恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171003174648.html
美男美女カップルが少ない理由13選

美男美女カップルが少ない理由13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
美男美女カップルが少ない理由13選

SNSにアップされる写真を見ても、美男美女のカップルが少ないのはなぜか、その理由について様々な視点から検証します。

  • 美男や美女自体が少ない
  • 嫌味に思われることを避ける
  • 自分に無いものを求める
  • 子供の顔を良くしたい
  • 無鉄砲なチャレンジャーが多い
  • 理想と現実のギャップ
  • 性格の悪さや嫉妬からケチをつけたくなる心理
  • 映画やドラマの影響
  • 男女の欲するものが違う
  • 性格や人柄重視
  • 美男や美女で過去に痛い目にあっている
  • 世間体を気にする
  • 与えられた環境がそうさせる
  • まとめ

1. 美男や美女自体が少ない

美男や美女自体が少ない

世界一美しいルックスを持つと称されることもあるロシアでは、必然的に美男美女カップルが増えることになりますが、日本人はそれほど美人と称される人の確率は多くないので、男女どちらとも美しいというカップルの割合も低くなります。 しかし、時代や国籍によっても、美の価値観は異なりますので、アフリカでは太っている女性の方が人気が高いように、 日本では美しくないとされているだけとも言えます。

2. 嫌味に思われることを避ける

嫌味に思われることを避ける

確率的に美人として生まれることの少ない環境では、美人は嫉妬の対象になることもありますので、男女どちらとも美しいことで、そうでない人たちから嫌味を言われたり、からかわれる被害に遭うことがあります。 そうした経験を子供の頃から受けている真の美人たちは、わざと馬鹿なことを言ってみたり、熊の様な印象のイケメンとは言い難い男性を選ぶことで、そうした被害から避けることを心がけています。

3. 自分に無いものを求める

自分に無いものを求める

人間はないものねだりをしやすい生き物で、自分が色白の美女として生まれると、色黒で無骨な男性に惹かれたり、すらっとした細身の体を持つ男性は、肉付きの良いぽっちゃりと言われるような女性に惹かれることがあります。 そのような傾向により、二人とも似た要素を持つカップルにはなりにくい結果を生んでいます。

4. 子供の顔を良くしたい

子供の顔を良くしたい

自分の鼻が低い女性は、鼻の高い男性と結婚することで、相手の遺伝子を自分の子供に与えようとすることがあります。 顔は遺伝の影響を受けやすい部分であり、昨今のハーフタレント流行りの影響で、ハーフの子供が欲しいと思うようになり、外国人男性と結婚する女性も出てきています。 と言っても、イケメンを嫌う女性は少ないですので、女性にとってそれほど難しい選択ではありません。

5. 無鉄砲なチャレンジャーが多い

無鉄砲なチャレンジャーが多い

自分が思い描く自分の姿と、周囲の人たちが評価する自分の姿は一致するとは限りませんが、自分に自信がなくてなかなか告白できない人がいる一方で、自分のことが大好きすぎて盲目的に自己評価を上げることができる人は、無鉄砲のチャレンジャーとして成功を思い描くことができ、結果的にそんなまっすぐな姿勢が相手の心を射抜くことがあります。

6. 理想と現実のギャップ

理想と現実のギャップ

理想の恋人として好きな芸能人を問われれば、俳優やモデル、タレント、アイドルといったようなルックスの良い人を挙げることがほとんどですが、実際に付き合っている相手は、それとは似ても似つかない事が多々あるのは、そこに理想と現実の壁があるからです。 妥協していると言ってしまえば聞こえが悪いですが、恋人を作るためには、自分が付き合える範囲の中で最も理想に近い相手を選ぶことしかできませんので、理想と現実にはギャップが生じます。

7. 性格の悪さや嫉妬からケチをつけたくなる心理

性格の悪さや嫉妬からケチをつけたくなる心理

ルックスしては明らかに美男美女のカップルでも、性格が悪かったりするとそのことにケチをつけたくなる心情が芽生え、周囲から美男美女カップルとは認められないこともあります。 生まれ持って与えられた顔のおかげで幸せそうな二人を見て、不遇な顔で生まれた自分との境遇の差を妬み、美男美女ではないとされるカップルもいます。

