恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180312183655.html
告白に失敗した時、リベンジする注意点

告白に失敗した時、リベンジする注意点 | 恋のミカタ

恋のミカタ
告白に失敗した時、リベンジする注意点

好きな人に振られてしまった時、あなたはすぐに諦められますか? 告白失敗した時、リベンジする時の注意点をご紹介します。

  • 告白前の関係に戻る
  • 時間を置く
  • 行動で好きを示す
  • もっと好きな人を理解する
  • 自分を磨いてから出直す
  • どうして振られたのかをきちんと理解する
  • まとめ

1. 告白前の関係に戻る

告白前の関係に戻る

振られて落ち込んでいるからといって、変に距離を置くなど、関係性をあからさまに変えるのは良くありません。

振った本人も、多少なりとも告白された事で、あなたの存在を意識しています。 優しい人なら、あなたが傷ついていないかと気にしているでしょう。

またリベンジを望んでいるのなら、相手に余計な気を遣わせてはいけません。 まずは告白前の態度を貫いて関係性を保ちましょう。

2. 時間を置く

時間を置く

振られた直後はまだ、好きな人への気持ちが燻っている状態でしょう。

想いの伝え方がマズかったのか…など色々考えて、すぐに再アタックしたくなる気持ちも分からなくはありませんが。 あなたへの評価が変わらないうちは、下す答えは同じでしょう。

仮に、ダメ押しをして 「試しに付き合ってみて。きっと好きにさせるから。」という言葉に乗って付き合ってくれたとしても、すぐに飽きられて、別れがすぐに訪れる事は目に見えています。

これで別れてしまったら、もうリベンジのチャンスは巡ってきません。

3. 行動で好きを示す

行動で好きを示す

「好き」と口にするだけなら簡単で誰にでも出来ますが、「好きな気持ち」を分かってもらう事は、とても難しい事なのです。

あなたが発する「好き」の言葉にもっと信憑性を持たせる為にも、何かしらの行動で好きな気持ちを示す事が大切です。 好きな人が困っていたら、手を差し伸べたり、活躍出来るようにサポートをしたり、

"あなたの力になるよ"という事を口では語らず行動で示すと、次第に関係性が良い方向に変わってくるはずです。 そして、好きな人にとって"必要な人"のポジションに位置出来るように、心の距離を近付けていきましょう。

4. もっと好きな人を理解する

もっと好きな人を理解する

振られた原因は、好きな相手への理解が不足していたからかも知れません。

相手がインドア派かアウトドア派か。 ネガティブ思考かポジティブ思考か。

将来どんな自分になりたいのか。 自分の事を理解してくれようとする人には、黙っていても心を開きたくなるものです。

もっと相手を知る為にも、相手が話しやすい環境を作ってあげましょう。 相手が心を開き、相手の価値観を理解出来た時、お互いにお付き合いするビジョンが開けてくるのです。

5. 自分を磨いてから出直す

自分を磨いてから出直す

振られたしまった自分に自信はありますか?

きっと相手の目に映るあなたには、何かが足りなかったのでしょう。 相手に魅力的な自分をきちんとみてもらう為には、自分が自信を持って見れられる面を磨いていかなくては勝ち目がありません。

見た目を磨くのも良し、内面を磨くのも良し。 今より魅力的な自分になるまでは、好きな気持ちをそっと胸にしまい、糧にして自分磨きをして出直しましょう。

6. どうして振られたのかをきちんと理解する

どうして振られたのかをきちんと理解する

振られた理由をじっくりと考えてみましょう。

生理的に受け付けなかったのか、お付き合い出来ない何かしがらみがあったのか、他に好きな人がいるのか。 しっかりと振られた原因が把握出来れば、リベンジの道が開かれます。

ただし、不安要素や原因を完全に取り去らなくてはなりません。 その為の努力をして、問題点がクリアになったと思えたら、もう1度好きな人にアタックしてみましょう。

まとめ

1度告白を断わられたけど、お付き合い出来た人や、結婚まで至ったという人も確かにいます。

そうした人は、振られた事で何かに気が付けた人なのです。 振られた事を、気付きのチャンスとポジティブに捉え、次に告白する時には、自信を持って相手の前に立てるように、好きな人に愛される人になる努力をしましょう。

好きな人に振られてしまった時、あなたはすぐに諦められますか? 告白失敗した時、リベンジする時の注意点をご紹介します。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!