恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180929132547.html
AB型男子とO型女子の恋愛の相性

AB型男子とO型女子の恋愛の相性 | 恋のミカタ

恋のミカタ
AB型男子とO型女子の恋愛の相性

ドライなAB型男子とウェットなO型女子はかなりの凸凹コンビです。

距離感を間違えると、関係破綻の危険性があるので気をつけましょう。 上手く距離やパーソナルペースを尊重し合うことによって関係が続きやすくなるでしょう。

この記事を参考にして、付き合い方を見直してみてください。

  • 血液型の相性はいい?
  • AB型男子に多い恋愛傾向
  • O型女子に多い恋愛傾向
  • AB型男子とO型女子の恋愛傾向や相性
  • まとめ

1. 血液型の相性はいい?

血液型の相性はいい?

AB型男子とO型女子の血液型での相性は、中の下といった所です。

お互いの主義主張を押し通しすぎると失敗しやすくなるので、譲り合う気持ちを持つことが大切です。 恋愛に対する考え方の違いや温度差があるので、擦れ違いや誤解を招かないように気をつけましょう。

特に、O型女子が突っ走ってしまいAB型男子が疲れてしまう傾向があるので注意しなければなりません。 O型女子はつい寂しさをAB型男子にぶつけてしまい、AB型男子を困らせてしまうので、感情を暴走させないことが重要です。

またAB型男子も冷たさや、面倒くささを出してしまうのは、O型女子に対してNGな態度です。 そして、想いを秘めすぎて分かりづらい所があるので、時にはちゃんと好きな気持ちを伝えるように努力していきましょう。

お互いの歩み寄りによって、平和的で幸せな関係が続くはずです。

2. AB型男子に多い恋愛傾向

AB型男子に多い恋愛傾向

2-1. 基本的にはドライ

AB型男子は、基本的にドライな関係性を好みます。

それは、恋愛だけではなく、友情においても家族においても同様です。 あまり距離が近かったり、べたべたしすぎるのはストレスになるので避けることが多いでしょう。

また、お節介や余計なお世話になるのを避けるため、あまりはっきりとした優しさや甘さを見せることは少ないです。 陰ながらちょっと支えあげるようなタイプなのですが、時に冷たい人と誤解されるのがネックです。

また、距離を縮めるスピードが遅いため、個人行動をする時間も長く、また一人でいることを苦にしないタイプでもあります。 一生フリーという人も多いと言えるでしょう。

2-2. 自立心が高いので甘えない

AB型男子は、周りよりクールで大人びていることが多いです。

A型の冷静さとB型の強い独立心を持っているため、甘えることや頼ることあまりしません。 自分でできることは自分でやる精神を持っているので、甘やかされることや甘えることが苦手です。

また、相手が甘えてくることもあまり得意ではありません。 ですから、甘えん坊の恋人よりもしっかりとした自立心のある女性を選びます。

プライドは高めですが、比較してやきもきするタイプではないので、女性の方が収入や地位が上でもそれほど気にすることがないです。 そのため、付き合ったり、結婚してからも、互いに仕事で忙しくてもそれほど文句を言わないという長所もあります。

2-3. 趣味に突っ走るオタク

AB型男子は、A型の細やかさやB型のこだわりが相まって、オタクになることが多いです。

恋愛よりも、趣味を優先することもよくあります。 そのために相手をさびしがらせてしまう場合もあるので、気をつけなければなりません。

また、趣味に熱中している時は、恋愛そのものに見向きをしないこともあるでしょう。 同じ趣味で合った女性とは、恋人と言うよりも友人的な関係になりやすいです。

2-4. 恋愛より仕事を優先する

AB型男子は、ロマンチストな側面もありますが基本的には現実主義者です。

恋や欲望に溺れるのではなく、自分のやるべき事を行うことに集中します。 ですから、恋人にうつつをぬかすよりも、仕事が大切ということも多いです。

相手が、甘えたがりで束縛心が強い場合、鬱陶しく感じ切り捨ててしまうこともあるので気をつけましょう。 冷たい態度をしずぎず、距離感を保っていくことが大切です。

2-5. どちらが気楽かで関係性を選ぶ

AB型男子は、居心地の良さを大切にするタイプです。

恋愛か友情かといった、暑苦しい選択肢や主義の押し付けは嫌います。 恋人と一緒にいるのが居心地が良い場合は恋愛を選びますし、友人と一緒にいる時が気楽な場合は友情を選びます。

どの関係においてもウェットだったり、密接すぎると疲れてしまうので、距離感を大切にするタイプなのです。 そして、常に一緒にいるから安心なのではなく、離れていても信頼できるからこそ良いパートナーという考えがあるのです。

2-6. かしこまったデートや改まった予定は嫌い

AB型男子は、真面目ではありますが、あまり堅苦しいことは好きではありません。

改まったデートや、畏まった場所というのには不自由さを感じてしまうこともあるでしょう。 「今日はデートの日」と決めてしまうと、自分が束縛されているようでストレスを感じてしまうのです。

