恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170817094418.html
元彼を信じて待つのはお勧めできない理由10選

元彼を信じて待つのはお勧めできない理由10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元彼を信じて待つのはお勧めできない理由10選

遠距離で別れたりなど、何か理由があって別れた後、必ずまたつき合える時がくると信じて待つ健気な女性がいます。 ですが別れたのに復縁を信じて待つのはあまりお勧めはできません。 その理由を紹介します。

  • 人の気持ちは変わる時もある
  • 安易に待たせる人というのは自分勝手
  • お互いに好きな人ができるかもしれない
  • 視野が狭くなる
  • 束縛しあうのは苦しくなる
  • 期限を決めない約束はずるい
  • 時間は有限、一人の人に縛られることになる
  • 別れている時点で信頼度は下がる
  • 男女は離れたら終わりだから
  • 信じて裏切られた時立ち直れない

1. 人の気持ちは変わる時もある

人の気持ちは変わる時もある

別れたけど、きっと戻って来てくれる、待ってくれと言われたから信じて待つ。 そういう女性に言いたいのは、世の中はそんなに綺麗ごとばかりではないということです。 まず、人の気持は毎日少しずつ変化していくものです。 自分自身が変わるように、相手だって変わるのです。 人が変わるのは3カ月もあれば十分でしょう。

ましてや半年、一年などで別人のように変わることだってできるのです。 ただ信じて待つというのは得策ではありません。 他にいい出会いがあればそちらを受け入れてもいいぐらいの柔軟性があってもいいのではないでしょうか。

2. 安易に待たせる人というのは自分勝手

安易に待たせる人というのは自分勝手

元彼は、信じて待つ、そんな価値のある男性でしょうか。 本当に愛し合っていたらそう簡単に別れようとするでしょうか。 手放したくなかったら、それこそ口先で騙してでも繋ぎ止めようとするのが男性ではないでしょうか。 別れているという時点で関係は一旦終了しています。 特に気を使う必要ももうないといえます。

また待たせる方は安易に考えますが、待つ方の時間は気が遠くなるほど長く感じます。 相手に負担をかけるばかりの男性は自分勝手です。 今一度、元彼はどういう人であったかをよく考え直してみてください。 本当に信じることができる相手ですか?

3. お互いに好きな人ができるかもしれない

お互いに好きな人ができるかもしれない

元彼を信じて待つのは基本的にお勧めはできません。 若ければ若いほどそれは当てはまります。 なぜならば、若いうちは出会いも多く、色々な人から影響を受けやすい時です。

もうつきあってもいない、別れた相手にずっと縛られるのはもったいないですし、魅力がある人であれば周りがほっておかないでしょう。 定期的に恋のチャンスは訪れるでしょうし、心惹かれる人が出てくる可能性も高いのです。 それは自分だけでなく、元彼にも言えることです。

4. 視野が狭くなる

視野が狭くなる

元彼と別れた後も信じて待っている、一途で真面目で健気な女性だと思います。 ですが、ある意味新しい出会いを拒んでいることにもなりますし、ただ一人を信じて他を受け入れないというのは視野が狭くなってしまいます。 そう簡単に他の男性と交際はしなくてもいいのです。 ただ元彼だけと思い詰めるのは良くありません。

5. 束縛しあうのは苦しくなる

束縛しあうのは苦しくなる

別れたけどまたいつかつき合おう、そういう約束をして離れるカップルもいますね。 進学、就職などで一時的に距離が離れてしまう、会えなくなるという場合です。 離れてお互い別の生活が始まれば新しい世界が広がるものです。 元彼を信じて待っていても、元彼は新しい出会いや生活が楽しくて彼女もできるかもしれません。 離れてしまえば、お互いを束縛しあうのは苦しくなってきます。

6. 期限を決めない約束はずるい

期限を決めない約束はずるい

事情があって別れたけれど、待っていて欲しいいつか必ず迎えにくるなど言われる場合もあります。 そういう約束を一途に信じる女性は心がキレイだとは思いますが、信じすぎるのは馬鹿を見てしまうこともあると知っておいた方がいいでしょう。

