたをぷくっと膨らませる

頬っぺたをぷくっと膨らませる

可愛い怒り方の定番と言えば、頬っぺたをわざとらしく可愛く膨らませて怒る方法です。

好きな彼や彼女からそんな風に怒られたら、思わず可愛いと思ってしまうでしょう。 非常にあざとさを感じる怒り方ではありますが、男性はあざといのが大好きなのです。

愛おしい彼女からのあざとい可愛い行動が、とても愛おしく感じ、たまらない気持ちになってしまうそうです。 頬っぺたを膨らませるだけで「怒っている」という事がきちんと伝わるので、あとは話し方や表情をよりキュートにすると、怒られている方も思わず可愛いと思ってしまうでしょう。

膨らんだ頬は子供らしいイメージを相手に与えるので、怒られているのに、場が和んだり、すぐに仲直り出来ます。

2. 「こらっ」や「めっ」を使う

「こらっ」や「めっ」を使う

イメージは、「こらっ」や「めっ」を使う側は、かなり年上になった気持ちで怒るというのがポイントです。

怒られる方はいわば子どもです。 小さいころに悪いことをした子どもを叱るような感じで「こらっダメでしょ」や「めっ」を使う事で、怒られた方は思わず可愛いとほっこりしてしまいます。

怒る方も子どもを叱るような感じで怒る事で、そこには親が子どもを叱る時のような愛情が満ち溢れている事になります。 それがまた、怒っている姿が何か可愛いと感じ、空気が良くなります。

3. 相手に顔をうずめながら

相手に顔をうずめながら

怒られると思ったときに、顔をうずめながら「バカっ」と言われたらどう思うでしょうか。

その言葉が妙に弱々しく、あなたに対して甘えるような言い方だったら、顔をうずめられているのと相まってより可愛いと感じてしまうでしょう。 顔うずめる事で、言葉を少なくしても怒っている事が伝えられるのがポイントです。

そして、弱々しい声で怒れば、相手も申し訳ない気持ちになり、事が上手く行きます。

4. 無言で怒る

無言で怒る

表情の作り方が上手い人は、必死で謝る彼や彼女の前で、無言で怒っている感情を伝えてみましょう。

その時、ちょっとぶりっ子のような顔をする事で、より一層可愛さが引き立ちます。 静寂な時が流れますが、そんな張りつめた空気に耐えられなくなり、お互いに思わず笑ってしまったり、場の雰囲気が和むことがあります。

こんな真剣に怒る場面だからこそ、表情で必死に怒っている顔をするのが、また可愛いと気持ちにさせてくれるのです。 あまり怖すぎる顔をすると逆効果ですので、怒る方は、きちんと表情を制御する事が大切です。

5. 冗談ぽく怒る

冗談ぽく怒る

本気で怒っているような感情ではなく、冗談ぽく怒ることで、場の雰囲気を和ませる効果があります。

言葉では「怒ってるんだからね」と言っていても、表情や仕草で冗談ぽさを上手くアピール出来れば、大きな喧嘩にも発展しませんし、極端に空気が悪くなりません。 顔を膨らませるのも良いですが、わざとらしく泣いたふりをしながら怒ったり、思いっきり「プンプン」といって両手のこぶしを頭に当てながら怒るのも冗談ぽくて可愛らしいでしょう。

6. 突然敬語で怒る

突然敬語で怒る

突然敬語で怒るなんて、意味がわからないかも知れませんが、それがポイントなのです。

怒られるタイミングで急に敬語で「○○君、こんな時間まで何をしているんですか?」と敬語で突然怒るなんて、お互い仲がいい二人でなければなかなかできない怒り方です。 そんな所が可愛いと感じたり、心の距離が近く感じてキュンときたりするのです。

この怒り方のポイントは、冗談ぽく怒る事です。 あくまで敬語で怒るというのは、面白いおこり方という一種なので、相手に「冗談」として伝わらければ、ただただ恐怖を与えてしまう怒り方になってしまうでしょう。

7. LINEではスタンプで怒る

LINEではスタンプで怒る

怒りがこみ上げてくるのは、直接会っている時だけではありません。

特に怒りをぶつけやすいのがこの「LINE」です。 文章では、ちょっとしか怒っていないつもりでも、声のトーンや感情が伝わらないので、凄く怒っているかのように感じたり、相手は大きく言われているような感じ方をしてしまい、誤解を招いてしまいやすいのです。

なので、「LINE」で怒る時は、いつも以上に言葉を選ばないといけません。 そんな時に助かるのがスタンプです。

可愛いスタンプをつける事で、相手が怒っているという気持ちを緩和させる事が出来るのです。 可愛いスタンプを用意する事で、怒られている方もビクビクしないですみます。

8. 怒っている理由を可愛く言う

怒っている理由を可愛く言う

あなたが怒っている原因がとても可愛かったら、思わず相手も「そんな事で怒るなよ」と、可愛いと思ってもらえます。

また、怒っている理由を伝えるときも、こんな理由で 怒られたらどうでしょうか?「あなたが誰かに取られちゃうんじゃないかって、心配だから怒っているの」なんて言われたら、思わず可愛いと、愛おしく感じると思います。

