恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180316144524.html
元カノのLINEのタイムラインにいいねを押す元カレの心理

元カノのLINEのタイムラインにいいねを押す元カレの心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元カノのLINEのタイムラインにいいねを押す元カレの心理

誰もが簡単に写真や動画を投稿できるSNS。

最近ではフェイスブックやインスタグラムだけでなく、LINEでも投稿できます。 自分の投稿した記事にいいね!がつくと嬉しいですよね。

しかし、元カレからいいね!がつくとびっくりしますよね。 「別れたのにタイムラインを見てたんだ!」という気持ちになります。

今回は元カノのLINEのタイムラインにいいねを押す元カレの心理について見ていきましょう!



  • 元カノにまだ未練や関心がある
  • 元カノに執着し、行動を確認したい
  • 何も考えておらず、暇つぶし
  • 元カノのタイムラインに興味があったから
  • 懐かしい気持ちになったから
  • まとめ

1. 元カノにまだ未練や関心がある

元カノにまだ未練や関心がある

元カノのタイムラインに頻繁にいいね!がついていると元カノにまだ気持ちが残っている証拠だと言えます。

タイムラインを通して、元カノに会いたいという気持ちをいいね!を押すことで表しています。 いいね!だけでなく、コメントまで残している元カレは元カノとどうにか繋がりたいと感じています。

毎回いいね!をつけて、自分の存在をアピールしたい気持ちも含まれているかもしれません。 元カレに見られたくない人は公開範囲を制限したり、ブロックすることをおすすめします。

2. 元カノに執着し、行動を確認したい

元カノに執着し、行動を確認したい

元カノの言動をタイムラインを通して監視したいというあなたへの執着心の表れかもしれません。

頻繁に連絡がきたり、コメントがよく残されたりしているときは未練があると言えます。 あなたに新しい恋人ができていないか、今何をしているのかなどあなたについて知りたいという気持ちが募り、タイムラインを頻繁に確認し、いいね!をしているようです。

あまりに行動がエスカレートするとタイムラインだけでは収まらず、しつこく連絡が来る可能性があるので1で述べたように元カレをブロックするなど対策をとりましょう。

3. 何も考えておらず、暇つぶし

何も考えておらず、暇つぶし

時間潰しのためにSNSを見ることがありますよね。

暇つぶしや何も考えていない時に元カノのタイムラインが目につき、たまたまいいね!をしたというパターンもあります。 コメントなどは特に残さず、たまたま見たからいいね!をしただけであると言えます。

毎回、投稿を見ているわけではなく暇なときに元カノの投稿が目についた時だけいいね!をしている気分的なものだと考えられます。

4. 元カノのタイムラインに興味があったから

元カノのタイムラインに興味があったから

元カレと付き合っているときに共通の好きなものはありませんでしたか。

同じ趣味、バンド、本などそれがきっかけで付き合いだしたという人もいますよね。 タイムラインに趣味の投稿をして、元カレがいいね!をしたらあなたの投稿した趣味のタイムラインに興味があり、いいね!を押したと言えます。

同じ趣味のものだと目にとまりますよね。 また綺麗な景色や美味しそうな料理など元カノの投稿した写真に感動し、いいねをした可能性もあります。

たまにコメントを残したとしても未練などではないので深く考えなくても大丈夫そうです。

5. 懐かしい気持ちになったから

懐かしい気持ちになったから

昔の同級生のタイムラインを見ると懐かしい気持ちになりませんか。

元カレも同様でたまたま元カノのタイムラインが目にとまり、懐かしい気持ちになっていいね!をするパターンもあります。 また学生時代の仲間と会い、元カノの話になり、元カノが気になり、タイムラインを見ていいね!をした可能性もあります。

お互いに懐かしい気持ちになり、タイムラインをきっかけに再び連絡を取り合うなんてこともあるかもしれませんね。

まとめ

元カレが元カノのLINEのタイムラインにいいね!を押す心理には二つの心理があることがわかりました。

未練やあなたに関心があるということ、もう一つはたまたま目に止まったからということです。 前者の場合、タイムラインを見られたくないと考えているのであればブロックをしたり、公開範囲を制限するなど元カレの目に触れないように気をつけておきましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!