恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180311175657.html
他人の目を気にしない方法

他人の目を気にしない方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
他人の目を気にしない方法

「他人の目」ついつい気になってしまいますよね。

それにとらわれると、自分らしく生きるということが難しくなってしまいます。

人はお洒落にしても、ライフスタイルにしても、他人とちょっと違うと言うことに敏感です。

ではそういった他人の目を気にしないでいるにはどのような方法があるのでしょうか。

いくつか考えて行きたいと思います。



  • クリエイティブな場所に身を置く。
  • 他人の目を気にしないという性格の友達を持つ。
  • 他人は他人、自分は自分という意識をいつも働かせる。
  • 他人の目を気にしなければならない所からは離れる。
  • 自分を磨く。
  • 全員から好かれるということはまずありえないことを認識する。
  • まとめ

1. クリエイティブな場所に身を置く。

クリエイティブな場所に身を置く。

何かを1から作ると言った、クリエイティブな場所は、自分らしさや個性と言った表現力が生かされる絶好の場所です。

そういうた場所に身を置くと、他人の目が気にならない精神力が身に付きます。

他人と違った発想力が、良い面として高く評価されるからです。

誰が何と言おうと自分が良いと思ったことは良いのです。

ものを作る発想でそれに磨きをかけていくのも良い方法です。

2. 他人の目を気にしないという性格の友達を持つ。

他人の目を気にしないという性格の友達を持つ。

類は友を呼ぶといいますが、割と自由に生きてる友人を持つのも1つの手です。

ファッションセンスや生き方や考え方などが独自の物を持っている人です。

そう言った人同士ならば、「他人の目を気にしない」という気持ちが共有できます。

なぜならば、人との距離感の計り方が同じ可能性が高いからです。

必ずお互いが心地良いと感じる関係が築けるでしょう。

お相手も、同じように思ってくれるはずです。

交友関係もきちんと選びましょう。

3. 他人は他人、自分は自分という意識をいつも働かせる。

他人は他人、自分は自分という意識をいつも働かせる。

大事なのは自分の心持ちです。

人目を意識していてはのびのびと生きられません。

常に自分は自分という意識を持ちましょう。

それは小さな事からの積み重ねです。

何事も気にしないように普段から心がけましょう。

4. 他人の目を気にしなければならない所からは離れる。

他人の目を気にしなければならない所からは離れる。

人の陰口や悪口が絶え間ない職場など、精神的にストレスがかかっている場合は、その場所を離れるのも1つの手段です。

いくら他人の目を気にしなくてもいいと心がけていっても、特徴のある人の事をネタに、悪口を言う性格の悪い人間もいます。

生活のために仕方なく働いてる職場などもあるかもしれませんが、あまりに他人の目が精神的にストレスがかかる場合は無理をしない方が良いでしょう。

5. 自分を磨く。

自分を磨く。

独自のセンスを身に付け、自分に自身が持てるようになれば、意識しなくても他人の目が気にならなくなります。

他人の目が気にならなくなるどころか、逆にもっと注目して欲しいと思うようになるかもしれません。

全てを忘れて熱中できる何かを作りましょう。

そうやって夢中で何かをしているうちに、他人の目はさほど気にならなくなるはずです。

6. 全員から好かれるということはまずありえないことを認識する。

全員から好かれるということはまずありえないことを認識する。

人間は集団生活をする生き物です。

人が10人いたら、10通りの性格があるわけです。

その中でまったく同じ性格の人なんて1人もいません。

その十人十色の人の中で全ての人から好かれる訳がないのです。

その中から1人か2人程の気が合う人を探す方向に、力を注いだ方がよほど有意義です。

人の目がどうしても気になるという人は、このメカニズムを理解しましょう。

自分の事をさほど好きでない人がいることを当然のこととして認識した方が、人目を気にしないでいられる最短の近道かもしれません。

まとめ

人は生きていると他人の目が気になってしまうことが多々あります。

なぜなら人は、共同生活をしていく中でどんな人でも協調性というものが備わっているからです。

もちろん協調性というものは大事なものなので必要不可欠です。

しかし、それが行き過ぎると個性がなくなると言った悪い面となってしまいます。

迷惑をかけない範囲での個性は尊重されるべきです。

そういった風潮が広がれば他人の目を気にしないでのびのびと生きられる人が増えますね。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!