恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170907140446.html
好きじゃないのに嫉妬する原因13選

好きじゃないのに嫉妬する原因13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
好きじゃないのに嫉妬する原因13選

好きじゃないのに嫉妬する原因を13選まとめました。

  • その人が羨ましいから。
  • その人が皆から好かれている人だから。
  • 相手が幸せに見える場合
  • 少し後悔している場合。
  • 好きじゃなくても他の想いがある場合。
  • 自分の現状に満足していない時
  • 自分に魅力があると思っているから、自信があるから。
  • 異性の親友の場合
  • 職場の信頼した上司の場合
  • 好きという感情が無くても自分が少しだけ、特別視している場合
  • 自分が好きじゃなくても自分の事を好きだといっている人の場合
  • 自信を失っている時、自分に自信が無い時。
  • 失恋した時
  • まとめ

1. その人が羨ましいから。

その人が羨ましいから。

その人の何に対して嫉妬してしまうかと言うとその人が自分に持っていない魅力を持っているからです。 魅力のある人の廻りには多くの人が寄ってきます。 自分より多くの人に注目を浴びているからです。 そう言う魅力のある人を見てしまうと、一種の憧れなどを持ってしまい、知らず識らずのうちに嫉へとか妬変わっていくでしょう。

好きでない異性の場合も一緒です。 魅力を持っている人に知らず識らずのうちに魅かれてしまい嫉妬してしまう。 と言う事になってしまいます。

2. その人が皆から好かれている人だから。

その人が皆から好かれている人だから。

魅力がある人と少し似ていますが。 その人が他人に対して優しい人だったり。 とてもいい人で、皆から好かれている人の廻りにもやはり多くの人達が集増す。 そう言う注目を浴びている人、人気者の場合、皆が好いている人に、私も好かれたい。

皆より私のほうをより大切にされている事を皆に見て欲しい。 と言うような少しわがままな独占欲が沸いてしまい。 その人達が見せる色んな人への優しさを自分のほうにより多くして欲しいという気持ちから嫉妬心が沸いてしまいます。

3. 相手が幸せに見える場合

相手が幸せに見える場合

あまり興味が沸かない人だとしても、例えばそれが自分の友人の彼氏や彼女の場合、その人に特別な相手がいて、幸せそうに思えてしまうときは、私にはいないのにあの人はなぜ、と言うような気持ちから、羨ましさや、ねたみのような感情になってしまい、嫉妬へと変わっていきます。

親しい間がらで自分の目の前で、それが起こっているときは、羨ましく思い嫉妬してしまいます。 自分も幸せになりたい。 幸せになってみたいと言う気持ちからです。

4. 少し後悔している場合。

少し後悔している場合。

もしも自分に、元カノや元彼と言う人の場合、納得してわかれた、もう好きじゃない。 その人に対して特別な思いは無い。

と思っていても、相手に特別な人がいて、とても幸せに見える様な時は、その人とわかれなければ自分も幸せになれたかもしれない、と言う気持ちから、後悔してしまい、羨ましい想いから嫉妬へと変わっていくでしょう。

5. 好きじゃなくても他の想いがある場合。

好きじゃなくても他の想いがある場合。

好きという感情が無くても例えば、その人を尊敬しているとか、普通の人には無いと思う様なその人が持っている独自の才能を認めてしまう異性の場合尊敬してる人、才能のある人に、廻りの人間達より自分のほうを認め特別視されている所を廻りの人に見せたい、という優越感が欲しい為、その人の廻りにいる人間に嫉妬してしまうでしょう。

6. 自分の現状に満足していない時

自分の現状に満足していない時

例えば自分の廻りの友人たちに幸せそうに思える特別な人がいて、自分にはそう思えるような人がいない場合、やはり、羨ましさや、ねたみという思いから、幸せそうにしている回りの友人たちの特別な相手に対して、私にも幸せになりたいと言う想いから自分の廻りにいる友人たちのお相手の多くの異性に対して嫉妬してしまうでしょう。

7. 自分に魅力があると思っているから、自信があるから。

自分に魅力があると思っているから、自信があるから。

自分に魅力があると思っていて、自信のある人は、自分の身近にいる人で、自分の方が上と思う人に特別な相手がいたときに、仲良くしている姿を見てしまった時など、自分のほうが魅力的なのになぜその人なの。というような思いがわいてきて、見ているうちに嫉妬へと変わっていきます。

自分の方がその人より魅力的なのに、自分の方がその人より上なのに。と思ってしまうから嫉妬心は沸いてきます。

8. 異性の親友の場合

異性の親友の場合

異性の親友の場合、たとえ特別な感情がその人に無い場合でも、親友が別の人の相談を受けている姿や、親切にしている姿を見たときに、親友であるがゆえ、やりけれないような、特別な思いが無くても自分の大切な友人を取られてしまった。

