恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

自分の機嫌を直す方法

自分の機嫌を直す方法

恋のミカタ
自分の機嫌を直す方法

スポンサーリンク

不機嫌になってしまうと自分だけではなく相手にも嫌な思いをさせてしまうことがあります。 そうならないためにも機嫌を直す方法を学ぶのは良いことです。 次の8つの点を考慮してみましょう。

スポンサーリンク

  • 楽しいことに目を向ける
  • 相手を許す
  • たくさん好きなものを食べる
  • もっとつらい状況にある人のことを考える
  • 機嫌が悪くなっている原因を分析する
  • 次回への教訓とする
  • 自分にはどうすることもできないこともあることを認める
  • 感情をコントロールする
  • まとめ

1. 楽しいことに目を向ける

女性(綺・明45・両手頬あて)

機嫌が悪くなったときにはそのことに目を向けるのではなく、楽しいことに目を向けるようにします。 週末にショッピングに行くことや旅行を計画しているのであればそうした楽しいことを考えるようにして、自分の気持ちをネガティブなことではなくポジティブ思考にするのです。

わくわくするような楽しい計画に思いを向けるようにすることで機嫌を直すことができます。

2. 相手を許す

もし機嫌が悪くなった原因が、相手の発言によるものでそうした気持ちになったのであれば、それを根に持つことでイライラし続けるのではなく、その相手を許し忘れることで機嫌を直すことができます、許すことが容易ではないこともあるかもしれませんが、自分も同じように知らぬ間に相手を傷つけるようなことを言ってしまうことはあるもので、お互い様であることを理解できれば、相手を許しやすくなり、平安な気持ちを持てます。

スポンサーリンク

3. たくさん好きなものを食べる

女性(食事1)

イライラしていて機嫌が悪いときには、その気分を変えるために好きなものをたくさん食べて思いを切り替えることができます。 それは女性であれば甘いデザートをたくさん買ってくるとか、男性であれば食べ放題で食べまくるということかもしれません。

太ってしまう懸念はあるとはいえ、大好きなものを存分に食べることができたときというのは、満足感に満たされて機嫌が直るものです。

4. もっとつらい状況にある人のことを考える

世の中にはもっともっと自分よりもつらい経験をしている人たちがいくらでもいる、そうしたことを考えてみることができるかもしれません。 家の仕事も家族もない人が路上に溢れてしまっている国がたくさんある中で、なにかのことで機嫌が悪くなってしまっているとしても、そうした人たちの置かれている状況と比べれば大したことではないと思えてくるものです。

スポンサーリンク

5. 機嫌が悪くなっている原因を分析する

女性(綺・明61・座・側面)

なぜ自分の機嫌が悪くなっているのかを冷静に分析することです。 それは自分の思い通りにいかない予定のためとか、相手との関係がぎくしゃくしていること、あるいは単にお腹が空いているだけとか、渋滞でイライラしているなどかもしれません。

いずれにしても機嫌を直すためには、その原因となっているものを解決するようにすることや、それに上手に対処する術を身に着けることが大切であり、渋滞でイライラしているのであれば、車の中で好きな音楽をかけるとか、あるいは楽しい会話をするようにすること、あるいは別の用事をするなどして、時間を無駄にしているという気持ちにならないようなことができるかもしれません。 機嫌を直す方法を知り、それをすることです。

6. 次回への教訓とする

機嫌を直す方法は機嫌が悪くなってしまった原因は相手にあるのか自分にあるのか、いずににしてもそれを次回への教訓とすることです。 人は気持ちに余裕がなくなると機嫌が悪くなるものですので、早めに行動することや、予定をしっかりと確認すること、コミュニケーションミスがないようにすることなど、同じようなことが起きないためにできることを学ぶのです。

今回のことはそうしたことを学ぶ機会になったと考えるようにすれば、機嫌を直すことやしやすいものです。

7. 自分にはどうすることもできないこともあることを認める

女性(仲良2)

いくら自分に落ち度がないことでも、どうにもならないことはあるものです。 相手の完璧さを要求することもそうですし、どうあがいてもできないことはあります。 世の中上手くいかないことの方が多いかもしれませんので、どうしようもないことをくよくよ考えるのではなく、仕方がないと諦める潔さを必要なのです。

8. 感情をコントロールする

これは簡単ではありませんが、感情的になる傾向を抑えることで機嫌を直し早い段階で修復できるようにします。 それは相手の人の無責任と思える言動で機嫌が悪くなったのであれば、なぜ相手はこうしたことをしたのか、どんな気持ちだったのでそう言ったのか、そんなことを考えてみることです。

そして自分なりにその相手の行動の原因をある程度納得できると、相手を理解しやすくなるために怒りやイライラした環境を抑えることがしやすいのです。

スポンサーリンク

まとめ

風景(水面)

自分の機嫌を直すのが簡単なときとそうではないときがあります。 機嫌が悪いままになるとろくなことがなく、イライラしてもっと事態を悪化させてしまうかもしれません。 できるだけ早く機嫌を直すことができれば、それだけ気持ちも楽になるし平穏な思いを抱けます。

その対処の方法は人によって違うかもしれませんが、思いを切り替えることが必要であり、そうしたネガティブなことを考え続けず、楽しいことに目を向けるようにしたいものです。 他の人の言動で不機嫌になると自分が損してしまうのです。

不機嫌になってしまうと自分だけではなく相手にも嫌な思いをさせてしまうことがあります。 そうならないためにも機嫌を直す方法を学ぶのは良いことです。 次の8つの点を考慮してみましょう。

スポンサーリンク

記事の続きを読む

スポンサーリンク

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク