恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171205092820.html
自分を卑下しないようにするコツ

自分を卑下しないようにするコツ | 恋のミカタ

恋のミカタ
自分を卑下しないようにするコツ

特に日本人は自分のことをついつい卑下してネガティブに捉えてしまう人が多いですよね。

そんなことは思わずに自分を卑下しないようにする為のコツをご紹介します。



  • 言葉に出さない
  • 自分より駄目な人を見る
  • 自分のいい所を聞く
  • 出来たことに注目する
  • 出来ないことを出来るようにする
  • 褒め日記を付ける
  • ありがとうと言われることをする
  • 駄目な部分を個性だと思う
  • まとめ

1. 言葉に出さない

言葉に出さない

自分のことを卑下してしまうタイプの人は心の中で卑下するだけではなく誰かとの会話の中でもやっているはずです。

いきなり卑下しないようになるのは難しいことなので、まず人と会話をする時だけでも自分を卑下するのをやめてみませんか? 言葉に出してしまうことでその言葉が自分の耳にも入るので余計に自分は駄目な人間なんだと言い聞かせるような感じになってしまいます。

心の中で卑下してしまう考えが消えないのは最初は仕方がないことなので、まずは言葉に発することを控えてみることから始めましょう。

2. 自分より駄目な人を見る

自分より駄目な人を見る

これは無理やりな方法ですが、自分を卑下しないようにすることは簡単なことではありません。

だからこそ自分よりも駄目な人のことを見てしまえばいいのです。

例えば街中で迷惑行為をしている人を見かけたりすることがありますよね。

さすがにそういう人を見ていたら自分の方が全然立派な人間であると思ったりはしませんか? まずは自分よりも明らかに駄目人間を見て自分はまともな人間であるということを認識させることで卑下したくなる気持ちを忘れさせます。

3. 自分のいい所を聞く

自分のいい所を聞く

自分のことを卑下してしまいがちな人は、自分の良い部分があるのにそれに気付いていないだけなのです。

良い部分が全くないと思っているので、友達や家族など誰でもいいので自分のいい所は何処なのかを聞いてみましょう。

特に友達なんかは自分の何が良くて友達でいてくれているのかを知っているので自分の良さに気付けるようなことを言ってくれるはずです。

勿論いい所を教えて貰ったら謙遜するようなことを言い返すのはやめましょう。

4. 出来たことに注目する

出来たことに注目する

人間は完璧主義な人はいても完璧な人なんていません。

卑下してしまう人は完璧主義まではいかなくてもしっかりやらないと駄目だと思っている人が多いです。

出来たことには注目せずに出来なかったことばかりに注目しがちなので、どんなに小さなことでも良いので自分の今日出来たことを思い出しながら一日を終えるようにしてみて下さい。

小さなことで良いので歯磨きが出来たとか戸締りが出来たとかそんなことでも大丈夫です。

実際に当たり前の歯磨きなどが出来ない人もいるのですから、出来たことを色々考えてから寝てください。

5. 出来ないことを出来るようにする

出来ないことを出来るようにする

これは難しいことかも知れませんが、自分を卑下するということは何かが駄目だと思っているからです。

もし出来ないことがあるのだとすれば、それが出来るようになるまで頑張ればいいのです。

場合によっては達成するまで時間が掛かるかも知れませんが、もし出来ないことが出来るようになれば卑下しなくなり自信が付くようになるのではないでしょうか? 卑下してしまう前に頑張れる所までは頑張ってみましょう。

6. 褒め日記を付ける

褒め日記を付ける

褒め日記や褒め手帳など、自分を褒める為の日記を実践している人達がいることをご存知でしょうか。

意識高い系の女子がすることのように感じるかも知れませんが、卑下するのが癖になっている方は是非自分を褒める為の日記を付けてください。

寝る前に出来たことを頭の中で想像するだけでも良いのですが、自分でちゃんと手書きで文字に書くともっと良いです。

褒めることに関しても小さなことで大丈夫です。

出来なかったことばかりじゃなくて出来たことも何かしらあるはずです。

褒め日記は後で振り返ってみた時もポジティブなことしか書いていないので読み返しても明るい気持ちになります。

7. ありがとうと言われることをする

ありがとうと言われることをする

卑下することが癖の方は、1日に一度だけでも良いので人からありがとうと言われることをしてみましょう。

此処でポイントなのですが、沢山親切にし過ぎてしまうと逆にお節介扱いをされてますます自分を卑下してしまう原因になってしまうこともあるのでやり過ぎないことです。

もし困っている人がいるのならば助けてあげてください。

人に親切にしてありがとうとお礼の言葉を言われれば気持ちよいことでしょう。

駄目な自分でも人の役に立てるのだと自信を持つことが出来ます。

8. 駄目な部分を個性だと思う

駄目な部分を個性だと思う

これはとても難しいことではありますが、最終的に自分の駄目だと思っている部分を受け入れて個性であると考えられるようになったら立派です。

人間は一人ひとり違っているので同じではありません。

自分の駄目だなと感じている部分もあなたの個性であり、無理して治してしまったりしたら個性が1つ失われることにもなってしまいます。

大げさな話ですが、芸人さんの中には普通ならば美人とは言えない個性的なルックスで笑わせてお金を稼いでいる人も沢山います。

それは自分の劣っていると思う部分を個性だと思って受け入れているから出来ることなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今すぐに自分を卑下しないようにするのは難しいことではありますが、少しずつでも努力をすれば回数を減らすことにより自分に自信を付けていくことが出来ます。

卑下をしないということは自分を愛してあげることに繋がるのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!