恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20190608085116.html
プライドが高い人が借金しやすい理由

プライドが高い人が借金しやすい理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
プライドが高い人が借金しやすい理由

プライドが高い人が借金しやすい理由を10選まとめました。



  • 付き合いを断れない
  • 低収入の仕事を選びがち
  • 周りに合わせてしまう
  • 住まいの水準が高い
  • 危機感を抱きにくい
  • お金がないと言えない
  • 支払いを遅らせることが出来ない
  • 家族に対してもプライドを見せてしまう
  • 分不相応の持ち物を持つ
  • 誰にも相談できない

1. 付き合いを断れない

付き合いを断れない

プライドが高い人が借金しやすい理由として、誘いを断ることが出来ないといった理由が挙げられます。

知り合いが多いことがステータスと考えられている方が多く、財布が厳しくても誘いには乗らないと嫌われてしまう、と考えて豪遊してしまう傾向にあり、結果借金に繋がると言えます。

2. 低収入の仕事を選びがち

低収入の仕事を選びがち

プライドが高い人は自身の能力を過度に評価してしまう傾向にあったり、聞こえの良い仕事を選んでしまいがちです。

カフェやアパレルなどは給与が安い傾向にありますが、職業を聞かれたときの聞こえはいいと思います。

プライドを守るために仕事を選ぶ傾向にあるため、収入が少なく、借金に陥りやすいと言えます。

3. 周りに合わせてしまう

周りに合わせてしまう

プライドが高い人は周りの生活水準に合わせてしまいがちです。

車の免許の必要性がないのに免許をとったり、車を購入することで出費が増えてしまいがちです。

周りが免許を取ったから持っていないと格好悪い、一人暮らしをしないと甘えていると思われるなどといった考えが浮かびやすく、収入に見合わない生活を送りがちになり、支払いが出来ずに借金に手を出す傾向にあるのです。

4. 住まいの水準が高い

住まいの水準が高い

プライドが高い人は自身の印象を良くしたいと思われがちです。

そのため、良いマンションに引っ越したり、給与に見合わない住まいに住んでいる傾向にあります。

良いマンションに住まないといけないといった先入観が強く、給料内であれば支払うことが出来ると思われる傾向にあります。

住まいの水準が高いと、光熱費などもかかり支払いが困難となる傾向にありますが、それでも生活水準を下げたくないといった方が多い傾向にあります。

5. 危機感を抱きにくい

危機感を抱きにくい

プライドが高い人は、自分ならどうにか出来ると過信してしまう傾向にあります。

そのため、支払いが遅れても、来月はどうにか出来ると危機感を抱きにくい方が多いのです。

自分の力ならどうにか支払いをすることが出来るから大丈夫だろうと思い込み、借金に至るケースが多いと言えます。

6. お金がないと言えない

お金がないと言えない

お金がないということは恥ずかしいことだと思い、プライドが邪魔をして誰にもお金がないと言えない方が多い傾向にあります。

そのため、呑みや食事などに誘われたら、お金がないから断ったと思われたくないため誘いに乗ってしまう傾向にあるのです。

お金がないことを誰にも知られていないということは、裏を返したらお金に余裕があるとさえ思われてしまい、なかには奢ってもらうために誘う後輩なども出てくるはずです。

その悪循環で借金をしてまで付き合いを続けなくてはならないといった方も少なくはありません。

7. 支払いを遅らせることが出来ない

支払いを遅らせることが出来ない

プライドが高い人は知人だけではなくローンなどにおいての支払いも遅らせてしまうと恥ずかしいと思い込み、借金をしてまで様々な支払いをしてしまう傾向にあります。

支払いが遅れる旨を連絡すると、一ヶ月などは猶予が出来るローンなどもありますが、借金をしてお金を作ってでも支払いをしなくてはならないと思われている方も多く、利息などによって借金が膨らむ可能性が高いと言えます。

8. 家族に対してもプライドを見せてしまう

家族に対してもプライドを見せてしまう

結婚などをしている方でプライドが要因で借金に陥ってしまう方も少なくはありません。

収入が少なくなったことを家族に打ち明けることが出来ずに、これまでと同じような生活を守ろうとされます。

収入が下がったことはプライドが傷つくとして、家族にも言えない方も多く、これまでの生活を守るために借金に手を出す方が多いと言えます。

9. 分不相応の持ち物を持つ

分不相応の持ち物を持つ

プライドが高い人に多いのがブランドが好きな方です。

ブランド物は成功者の証と信じている方も多く、ブランドものを持っていないと恥ずかしいと思い込んでいる方も多いと言えます。

プライドが高い方は自身を過剰評価している方が多く、年齢に見合ったブランド品を身に付けなくてはならないと借金をしてでも購入される方が少なくはありません。

また、洋服やバッグなどだけではなく、車にもこだわりを持つ方が多いのもプライドが高い人によくある傾向です。

収入に見合った持ち物ではなく、同級生に久しぶりに会うため高い持ち物で成功者をアピールしなくてはならないと思われたり、自分の給与や好みではなく、人にどう思われるかで買い物をされる傾向にあり、その結果、給料に合わない持ち物ばかりが増えていき、お財布の中身だけは減っていくといった傾向にあります。

10. 誰にも相談できない

ローンの支払いが出来ないといった場合もプライドが邪魔をして親や家族にも言えない方が多い傾向にあります。

少額であれ家族から手助けが受けられるかも知れませんが、家族や友達に迷惑をかけられないと、相談しない方が多いのです。

また、支払いが出来ないことを相談することによって最悪の状況を打破することが出来る可能性がありにもかかわらず、誰からも助言を受けることが出来ないため借金が増えていく傾向にあります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!