約束事というのは期限を決めるものです。 「いつか」なんて曖昧な言葉はあてにはできませんし、ずるいです。 信じて待つのであれば「〇年後」としっかり期限を決めて、待てる限度を自分も決めるべきです。

7. 時間は有限、一人の人に縛られることになる

時間は有限、一人の人に縛られることになる

元彼を信じて待つのは個人の自由です。 とはいえ、時間というのは限りあるものですよね。 自分が信じて元彼だけを待つ状態が長く続けば続くほど縛られることになります。

他の友達が恋愛したり、結婚したり楽しそうにしているのに自分だけはいつ戻るかわからない元彼を信じて待っているだけ・・・それで青春を使ってしまうのはあまりにも寂しすぎます。 自分の楽しみに時間は使うべきではないでしょうか。

8. 別れている時点で信頼度は下がる

別れている時点で信頼度は下がる

元彼を信じて待つという女性にお伝えしたいこと、それは別れた時点で元彼へ対する信頼度というのはなくなりませんか?ということです。 自分とのつきあいをやめている相手のことをどうやって信じることができるのかということです。

冷静になれば、元彼、元カノとは人間関係において一番信頼できない存在ではないでしょうか。 様々な事情があるので全ての人に当てはまるわけではありませんが、元彼を安易に信じるのはおすすめできません。

9. 男女は離れたら終わりだから

男女は離れたら終わりだから

基本的に愛し合っている男女は別れません。 性格的に問題があっても、男女の愛情があれば目をつぶってしまいますし、ケンカしていても何だかんだで仲直りも早かったりします。

男女は離れてしまえばそれで終わり、そういう考え方もあります。 愛していたら離れようとは思わないからです。

10. 信じて裏切られた時立ち直れない

元彼はそんな軽薄な人ではない、別れたのには事情がある。 彼のことを信じて待つ、そういう決意をしている女性にも伝えたいのは、そこまで信じれば信じるほど自分の思った通りに結果にならなかった時のショックは大きいということです。

信じていても、愛していても、男女の間には裏切りや別れはつきまといます。 過剰に相手を信じすぎるのは重荷にもなりますし、裏切られた時に立ち直れなくなりますし人間不信にもなります。 期待はしない、さらさらと流れる川のような心でいる方が自分も楽ではないでしょうか。

遠距離で別れたりなど、何か理由があって別れた後、必ずまたつき合える時がくると信じて待つ健気な女性がいます。 ですが別れたのに復縁を信じて待つのはあまりお勧めはできません。 その理由を紹介します。


人の気持ちは変わる時もある

別れたけど、きっと戻って来てくれる、待ってくれと言われたから信じて待つ。 そういう女性に言いたいのは、世の中はそんなに綺麗ごとばかりではないということです。 まず、人の気持は毎日少しずつ変化していくものです。 自分自身が変わるように、相手だって変わるのです。 人が変わるのは3カ月もあれば十分でしょう。

ましてや半年、一年などで別人のように変わることだってできるのです。 ただ信じて待つというのは得策ではありません。 他にいい出会いがあればそちらを受け入れてもいいぐらいの柔軟性があってもいいのではないでしょうか。

安易に待たせる人というのは自分勝手

元彼は、信じて待つ、そんな価値のある男性でしょうか。 本当に愛し合っていたらそう簡単に別れようとするでしょうか。 手放したくなかったら、それこそ口先で騙してでも繋ぎ止めようとするのが男性ではないでしょうか。 別れているという時点で関係は一旦終了しています。 特に気を使う必要ももうないといえます。

また待たせる方は安易に考えますが、待つ方の時間は気が遠くなるほど長く感じます。 相手に負担をかけるばかりの男性は自分勝手です。 今一度、元彼はどういう人であったかをよく考え直してみてください。 本当に信じることができる相手ですか?

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!