恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171015154801.html
元彼がイケメンで忘れられない!幸せになる方法10選

元彼がイケメンで忘れられない!幸せになる方法10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元彼がイケメンで忘れられない!幸せになる方法10選

元彼がイケメンすぎて、不幸になっている女性がいます。 イケメンだった元彼と別れたことを後悔している女性は、元彼のことを忘れて幸せになる考え方や、幸せになる方法を知りましょう。

  • 芸能人と比べる
  • イケメン以外に注目する
  • 社会マナーについて思い出してみましょう
  • 老けた元彼を想像する
  • 薄毛になった元彼を想像する
  • 元彼とのリアルな将来を想像する
  • イケメンだったから苦労した部分を思い出す
  • イケメンじゃない男性の素晴らしさを知る
  • 過去の彼氏を比べてみる
  • もっとイケメンをみつける
  • まとめ

1. 芸能人と比べる

芸能人と比べる

今が旬の人気の俳優やアイドルと比べた時に、元彼は本当にイケメンといえるでしょうか。 一般人レベルではイケメンといえますが、「顔で仕事ができるレベル」までは行っていないことが多いと思います。 例えば人気の男性アイドルグループに元彼が入ることができるだろうか?と考えると、イケメンが集結する映画に主役級で出演することが可能だろうか?と考えた時に「無理だろう」という答えが出るはずです。

客観的に元彼のルックスと、芸能人イケメン俳優やアイドルと比較するほど、「忘れられないほど好きだと大騒ぎするほどの顔」ではないと冷静になれるのではないでしょうか。

2. イケメン以外に注目する

イケメン以外に注目する

彼は確かに地元の友達の中では目立っているイケメンだったかもしれません。 しかし元彼の「イケメン以外の部分」はどうだったでしょうか。 取り立ててピックアップするような取り柄がなかったかもしれません。 例えば仕事はできるほうだったでしょうか。 忘れられないほどのイケメン元彼が、会社の同僚だった場合はその仕事ぶりを思い出してみましょう。

優秀で、誰もが尊敬するような仕事ができる人だったでしょうか。 もしかしたら、その場しのぎの仕事ばかりして、周囲のスタッフから陰口をたたかれているようなタイプだったかもしれません。 「天は二物を与えず」ということわざがありますが、イケメンはイケメンという才能を与えているため、他の部分ではイマイチなことが少なくありません。 イケメンだったことを置いてみると、それほどたいした男性ではなかったかもしれません。

3. 社会マナーについて思い出してみましょう

社会マナーについて思い出してみましょう

イケメンだから好きになった彼は、意外とイケメン以外の部分で評価が低いことが多いです。 例えば社会マナーが身に付いていないイケメンも少なくありません。 例えば仕事上でミスをしたら、関係者に謝罪して解決策を提示し、自ら率先してミスを挽回する行動を起こすのが社会人のマナーです。 しかしイケメンとして育ってきた男性は、ミスをしても笑顔で許してもらえると思っていたりします。

一部の女性社員は実際に笑顔で許してあげるかもしれませんが、大半の女性社員そして全ての男性社員は、イケメンのことを「ダメなやつ」と思っているでしょう。 社会マナーを身につける代わりに、イケメンで問題を解決しようとしていると将来性はありません。 近いうちに重要な仕事を外されてしまう、離職を余儀なくされる立場に追い込まれてしまうでしょう。

4. 老けた元彼を想像する

老けた元彼を想像する

若いうちはイケメンに価値があり、そのことは否定しません。 イケメンは周囲の女性を幸せにしますし、目の保養になるでしょう。 しかしイケメンもいつかは老けます。 40代後半になったイケメンは、ただのオッサンになっていることがほとんどです。

元彼もきっと近い将来オッサンになります。 オッサンになった元彼はすでにイケメンではありません。 「オッサンとの別れを忘れられない. 」と思うのは不思議なことです。 長い尺度で未来を見れば、イケメンの元彼と別れたことなどなんとも思わないでしょう。 むしろイケメン時代の彼と一瞬付き合ったことをラッキーだった、良い思いをしたとほくそ笑むべきです。

5. 薄毛になった元彼を想像する

薄毛になった元彼を想像する

元彼は今イケメンかもしれませんが、将来的には薄毛になるかもしれません。 中年以降の男性は、少なくとも半数近く薄毛になります。 薄毛になった元彼は、「イケメンだった薄毛の男性」になってしまいます。 性格が素晴らしい、自分に優しくしてくれた最高の元彼が薄毛になったとしても、関係なく愛せると思います。

しかしイケメンが理由で好きになった元彼が薄毛の男性になったら、愛することができなくなるかもしれません。 少なくともイケメンだった元彼の価値はかなり下がってしまうでしょう。 オッサンになる可能性、薄毛になる可能性は、かなり高い確率です。 そうなった元彼を見るのは辛いかもしれません。 今のうちに別れて正解でしょう。

6. 元彼とのリアルな将来を想像する

元彼とのリアルな将来を想像する

イケメンの元彼ともし付き合い続けたら. ということをリアルに想像してみましょう。 仮にイケメンのまま彼が中年以降を迎えたらどうなるでしょうか。 彼は浮気をするかもしれません。 もし彼が若い女性が好きだったら、ダンディになった彼はどんどん若い女性に手を出し、浮気を繰り返す可能性があります。 また仮にただのメタボ体型のオッサンになったり、薄毛になったりしたらどうでしょうか。

