恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170818160936.html
縁を切ったほうがいい元彼に共通する10の特徴

縁を切ったほうがいい元彼に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
縁を切ったほうがいい元彼に共通する10の特徴

浪費癖がひどかった、浮気性で何股もかけていた、など付き合っていた人が、ダメ男だっということもあります。 そんな縁を切った方がいい元彼の特徴についてまとめてみました。



  • 浮気性で、何股もかけていた
  • 虚言癖がひどく信用に欠ける
  • 彼女に依存的でLINEやメールがしつこい
  • 交友関係がキケン
  • ニートでヒモ男だった
  • 浪費癖がひどく借金をしていた
  • アルコールやギャンブルなどの依存症だった
  • 異常なまで潔癖症だった
  • 暴力や暴言がひどかった
  • 元彼の家族全体に問題が多かった

1. 浮気性で、何股もかけていた

浮気性で、何股もかけていた

浮気性の元彼とは縁を切った方が良いです。 何股もかけていた、いろいろな女性にフラフラとついていったなど彼女がショックを受けることを、平気でします。

そして浮気性はなかなか治るものではありません。 もし、復縁したとしても、同じように傷付くだけでしょう。 遊び目的で、再び連絡してくることもあるので、利用されない内に縁を切りましょう。

2. 虚言癖がひどく信用に欠ける

虚言癖がひどく信用に欠ける

いつも嘘をついたりごまかしたりしている人にも要注意です。 時に浮気や借金を隠し、時に自分の評価を誇大化する、など様々な面で彼女を振り回します。 虚言癖がすぎると多くの人からの信用を失います。

中には、根拠のない妄想を騙る人もいます。 元彼の嘘に付き合って、問題に巻き込まれないように気をつけましょう。

3. 彼女に依存的でLINEやメールがしつこい

彼女に依存的でLINEやメールがしつこい

彼女に依存的な男性とも関わり続けるのはよくないです。 どこにいっても一緒にいたがる。 彼女の場所や行動を把握していないと気が済まない。 LINEやメールがしつこい。 最終的な決定権は彼女に任せきり。 など、依存的な性格の男性は問題行動が多いです。

それによって精神的に疲れてしまうことも多いでしょう。 別れたのに連絡がしつこいストーカー的な男性もいます。 依存関係は二人を不幸するだけです。 縁を切った方が良いでしょう。

4. 交友関係がキケン

交友関係がキケン

ガラの悪い友達が多い。 暴力やドラッグなどに関わるキナ臭いうわさや友人がいる。 など、そうした後ろ暗い交友関係のある男性と関係をもつのもオススメできません。

場合によっては、事件に巻き込まれることがあるので、深く関わる前に縁を切りましょう。 彼の友人を知ることで、彼自身を知ることに繋がります。 恋人や結婚相手を選ぶ際に大切なポイントです。

5. ニートでヒモ男だった

ニートでヒモ男だった

二-トで彼女のヒモ男だった人とは縁を切った方が良いです。 ニートからの脱却は難しいです。 彼女に収入があるのなら、なおさら集りつづけたいと思うでしょう。

なかなか別れようとしなかった、別れた後も復縁をせまってきたという場合は、いつまでもヒモでいようと考えていることが多いのです。 よいカモになってしまわないように、縁を切りましょう。

6. 浪費癖がひどく借金をしていた

浪費癖がひどく借金をしていた

収入はあっても、浪費癖がひどい人とも縁を切った方がいいです。 稼いだ分だけ使ってしまう、貯金はしない、借金がある、彼女にお金を要求してきた、などお金にまつわることで問題がある人とは、深い関わりは避けるべきです。

もし、復縁しても、借金の肩代わりをさせられたり、返済生活に追われたりと問題に巻き込まれることも多いのです。

7. アルコールやギャンブルなどの依存症だった

アルコールやギャンブルなどの依存症だった

アルコールやギャンブルなどの依存症の彼とも縁を切るべきです。 依存症は病です。 適切な治療を受けない限り、依存の対象に縛られた生活を続けることになるでしょう。 酷い場合は幻覚が見えたり、暴力や暴言をしたり、体そのものを壊したりと、心身共に傷付いてしまいます。 それは、関わっている彼女も同じことです。

「彼には私がいないとダメだ。見放してはいけない」というような考えの下、傍にいる人もいますが、知らぬ間にボロボロになっていることも多いです。 お互いの人生のためにも、離れなければなりません。

8. 異常なまで潔癖症だった

異常なまで潔癖症だった

潔癖症がすぎる人とも付き合いは避けるべきです。 毎日何回も体を洗ってしまう。 部屋に埃1つあるのが許せない。 彼女にもそうした潔癖を強制してしまう。 などの問題が起こるでしょう。

そうした関係に嫌になって別れた場合は、もう関わる必要はないです。 また、付き合ったとしても、ストレスになるだけでしょう。

9. 暴力や暴言がひどかった

暴力や暴言がひどかった

彼女に対する暴力や暴言が酷かった男性とも関わるべきではないです。 DVは婚姻関係にある夫婦の問題ではありません。 付き合っている男女でも起こり得ることなのです。

支配的で嫉妬が激しく、彼女が自分のものでなければ気が済みません。 言うことを聞かなければ、すぐに手をあげる人もいるでしょう。 また、常に監視的で、彼女の行動をストーカー的に観察し、管理しようとする人もいます。 こうした関係に幸せはないでしょう。

身の危険を感じた場合はすぐに、警察や役所に連絡をしましょう。 NPOなどのDVなどに対するシェルターもあります。 引っ越しを余儀なくされることもあるので、このような男性とは関わらないのが一番です。

10. 元彼の家族全体に問題が多かった

元彼だけではなく、家族全体が、モンスターでモラハラな人もいます。 マナーやルールを守らなかったり、自分達が快適に過ごすためなら、他者をないがしろにし、無理な要求をしてきたりします。 学校や公的機関に乗りこむ人もいるでしょう。 このような家族に巻き込まれると最悪です。

中には過保護な親もいて、元彼と別れたのを原因に、家に乗り込んでくるような非常識な人もいます。 法的に訴えてきたり、嫌がらせをしてきたりと、やりたい放題です。 なかなかそこまで極端な人たちは少ないですが、彼と付き合う時は、家族についてリサーチすることも大切なのです。

別れる時は穏便に、でもきっぱりと縁を切りましょう。 縁を切るべき元彼には様々な問題があります。 寂しさ故に、そうした行動をしてしまう人も多いですが、何が理由であれ、身勝手なことには変わりありません。 早めに対処して、すっきり別れましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!