恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20190608084906.html
一途な男性がモテない理由

一途な男性がモテない理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
一途な男性がモテない理由

一途な男性がモテない理由を8選まとめました。



  • ちょっと重く感じる
  • 束縛感を感じてしまう
  • 大らかさを感じない
  • 趣味に熱中するとほったらかし
  • 一途な男性が浮気をすると”本気”になってしまう事が
  • 女性が女らしさを示せない
  • 卑屈に見える
  • こちらの気持ちを考えてくれない

1. ちょっと重く感じる

ちょっと重く感じる

自分に一途な男性は、女性にとっては理想とも言えでしょう。

結婚して迄浮気ばかりが流行っているような現代、自分だけをしっかり愛してくれる男性の存在は基調とも言えるかもしれません。

しかし、一方いつでも自分を見つめている、何かと手を差し伸べてくれる行為がちょっと重たく感じてしまう事もあります。

いつも一緒に居たい気持ちはあっても、ちょっとくっつき過ぎているな、たまには他の男性も入れたメンバーで遊びに行きたいな、と思わせてしまうのです。

2. 束縛感を感じてしまう

束縛感を感じてしまう

1. で挙げた事に関連するのですが、一途な男性は女性を愛する余り、女性にとってはそれが束縛感だと感じてしまう事もしばしばです。

束縛感を感じるようになると、女性はもう彼氏の事が自分だけをとても愛してくれる嬉しい存在ではなくなり、圧迫感を感じるようになってしまいます。

特に男らしい男性の場合、女性は彼を強引だと感じて少し引いてしまいますね。

3. 大らかさを感じない

大らかさを感じない

好きな異性を一途に愛する事は、男性でも女性でも大切な事です。

しかし、やはり何事にも限度があります。

例えば、中学や高校の同窓会の後に迎えに来たりされると、KYだと女性が感じてしまうのも無理はないでしょう。

「今日は楽しんでおいで」という大らかさに欠けるのです。

却ってそう言って送り出して貰う方が、女性の気持ちも彼と離れていた分、「早く帰って、彼にメールをしよう」と思うものなのですが・・・。

あまり同窓会や他のグループとのことを楽し気に話すと不機嫌になったり、不安を感じてしまうのが一途な男性の困った所でもあります。

4. 趣味に熱中するとほったらかし

趣味に熱中するとほったらかし

一途な男性は、当然自分が好きな事に対しても一途に取り組みます。

仕事なども真面目にこなす努力をします。

又、多くの男性は一度に1つの事しか出来ません。

そこで、自分の趣味や仕事が忙しい時等は、案外彼女に対してマメに連絡を取る事も怠るようになる事があります。

それこそ毎日ラインやメール、電話を欠かした事が無かったのに、4~5日間何の連絡も無かったり。

彼女としては、今迄の自分に対する態度は何だったのだろうと不安を感じる事もあります。

5. 一途な男性が浮気をすると”本気”になってしまう事が

一途な男性が浮気をすると”本気”になってしまう事が

一途な男性だけに、これはよくある事ですが、今付き合っている彼女よりステキな女性を見つけると、これはもう一途に新しい彼女の事が気になってしまいます。

あれこれ理由を付けてあなたに合わなくなっていきます。

その途中であなたが気付いてキツイお灸をすえても、心の中では諦めきれず、落とすまでは諦めない事があります。

6. 女性が女らしさを示せない

女性が女らしさを示せない

女性に一途な男性の中には、女性に色々と尽くすタイプの人もいます。

これが、女性に取って嬉しいなら良いのですが、特に日本女性は男性に尽くすように育てられていますから、いくら交際中とはいえ、自分の出番が無い、とか私より何でも上手に出来るのね、と僻んでしまうような事もでてきます。

あまり尽くされ過ぎると、女性は嫌気が差してしまうのです。

7. 卑屈に見える

卑屈に見える

女性に一途な男性の中には、彼女の好きなようにしてあげたいと思う余り、その行為が卑屈に見えてしまう場合があります。

これでは、女性は何でもいう事を聞いてくれる人、というだけで、頼り甲斐も感じませんし、自分がご機嫌取りをされているようなヘンな気分になってしまいます。

8. こちらの気持ちを考えてくれない

一途な男性は自分の気持ちが強いので、相手の所枻の気持ちを深く考えない点があります。

自分ではこうすれば彼女が喜ぶだろうと考えて色々な事をするのですが、それが自分よがりで、本当に彼女の気持ちを察しての事では無い事も多いのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!