恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170926094709.html
スルースキルを身につける、鍛えるコツ13選

スルースキルを身につける、鍛えるコツ13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
スルースキルを身につける、鍛えるコツ13選

面倒な人が何かを言ってきた時に、まともに受け取らずにスルーしましょう。 今回はスルースキルを身につける考え方や鍛えるコツを紹介します。



  • 面倒な人を特定する
  • 深呼吸する
  • 瞑想をする
  • バリアーを張る
  • チワワが話していると思う
  • 色々な考え方があって当然だと思う
  • かわいそうな人だと思う
  • 相手の問題だと気付く
  • 自分は変わらないと決める
  • 傷つく必要がないと知る
  • 耳栓をする
  • サングラスをする
  • 笑って立ち去るスキルを身につける
  • まとめ

1. 面倒な人を特定する

面倒な人を特定する

スルーをしたいような面倒な相手が限られている場合は、面倒な人を特定しておきましょう。 例えばAさん、Cさん、Fさんは面倒だから要注意というように、予防線を張っておきましょう。 さらに「面倒指数」をつけて、Aさんは面倒指数4、Cさんは面倒指数2、Fさんは面倒指数5などとしておくと、誰をいちばん要注意すべきかも分かります。

特定して指数をつけることで、ゲーム感覚でスルーをすることができます。 「指数5のFが近づいてきた、要注意」という感じで、何かを言われても大丈夫なように心構えをしましょう。 ゲーム感覚にすることで、それほど深刻な問題ではないと知ることもできます。

2. 深呼吸する

深呼吸する

面倒な人が近寄ってくると、緊張して呼吸が浅くなるかもしれません。 緊張すると正しい対処ができなくなるかもしれません。 そこで深呼吸をして呼吸を整えて緊張を解きほぐしましょう。

3. 瞑想をする

瞑想をする

瞑想は究極のスルー法と言えます。 簡単にできる簡易的な瞑想の方法でも十分効果的です。 本屋さんに行けばたくさん瞑想入門の本が売っていますので購入して読んでみましょう。

スルーできずに心がモヤモヤした時にも、瞑想は効果的です。 毎日瞑想を実践すると、ストレスに強い自分になることができるでしょう。

4. バリアーを張る

バリアーを張る

どこかに行く時、特に面倒な人がいる場所に行く時は、「バリアー」を張りましょう。 子どもの頃に、手を広げてバリアーを張るように、心の中で「バリアー」と唱えます。 自分の周りにバリアーが貼られているイメージを持ちましょう。 するとそれだけで、面倒な人の言動のダメージがかなり減ることに気付くでしょう。

5. チワワが話していると思う

チワワが話していると思う

面倒な人が面倒なことを話している時に、同じ人間が話していると思うから気が重くなります。 そこで「チワワが話している」と思いましょう。 チワワがどんなに吠えても、怖いと思うことはないでしょう。 もしかしたら微笑ましく思えるかもしれません。

6. 色々な考え方があって当然だと思う

色々な考え方があって当然だと思う

誰でも自由に意見を持てて発表できるのが、言論の自由が確保されている日本の長所です。 どんなにめちゃくちゃな意見でも、気持ちの悪い考え方でも、言論の自由は保障されている日本では、話すことができます。

そこで面倒な人が話しかけてきたら「日本は自由でいい国だな」と思うようにしましょう。 不思議と怒りが収まってくるでしょう。

7. かわいそうな人だと思う

かわいそうな人だと思う

例え言論の自由があっても、ひどすぎることを他人に言ってはいけません。 それは子どもでも知っていることです。 それができないのは、発言者の心に問題があるからです。

かわいそうな人だと思うようにしましょう。 かわいそうな人が大きな声で何かを言っても、かわいそうなだけです。 もしその人に愛情を抱いていないなら、同情する必要もないでしょう。

8. 相手の問題だと気付く

相手の問題だと気付く

何かに異様に怒る人は、その人と共通する嫌な事柄に反応している場合があります。 つまり怒っている人自体の問題です。 怒られている人が行動を変えてもだめで、怒っているほうの問題を解決する必要があります。

つまり自分とは関係のない話です。 自分とは関係のないことで動揺する必要はありませんので、華麗にスルーできるはずです。

9. 自分は変わらないと決める

自分は変わらないと決める

誰かが何を言っても、影響される必要はありません。 自分に影響を与えるのは自分だけだと決めましょう。 そうすれば、誰かが強く何かを言っても気にせずにすみます。 「もし、いいことを言ったら、その部分だけ採用してあげる」というように、余裕を持って相手に接するようにすれば大丈夫です。

10. 傷つく必要がないと知る

傷つく必要がないと知る

仮に誰かが暴言を吐いても、聞いた方が傷つく必要はありません。 誰かが何を言っても、反応の仕方を選ぶのは自分だからです。 相手が傷つけようと言葉を発しても、傷つくか傷つかないかは自分で選ぶことができます。 相手の狙い通りに反応してあげる必要はないのです。

11. 耳栓をする

耳栓をする

面倒な人が何かを話している時は、耳栓をしてしまうという方法があります。 聞こえないふりは難しいですが、本当に聞こえていなければスルーすることも容易です。 教室や職場などで、耳栓をしても大丈夫な場面では有効な手段です。 もし耳栓をしていることを誰かに指摘されたら、「仕事に集中したくて」と言えば大丈夫です。

12. サングラスをする

サングラスをする

外出先で面倒な人に会いそうな時は、サングラスをしましょう。 自分だと気付かれる確率が少なくなります。 また「相手をみつけて、そっと立ち去ろうとする気持ち」が目にあらわれても大丈夫です。 サングラスをしていれば、心の動きを相手に読まれることはないでしょう。

13. 笑って立ち去るスキルを身につける

笑って立ち去るスキルを身につける

少しばかばかしく感じるかもしれませんが、スルーをするのに効果的な方法があります。 それが「笑って立ち去る」というスキルです。 面倒なことを誰かが言ってきた時に、きちんと向き合ってしまうと面倒なことになります。 「代わりに○○してくれない」と無茶なお願いをされた時に、そのお願いが無茶すぎる時ほど、断る理由が浮かばないということがあります。

極端な事を言えば「あなたの彼のことが好きだから、ゆずってよ」とお願いされても、それにきちんとした理由をつけて断るのは難しいでしょう。 これに近いような無茶なことをお願いされた時に、真面目に取り合うのではなく「大笑い」しましょう。 例えば「夜勤代わってくれない?」と頼まれたら、「あっはっは、いやだ、ははは」と大笑いして、その場を立ち去りましょう。

「ねえ、聞いてる?お願い!」と食い下がられても「いやだ、あはははは」と笑いながらその場を去りましょう。 面倒な相手を、角が立たずに、けむに巻くことができるでしょう。

まとめ

スルースキルを身につけると、生きるのが楽になります。 自分と面倒な人は、全く別の世界に生きていて、何か影響を受ける必要がないことを知れば、スルーしやすくなるでしょう。

また面倒な言動をする人には、何かしらの問題があります。 自分に問題があると思わないようにしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!