昔のモテるイメージだけで若い女性に声を掛ける、痛い大人になっているかもしれません。 またイケメンとして若い時代を過ごしてしまったため、社会マナーを身につけていない元彼は、職場で浮いてしまうでしょう。 出世もできず会社も辞めてしまう可能性があります。 そんな彼と生涯を一緒に過ごすことができるでしょうか。 いずれの未来もそれほど幸せとは言えない気がします。 元彼がイケメンだからこそ、早めに忘れてしまったほうが良さそうです。

7. イケメンだったから苦労した部分を思い出す

イケメンだったから苦労した部分を思い出す

付き合っている時に、彼が打イケメンだったから苦労した点はないでしょうか。 例えば彼に浮気をされたことがあったかもしれません。 彼がそこまでイケメンじゃなかったら、そう簡単に浮気ができなかったはずです。 彼がイケメンで、イケメンが好きな女性が多いため、彼は簡単に浮気ができたのかもしれません。 元彼のことが忘れられず、悲しい思いをしている女性は、元彼がイケメンだったからこそした苦労を忘れていませんか。

彼がふつうのルックスならしなくて済んだような苦労をしたことを思い出してみましょう。 イケメンの彼と付き合っていたことで、学校の女友達や、会社の女性スタッフから冷たくされた経験はないでしょうか。 イケメンの元彼と付き合っているだけで「面食いだね」とレッテルを貼られてこともあったでしょう。 イケメンと付き合う弊害というのは確実にあります。 元彼と別れたことで、そのような弊害から解放されることに喜びを感じましょう。

8. イケメンじゃない男性の素晴らしさを知る

イケメンじゃない男性の素晴らしさを知る

男性を顔で選んでいた人は、企業のイメージで就職先を選んでいるのと同じです。 表面上は素敵に見える企業でも、実はブラック企業ということは良くあります。 逆に地味に見えるけれど、就職してみると快適で楽しく働くことができる企業もあります。

イケメンではない、どちらかというとさえない彼と付き合うと、想像もしていなかったような幸せな体験ができるかもしれません。 男性を選ぶ基準を「イケメン以外」にすると、男性選びの幅が一気に広がるでしょう。 自分にぴったりの素敵な男性との出会いが待っているかもしれません。

9. 過去の彼氏を比べてみる

過去の彼氏を比べてみる

イケメンの元彼も含めて、過去に付き合った男性を思い出して比べてみましょう。 自分をいちばん幸せにしてくれた元彼は、もしかしたらイケメンの彼氏ではなかったかもしれません。

ルックスはイマイチだったけれど、男気があった元彼や、トークが楽しくていつも笑わせてくれた元彼のほうが恋しくなるかもしれません。 その場合イケメンと言う要素は最優先すべき要素ではないことが分かるでしょう。

10. もっとイケメンをみつける

もっとイケメンをみつける

イケメンにこだわり続けたい女性は、「元彼よりももっとイケメン」の彼氏を作りましょう。 そう思えば、ひとりのイケメンにこだわり続ける必要性を感じなくなるはずです。

まとめ

イケメンの元彼を忘れられない女性は、「イケメンもいつかは老ける」「イケメンだけど万能ではない」「さらなるイケメンがたくさんいる」ということを冷静に思うようにしましょう。 そうすれば元彼じゃなければだめだという理由はなくなり、前向きに次の恋愛に進むことができるはずです。

元彼がイケメンすぎて、不幸になっている女性がいます。 イケメンだった元彼と別れたことを後悔している女性は、元彼のことを忘れて幸せになる考え方や、幸せになる方法を知りましょう。


芸能人と比べる

今が旬の人気の俳優やアイドルと比べた時に、元彼は本当にイケメンといえるでしょうか。 一般人レベルではイケメンといえますが、「顔で仕事ができるレベル」までは行っていないことが多いと思います。 例えば人気の男性アイドルグループに元彼が入ることができるだろうか?と考えると、イケメンが集結する映画に主役級で出演することが可能だろうか?と考えた時に「無理だろう」という答えが出るはずです。

客観的に元彼のルックスと、芸能人イケメン俳優やアイドルと比較するほど、「忘れられないほど好きだと大騒ぎするほどの顔」ではないと冷静になれるのではないでしょうか。

イケメン以外に注目する

彼は確かに地元の友達の中では目立っているイケメンだったかもしれません。 しかし元彼の「イケメン以外の部分」はどうだったでしょうか。 取り立ててピックアップするような取り柄がなかったかもしれません。 例えば仕事はできるほうだったでしょうか。 忘れられないほどのイケメン元彼が、会社の同僚だった場合はその仕事ぶりを思い出してみましょう。

優秀で、誰もが尊敬するような仕事ができる人だったでしょうか。 もしかしたら、その場しのぎの仕事ばかりして、周囲のスタッフから陰口をたたかれているようなタイプだったかもしれません。 「天は二物を与えず」ということわざがありますが、イケメンはイケメンという才能を与えているため、他の部分ではイマイチなことが少なくありません。 イケメンだったことを置いてみると、それほどたいした男性ではなかったかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!