恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180316144807.html
過去の恋愛を後悔する理由

過去の恋愛を後悔する理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
過去の恋愛を後悔する理由

元彼が結婚すると複雑な気持ちになりがちですが、過去の恋愛を後悔するケースもありそれには理由があります。



  • 過去の恋愛以上の経験ができない
  • 元彼の結婚相手が自分より劣る時
  • 偏った目で交際していた
  • 元彼が輝いていた時
  • 出会える気がしない
  • まとめ

1. 過去の恋愛以上の経験ができない

過去の恋愛以上の経験ができない

元彼と別れて新たな出会いがあったとしても、過去の恋愛以上の経験ができないと、過ちを犯した気持ちになります。

過去の恋愛に後悔する理由は、自分への反省と別れを選んだことが正しいのか分からないという点です。

現状が過去を上回る充実した恋愛をしていると、過去は見えず現実と未来を見ますが、その逆の状態だと過去を振り返る時が増え過去の恋愛を後悔します。

このパターンは、元彼に対し本当に嫌いという理由で別れていない場合に感じる気持ちで、嫌で仕方がないという理由で別れた場合には感じない後悔の仕方です。

2. 元彼の結婚相手が自分より劣る時

元彼の結婚相手が自分より劣る時

元彼が自分より綺麗な女性と結婚した場合は、負けたや悔しいなど表面的な感情のみ湧いてきます。

自分よりかなり劣る女性と元彼が結婚した時は、自分に見る目がなかったのかという過去の恋愛に後悔します。

この後悔は元彼への未練ではなく、自分はそれ以下か同等の人間なのかという点で強いショックを受けます。

女性は自分より上と感じる人より、下と感じる人に対し敵意を持ちやすく、その理由は自分の評価が低いことに繋がるからです。

3. 偏った目で交際していた

偏った目で交際していた

元彼が結婚した時に過去の恋愛を後悔する時は、誤った考え方で恋愛をしていた場合も後悔する理由になります。

例えば、収入や見た目、職種など人間そのものを見るのではなく、条件的な偏った目で交際して別れた場合は、元彼が結婚すると過去の恋愛を後悔します。

ただ、元彼が結婚した時点で元彼女の考え方に成長が無いと、過去の恋愛を後悔することはありません。

大抵の人は、最初高い条件で恋愛相手を探していても、恋愛を重ねる間に人間性や尊敬できる部分を重視し始めます。

その為、元彼が結婚すると間違ったこだわりで、出会いを潰したのかもという後悔の気持ちが生まれます。

この後悔の念を解決する方法は簡単で、自分に良い出会いがあると過去への後悔は消えていきます。

4. 元彼が輝いていた時

元彼が輝いていた時

結婚する元彼が輝いていた時、自分にはできないことしてくれる女性に出会えたと感じ、自分の力量や恋愛のやり方に対し後悔します。

元彼が輝いていない場合は、過去の恋愛に後悔する可能性は低くなりますが、自分と交際している時には見られないほどの輝きがあると、自分への劣等感はかなり強くなります。

この際、過去の恋愛を後悔する理由は、自分では元彼の魅力を引き出せなかったという気持ちや、何で自分以外の人だと輝くのという不満から起こる現象です。

良い別れをしたカップルほど、新たな出会いで良い人が見つかることを祈りますが、悪い別れ方をすると相手が幸せになると嫌な気持ちになります。

その為、結婚する元彼が輝いていて過去の恋愛を後悔する人は、悪い別れ方をした可能性が高いと言えます。

5. 出会える気がしない

出会える気がしない

この先理想的な人と出会える気がしない場合、元彼が結婚すると過去の恋愛を後悔します。

この時の後悔は単純で、別れたことで晩婚になるかもや結婚できないかもなど、不安からくる後悔です。

過去は新たな出会いがあると思えても、歳を重ねていくと出会いの場が減っていくので、アラサー世代に多い後悔する理由です。

ただ、相手が見つかれば過去の恋愛を後悔することはなくなるので、重大な問題とは少し違います。

まとめ

元彼が結婚して過去の恋愛を後悔する理由は、別れ方や交際中の関係性によって変わります。

後悔が未練の場合や、怒りや憎しみの場合など人それぞれで、良い別れ方をしなかった場合に後悔しやすいという特徴があります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!