8. 映画やドラマの影響

映画やドラマの影響

多くの人に勇気を与えることがテーマになっている映画ドラマが多いせいか、あまり冴えない男性が高嶺の花の美女と恋に落ちるストーリーは、古くから存在します。 そのようなフィクションの世界に憧れを抱き、魅力的に感じた人は、男女でどちらともそのような理想を抱き、カップルになろうとするので、釣り合いで取れない、美男美女ではないカップルが誕生します。

9. 男女の欲するものが違う

男女の欲するものが違う

理想の恋人像として、男女で求めるものの比重が異なるならば、どちらとも顔を最優先しないことは当然考えられます。 男性は比較的女性の外見にこだわる傾向がありますが、女性の方は経済力や社会的なステイタスなど、自分の生活を向上させてくれたり、自分の夢の実現をサポートしてくれる相手に惹かれる傾向があるので、顔や体型など二の次で、付き合えることが多々あります。

10. 性格や人柄重視

性格や人柄重視

カップルの馴れ初めの多くが、お互いの一目惚れではなく、片一方は初めは何とも思っていなかったというケースも多々あります。 そのような状態から、片方の熱烈なアプローチによって恋人関係になったカップルが多いことから考えれば、性格や人間性で相手を選んでいるカップルは意外と多いことがわかります。

11. 美男や美女で過去に痛い目にあっている

美男や美女で過去に痛い目にあっている

過去の恋愛の経験は、未来の恋愛にも少なからず影響を与えるものです。 顔のタイプや血液型など、毎回同じような条件で痛い目に遭っている人は、そうした蓄積された先入観がトラウマとなり、全く違うタイプに可能性を見出すようになるので、過去にルックスの良い人とばかり付き合ってきた人が、見映えのしない人と結ばれることがあります。

12. 世間体を気にする

世間体を気にする

世間体を気にする人は、パーティーの席や賑わう街中を歩く際に、見栄えの良い相手を選ぼうとします。 美女を連れ回すことが成功者の証のように考える男性はいて、アクセサリーのように連れ回すためだけに付き合う人がいます。 女性の方もそのことは承知しており、そうした出会いの中で良い人脈を紹介してもらおうなどと強かに考えているので、WinWinの関係と言えます。

13. 与えられた環境がそうさせる

与えられた環境がそうさせる

学生時代なら同じクラスでカップルになることが多いように、頻繁に会う機会があることは、恋愛に発展しやすい環境を作ります。 そのため、特殊なコミュニティの中でしか成立しえないようなカップルが誕生することがあり、趣味の同行の集まりなどでは、その界隈ではリスペクトされている脂ぎった40代の男性が、そのジャンルに興味を持ったばっかりの20代の女性と付き合うこともあり、与えられた環境の中でしか恋愛は成立しないことを彷彿とさせます。

まとめ

美男美女のカップルが少ない理由について挙げてみましたが、世の中には釣り合いの取れないカップルもたくさんいますので、好きな異性には全身全霊でアプローチし、身に余るほどの恋人をゲットしちゃいましょう。

SNSにアップされる写真を見ても、美男美女のカップルが少ないのはなぜか、その理由について様々な視点から検証します。


美男や美女自体が少ない

世界一美しいルックスを持つと称されることもあるロシアでは、必然的に美男美女カップルが増えることになりますが、日本人はそれほど美人と称される人の確率は多くないので、男女どちらとも美しいというカップルの割合も低くなります。 しかし、時代や国籍によっても、美の価値観は異なりますので、アフリカでは太っている女性の方が人気が高いように、 日本では美しくないとされているだけとも言えます。

嫌味に思われることを避ける

確率的に美人として生まれることの少ない環境では、美人は嫉妬の対象になることもありますので、男女どちらとも美しいことで、そうでない人たちから嫌味を言われたり、からかわれる被害に遭うことがあります。 そうした経験を子供の頃から受けている真の美人たちは、わざと馬鹿なことを言ってみたり、熊の様な印象のイケメンとは言い難い男性を選ぶことで、そうした被害から避けることを心がけています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!