恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20190608084646.html
愚痴や悪口ばかりの人はおすすめできない理由

愚痴や悪口ばかりの人はおすすめできない理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
愚痴や悪口ばかりの人はおすすめできない理由
-Menuここから-->

愚痴や悪口ばかりの人はおすすめできない理由を10選まとめました。



  • 一緒に居る誰かも染めてしまう
  • 一緒に居る人の株が下がる
  • 気持ちが鬱になる
  • 向上心が無い
  • 何もかも人のせいにする
  • 相談するくせにアドバイスを聞き入れない
  • オオカミ少年の二の舞になる
  • 誰かの事を尊敬できない
  • 他人の長所を見つける事が出来ない
  • 仲良くしてくれている人も敵に回す

1. 一緒に居る誰かも染めてしまう

一緒に居る誰かも染めてしまう

誰かの悪口を言う人と一緒に居ると自分もだんだんその色に染まっていってしまいます。

人一人の影響力はそんなに凄くないだろうと思われがちですが、そんな事はありません。

もしそうなら信仰宗教はこの世に誕生していないからです。

誰かが始めた思想を他の誰かが信じ、そこから個人個人へと広まっていき、大きな組織を作りあげています。

なので、ただ一緒に過ごしていてもそれが正しい事だと思ってしまい感覚が麻痺してくるのです。

同じように誰かの悪口を便乗して言ってしまったり、愚痴ばかりの会話内容になってしまうのです。

2. 一緒に居る人の株が下がる

一緒に居る人の株が下がる

第三者から見た時の株が下がります。

性格の悪い人と一緒に居るのは同じような性格をしているからだと誰もがそう思ってしまうからです。

一緒にいる人が良い人でも周りからの評価はどんどん落ちていきます。

いずれ同じ扱いを受ける事となるでしょう。

そんな人とは一緒に居る事をやめて、そっと離れれば良いのです。

好きになれない人を見つけたらわざわざ嫌わなくても良いのです。

関わらないのが一番です。

3. 気持ちが鬱になる

気持ちが鬱になる

毎日ネガティブ発言をして、誰かの悪口を言っていたら気持ちがどんどんマイナスな方へと向かっていってしまいます。

最終的に待ち受けているのが鬱状態です。

人間とは不思議なもので毎日同じ状況下に置かれると、自分自身の価値が何も無いように思えてきて、気持ちだけが暗かったはずが体にも支障をきたすようになります。

植物に汚い言葉を浴びせて育てた物と、綺麗な言葉をかけて育てた物とでは成長の仕方、腐敗の仕方が違うという実験がありますが、人間も植物と同じように水分で出来ています。

汚い言葉、マイナスな発言ばかりしていると、自分を追いつめてしまう可能性があるのです。

4. 向上心が無い

向上心が無い

○○は今日こんな良い事をしていた、自分もあの子を見習って精進しようと思えないので、何をやっても向上しません。

それどころか人のミスばかり見つけてそれをまた悪口に繋げます。

得な事がある人と何かを競って負けた時には、裏で自分にはそんな才能が無いのに不公平だと言ってのけるでしょう。

自分よりも出来ない人の事を馬鹿にし、出来る人からは何も学ぼうとしないのです。

5. 何もかも人のせいにする

何もかも人のせいにする

今日調子が悪かったのはあの時○○がこうしてきたからだ、○○さえいなければきちんとやり遂げる事が出来た、などど自分のミスを認めません。

それどころか他人のせいにしようとします。

普段他人の悪口ばかり言っていると自分の性格もひねくれてしまい、素直に自分の非を認める事が出来なくなってしまうのです。

6. 相談するくせにアドバイスを聞き入れない

相談するくせにアドバイスを聞き入れない

愚痴をこぼしながら、相談をして来ますがアドバイスをしてあげても二言目には「だって」と言います。

自分の話を聞いてほしい願望が強いだけで根本的な問題の解決を望んでいません。

普段から人に嫌われるような行動をしている為、本当は誰かに一緒に居て欲しいと望んでいます。

寂しくて独りぼっちでいる事を我慢できずに誰かの悪口を言って他の人の気を引こうとしているのです。

7. オオカミ少年の二の舞になる

オオカミ少年の二の舞になる

何度も何度も誰かの悪口を言っているとそのうちまたか、と思われて誰にも話を信用してもらえなくなります。

誰かを褒める良い噂ならともかく悪口は聞いていても誰も得をしませんし、楽しくもありません。

そのグループ内で嫌われている特定の誰かの事を晒しあげて集団で悪口を言って盛り上がる事もありますが、そんなものは一瞬です。

誰からも信用されなくなったいよいよ本当の意味の孤独を味わう事になります。

そこからさらに悪化していき、無視をされ始めるといじめの対象になってしまうかもしれません。

8. 誰かの事を尊敬できない

誰かの事を尊敬できない

常に誰かの事を褒めて尊敬している人は誰が見ても素敵で輝いて見えます。

素直に誰かの事を褒めたりする事は実は凄い事なのです。

自分に出来ない事が出来る誰かに、妬みの感情を持つか、尊敬の感情を持つか。

それはその人次第です。

○○は凄いから自分も尊敬して○○のようになりたいと思えたら良いのですが、そこから生まれる感情は嫉妬心にしかならないのです。

9. 他人の長所を見つける事が出来ない

他人の長所を見つける事が出来ない

他人の短所を見つけてす事は大得意ですが、長所を見つける事が出来ません。

相手の良い所を見つけても気づかないフリをするか、妬んでしまうからです。

他人の長所を見つける事は自分の成長にもとても良い影響を与えてくれるという事に気が付かないのです。

10. 仲良くしてくれている人も敵に回す

そんな人とでも、独りぼっちになるのが可哀想だと同情してくれて、見捨てないでいてくれる友人もいるでしょう。

ですがそれは本人からしてみたら哀れみの感情を持って近づいてくるな、どうせ馬鹿にしているんだろうという風にしか伝わっていません。

相手を思う優しい気持ちが欠けているので、自分の事を思って行動してくれていると気が付かないのです。

こうして優しい友人をも手放してしまうのです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!