親友にだけ、自分のほかに特別な人が出来てしまった。と言う気持から、親友を取り返したい、親友より親しい関係になりたい。というような思いが自然と沸いてしまい嫉妬へと変わっていきます。

9. 職場の信頼した上司の場合

職場の信頼した上司の場合

職場の上司の場合は、同じ仕事場、というフィールドの中で、様々な場面をみてしまいがちす。 時には厳しく、時には少し特別視したような、同僚たち異性への接し方です。

特別な感情が無くても、信頼のおける上司が他の異性の同僚に特別扱いしている様な接し方を見た場合、感じてしまった場合、信頼をおいているが為、その人だけなぜ、と、思ってしまい嫉妬してしまいます。

10. 好きという感情が無くても自分が少しだけ、特別視している場合

好きという感情が無くても自分が少しだけ、特別視している場合

好きという感情がなくても、自分が少し特別視している異性の場合、例えば、自分の職場の後輩や部下の場合、上司の場合と同じように部下や後輩の場合もやはり同じです。

職場の同じフィールドの中で仕事をしていて、自分の目をかけている部下や後輩たちが、他の異性から少し特別視されている様な場面をみてしまった時、そう感じてしまった時、自分はこれほど大事にしているのになぜ、他の人なのと言う様な想いからしっとしてしまいます。

11. 自分が好きじゃなくても自分の事を好きだといっている人の場合

自分が好きじゃなくても自分の事を好きだといっている人の場合

たとへ自分に特別な感情が無くても、好きじゃないとしても、自分の事を好きだといっている人の場合、その人が他の異性に優しくしている所や、そう思えてしまう場面に直面したり、感じてしまった時、私の事を好きだといっていながらなぜ他の人に私以上に優しくするの。といったような思いになり嫉妬してしまいます。

12. 自信を失っている時、自分に自信が無い時。

自信を失っている時、自分に自信が無い時。

自信を失っている時に、身近にいる異性が他の人に特別視している所やそう思えてしまうときに、ああヤッパリわたしはだめなんだ、私には無理なんだと思ってしまい、特別視されている人を羨ましく思ってしまい。

寂しさや、救ってくれる手を差し伸べて欲しいような、少し、自分を哀れむような感情になってしまい。 私にも優しくして欲しい、どうすれば優しくしてもらえるの、と言う気持などから知らずしらずのうちに嫉妬へと変わって行くでしょう。

13. 失恋した時

失恋した時

失恋した時は寂しいものです。 寂しい時に自分の廻りにいる幸せそうな異性やカップル、例えば友人の特別な人とかならなおされです。 羨ましく思え寂しさはまして行きます。 そう言うとき寂しさを埋めて欲しい、優しくして欲しいと思うのは当然です。

一番身近に感じる異性を対象にしてしまいます好きじゃなくても、身近にいる異性が他の人に特別な感情をみせていると思った時は、寂しく思い、自分も特別にされたいという思いになり嫉妬してしまいます。

まとめ

好きじゃないのに嫉妬してしまう時の多くは、やはり人気のある人や、まわりから多く注目されている人に向けてしまいます。 なぜかと言うと自分をより多くの人より特別視されたい。 自分は常に特別な存在である事を感じていたいというい気持が殆ど嫉妬の原因です。

人間は魅力的でありたい、人より特別な存在でいたいといつもおもっているものです。 そう思っている為嫉妬心は常に持ち合わせています。 誰しもそうだと思います。 嫉妬する事は好きであろうがなかろうが自然とわいてくる、人間そのものの心理だといえます。

好きじゃないのに嫉妬する原因を13選まとめました。


その人が羨ましいから。

その人の何に対して嫉妬してしまうかと言うとその人が自分に持っていない魅力を持っているからです。 魅力のある人の廻りには多くの人が寄ってきます。 自分より多くの人に注目を浴びているからです。 そう言う魅力のある人を見てしまうと、一種の憧れなどを持ってしまい、知らず識らずのうちに嫉へとか妬変わっていくでしょう。

好きでない異性の場合も一緒です。 魅力を持っている人に知らず識らずのうちに魅かれてしまい嫉妬してしまう。 と言う事になってしまいます。

その人が皆から好かれている人だから。

魅力がある人と少し似ていますが。 その人が他人に対して優しい人だったり。 とてもいい人で、皆から好かれている人の廻りにもやはり多くの人達が集増す。 そう言う注目を浴びている人、人気者の場合、皆が好いている人に、私も好かれたい。

皆より私のほうをより大切にされている事を皆に見て欲しい。 と言うような少しわがままな独占欲が沸いてしまい。 その人達が見せる色んな人への優しさを自分のほうにより多くして欲しいという気持ちから嫉妬心が沸いてしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!