自分の気持ちを素直に伝える事が、時としてとてつもない可愛さを生み出すことがあるのです。

9. 好きだからが怒る理由

好きだからが怒る理由

相手に怒るというのは、好きだからこそ怒りが湧いてくる事があります。

そのきちんとした「好き」という気持ちを伝える事で、相手もどんなに怒られようと、可愛いという気持ちになってきます。 お互いに愛があればこそ、怒られたり、怒ったりという行為が行われるのです。

その時の好きな気持ちが相手に伝われば、可愛いと思ってもらえる 事は間違いありません。

10. 怒った時の顔が困り顔

怒った時の顔が困り顔

怒った時の顔は、非常に恐ろしい物です。 口から出るキツイ言葉やトーンと表情が合わさる事により、相手はより怒られている時の恐怖を味わう事になります。

そんな時に困ったような、天然ぽい表情をする事で、怒られている方も「悪い事したな」と素直に感じ、相手に対してもこの人は可愛いなという感情を抱くことが出来ます。 怒っている時の表情は非常に重要です。

顔に涙を浮かべたりする事で、怒られた方は相手に可愛さを感じる事が出来ます。 怒った時に可愛く怒る時の顔は表情にあります。

気になる方は、怒りの場面を想像し、鏡の前で自分の顔を見ながら練習すると、可愛い顔で怒れるようになります。

11. 怒る時は短時間で

怒る時は短時間で

怒られる方も、たとえ悪い事をしたとしてもずっと怒られていたのでは、あまり気分がよくありません。

それに可愛い怒り方もここぞという時に使うからこそ可愛く見えるものです。 一応、怒られている方は何か悪いことをしたので、怒られているはずです。

その場合、早くこの時間が終わって欲しいと思うでしょう。 そんな時は、一度喧嘩を許した時点でその話題を終わらせることが可愛いポイントです。

いつまでも怒ってないよという事をアピール出来ますし、相手も安心感を得る事が出来ます。 いくら可愛い怒られ方だったとしても、怒られる方はあまり長いとうんざりしてしまう可能性があるので、今後の可愛い怒り方を有効活用するためにも、一度相手を許したら、次の日などに持ち越さない事が大切です。

12. 傷ついたアピールする

傷ついたアピールする

相手がした行動でどれだけ自分の心が傷ついたかをアピールしてみましょう。

あまりに熱心に傷ついた事を言うと、ヒステリックに感じてしまいます。 大事なのは冗談のような大げさな演技をする事で、場が和みますし、怒られた方も「なんか可愛いな」と怒られていたことも思わず忘れてしまう事もあります。

きちんと傷ついた理由を言えば、相手も償いやすくなるので、あと腐れなく今後も関係が上手くいくでしょう。

13. ちょびっとつねりながら怒る

ちょびっとつねりながら怒る

痛みというのは強烈に感情に左右されます。

怒られている事より、痛みの事が印象として残りやすいのです。 なので、優しくつねる事で、その事が強く印象に残り、怒られた印象よりも優しくつねられた事が頭にインプットされます。

この時のポイントは、優しくつねる事です。 相手が痛みを強く感じた場合、可愛いという感情ではなくあなたに対して怖いという印象を抱くでしょう。

可愛い女の子らしい非力な感じでつねる事で、より可愛さをアピールする事が出来ます。

14. 一瞬だけ怒る

一瞬だけ怒る

真っ向から相手を怒っても上手く行かないことがあります。

ちょびっとだけ怒って、機嫌の悪そうな態度を可愛らしくとると、相手も思わず放っておけなくなります。 論破や感情的に怒らないで、怒っている事だけを伝える事で、相手も何で怒っているんだろうと心配になります。

一瞬だけ怒って、「プンプン」と可愛らしい雰囲気を出せば、相手も思わずどうしたんだろうと心配してくれるはずです。

15. 相手をきちんと許す優しさ

相手をきちんと許す優しさ

あなたが怒った後に、素直に謝って来たとします。

この時にきちんと許すことが出来れば、可愛い人だなと印象を与える事が出来ます。 相手もあなたを怒らせたくて怒らせているわけではありません。

彼や彼女の言葉に寛容な気持ちで答えることが、よりいい関係を生みます。 彼や彼女をきちんと許すことが出来る気持ちが、可愛い怒り方の大事なポイントなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 可愛い怒り方をすれば、お互いにしこりやあと腐れが残る事がなくなり、喧嘩から別れ話に発展する事も少なくなります。

また、喧嘩する度に彼氏や彼女の可愛い一面を垣間見る事が出来るので、お互いの距離もより深くなっていく事でしょう。 好きな人に対しては、怒っている姿も可愛く感じて欲しいものです。

ぜひ、今回の可愛い怒り方を参考に、より深い仲を築いていっていただきたいと思います。

好きな人に怒る時は、可愛く怒るのがベストですよね。

あまりきつく怒ってしまうと、そのあとの関係が余計にギクシャクしてしまう可能性もあります。 あまり怖い怒り方をしてしまうと、それがトラウマになって、お互いの関係も冷え込んでしまい、思いがけない別れ話に発展してしまうかもしれません。

今回は、怒っているにも関わらず、思わず愛おしいと感じてしまうような、可愛い怒り方をするコツ15選を紹介したいと思います。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク