恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170812150646.html
元彼は運命の人じゃないことが多い理由10選

元彼は運命の人じゃないことが多い理由10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
元彼は運命の人じゃないことが多い理由10選

元彼のことをいつまでも忘れられず別れたことを後悔する女性、必見です。 元彼は運命の人ではない場合が多いのです。 その理由を説明していきますね。



  • 思い出が美化されている
  • 運命の人ならば簡単に離れられない
  • 今が辛いので現実逃避している
  • つきあっていたら修羅場になっていたかも
  • 選ばなかった方の可能性を捨てきれないだけ
  • 別れたということはそれが運命
  • もしも運命ならば復縁する
  • 運命の人ならば見た瞬間に感じるものがある
  • 運命ならば相手も同じことを思っている
  • 運命の人と出会わないままの人もいる

1. 思い出が美化されている

男女(仲良20・屋外・座)

元彼のことをいつまでも忘れられず、新しい恋愛に踏み切れない、そんな女性もいます。 女友達から見れば元彼ってそんないい男でもなかったし不誠実だった、別れて当然って思うようなタイプでも当人にしてみればいい男で運命的な出会いだった、あんな人はもういないと真剣に思っているパターンですね。

よくあることですが、これは思い出が美化されているのです。 頭の中で彼氏のことが都合よく理想の男性としてできあがっていて、本来の彼氏とはかけ離れた姿でいまだ存在しているのです。 男性にもこの傾向はあって、別れた後に思い出が美化されていつまでも未練を断ち切れないことがあります。

2. 運命の人ならば簡単に離れられない

手アップ(ハートマーク4・セピア)

元彼は運命の人じゃないと思っていい理由に、本当に運命ならばそう簡単に離れられないからというのがあります。 例えは良くないかもしれませんが、泥沼の不倫、略奪なんてケースでも当人同士にとってはお互いが運命の相手ということもありえるのです。

そういう場合は、どんなに人から批判されようとも別れませんし、成就してしまうものです。 そう考えれば、独身同士のつきあいで、別れてしまうというのであればやはり運命ではなかったと考える方が自然です。 相手が他の異性に目移りしてしまうのも同じで、運命ならばそういったことはないからです。 またもしも運命の相手ならば、何らかの理由で別れても必ず近いうちに復縁するのも特徴。

3. 今が辛いので現実逃避している

女性(綺・暗16・アップ)

元彼と別れたことを後悔したり、今つきあっている彼氏と比較して元彼の方が運命だったのかななんて思っている場合、それは往々にして今が辛いので過去に現実逃避している場合が多いのです。 もしも元彼が運命の人であったら自分自身から離れることは選ばなかったはずなのです。

4. つきあっていたら修羅場になっていたかも

男女(不仲3・男性拳)

元彼が運命の人だったかもと思うのは、それは今、元彼だからなのです。 今現在つきあっていないからこそ、そう思えるわけでもしもつきあっていたら、ケンカばかり、修羅場だったかもしれないです。 どうしても元彼、元カノといった存在は特別視してしまう傾向はあります。

5. 選ばなかった方の可能性を捨てきれないだけ

男女(シルエット・手繋ぎ・夕日)

人はいつも選択をしています。 別れる、別れないもそうですし、彼と別れて違う人とつきあうというのもそうです。 どちらかしか選べないので、当然選ばなかった方に未練は残りますし、あちらを選んでいたらどうなっていただろうと思うのです。

元彼のことも運命の人だったのか、そうでなかったのか、もしかしてあのままつきあっていたら今頃結婚していたかも、そういう思いにとらわれるのもわかります。 ですが、つきあっていても、結婚した確率と別れる確率ははっきりいって五分五分ですし、運命の人だった確率もそういう意味では50%です。 ちなみに100%運命の人であったら別れていないわけです。

6. 別れたということはそれが運命

女性(暗・座・隣空席)

元彼が運命の人ではないといえます。 それよりも、はっきりしているのは、元彼とは別れるという運命だったということです。 でもすべてが無駄ということはないのです。 何かしらつきあいの中で自分が学ぶことがあったのは間違いないですし、成長したのです。

7. もしも運命ならば復縁する

手アップ(男性花束・隠し持ち)

元彼は運命の人じゃないことが多い理由に、もしも運命の人ならばです。 たとえ別れたとしても、いずれ復縁します。 今復縁の気配がないのであれば、運命ではないということ。

でも数年後、再会して復縁ということになる可能性もゼロではないのです。 自然に任せていたらいずれわかることと思って気楽に構えましょう。

8. 運命の人ならば見た瞬間に感じるものがある

女性(祈り3・顔隠れ・正面)

運命の相手に出会ったという人は大体、最初に会った瞬間にピンときたとか、特別な感情があったと言います。 見た瞬間に感じるものが相手にありましたでしょうか? ただカッコいい、魅力的、つきあいたいという思いとは違う特別な何かです。 それがなかったのであれば、運命の人というわけではないのです。

9. 運命ならば相手も同じことを思っている

男性(アップ・カメラ目線)

元彼がもしも運命の人ならば、あなたも運命の人だと常に感じるように、相手もやはり運命の彼女だと強く思っているのです。 お互いが運命だと思える相手が運命の人なのです。

また運命の人であれば別れようとは思わないものですから、引きずる必要はなく新しい恋愛を求めた方が運命の相手と出会える可能性は高いのです。

10. 運命の人と出会わないままの人もいる

風景(海)

元彼は運命の人じゃないことが多い理由、実は運命の人ってそうそう現れるものではないのです。 漫画やドラマと現実は違います。 人生そうそう都合よく同じクラスや職場に運命の人がいて両想いになって幸せ・・・ということばかりは起こりません。 周りを見てずっと独身だったり、あまり幸せそうでない結婚生活、配偶者の悪口ばかり言っている人、そんな人も結構多いでしょう?

でも前向きな生活、自分を高める努力をしている人はいい出会いを引き寄せる確率が高いですね。 元彼とうまくいかなかった、別れを選択した、その時点で運命の人ではなかったのです。 もっといい人と運命の人で出会える未来を信じて毎日楽しく過ごしましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!