ですから、二人で一緒に自然な流れで出かけたり、楽しんだりする方が好ましいのです。 ですが、待ち合わせに遅れたり、場所を間違えるといった間抜けなことはないので安心です。

ただし、記念日や誕生日といったもので縛られすぎると嫌気さしてしまうので気をつけましょう。 「恋人だから○○すべき」といった枠にはめないことがAB型男子と上手く付き合う方法の一つです。

2-7. さりげないセンスを大切にする

AB型男子はスマートでセンスがあります。

そのため、センスがダサい人には興味を抱かないので注意しましょう。 また、ただ流行を追うような女性もつまらないと感じてします。

流行っているから同じファッションや、同じメイクをするという金太郎飴のような女性像には嫌気がさしてしまうのです。 自分らしさを大切にしながらセンスを発揮している人に惹かれることが多いでしょう。

だからといって、あまりに奇抜で暑苦しいタイプの人は得意ではないので気をつけましょう。

2-8. 頭の悪い人は好きじゃない

AB型男子は基本的に頭が良いです。

ですから、馬鹿な女性や、頭の悪そうな女性、品のない女性は得意ではありません。 特にマナーやモラルを守らず馬鹿騒ぎしている女性や、だらしくなく不潔なファッションをしている女性はNGです。

また、基本的な常識を知らず、生活力や経済力に欠ける女性に対する評価も低いので気をつけましょう。 自立心が高く、しっかり者で清潔感のある女性を好みます。

2-9. スキンシップは控えめ派

AB型男子は、精神的なものはもちろんのこと物理的にもウェットなことが嫌いです。

べたべたとした触れ合いを苦手とするので気をつけましょう。 性的な接触においても依存することはなく、どちらかというと控えめです。

相手が肉食過ぎると引いてしまうことがあるのでバランスのとれた関わりを培うように心がけていきましょう。

2-10. 結婚後の生活もベタベタしたくない

AB型男子は、甘い結婚生活に夢みるタイプではありません。

結婚後も、距離感を保って暮らしていくことを大切にします。 家族として、最低限の役割は果たしますが、「夫だから」「妻だから」と枠にはめることを嫌います。

そのため、自分のことは自分でするというスタンスを変えずに生きることも多いです。 下手に世話を焼かれたり、甘やかされると生活のリズムが崩れてしまう人もいるでしょう。

結婚しても、別居のままが良いという人も中にはいます。

2-11. 積極的に関わるより見守る派

AB型男子は、トラブルに対してつべこべ言うタイプではありません。

積極的に問題に関わるよりも、まずは自分で解決することを尊重する人です。 見守ることが多く、時折アドバイスをするといったことが多いでしょう。

そのため、相手が甘えてくるタイプの女性だと冷たい人と誤解されることもあるので気をつけましょう。

2-12. 何を考えているか分からない

AB型男子は、情熱を前面に出すタイプではありません。

好きという気持ちを伝えるよりも、秘めておくことの方が多いです。 そのため、結果として恋愛において奥手になってしまうこともあります。

また、気持ちを秘めたまま恋が終わることもあるのです。 そして、付き合ってからも、あまり自分の愛情をストレートに伝えないために、相手と擦れ違ってしまうこともあります。

誤解を生まないように、時には自分の気持ちを伝えることが大切です。

3. O型女子に多い恋愛傾向

O型女子に多い恋愛傾向

3-1. 世話焼きお姉さんやお母さんになりやすい

O型女子は、愛情に溢れた人です。

その愛情が、行動に出やすく、相手のお世話をしたいという気持ちへと転換されやすいです。 そのため、歳の差は関係なく、世話焼きなお姉さんやお母さんタイプになりやすいと言えるでしょう。

関係性が上手くいく場合もありますが、マザコンタイプの男性に依存されたり、自立心が高い男性に嫌がられることがあるので気をつけましょう。 相手を甘やかしすぎないことが、関係維持のために必要不可欠な要素です。

3-2. 恋愛至上主義のさびしがり屋

O型女子は、恋がなければ人生が腐ると考えています。

いつでも恋に落ちやすいですし、恋人がいない時期の方が少ないです。 世話焼きな反面、さびしがり屋であり、つい関わりを強く深くもとうと暴走してしまう面があるので気をつけましょう。

恋に盲目的になり、他の関係性や物事がおろそかにならないように注意しなければなりません。

3-3. ウェットな関係性を好む

O型女子は、どちらかというと依存性が強くウェットな関係性を好みます。

恋愛だけではなく、友情や家族関係においてもいつでもどこでもいっしょにいたいという気持ちが強いです。 そのため、相手を束縛しすぎて失敗することがあるので気をつけなければなりません。

相手のことを尊重することで、より平和的な関係性を築くことができるようになるでしょう。

3-4. 自分が面倒くさくなると冷めるのが早い

O型女子は、基本的にウェットですが、面倒くさがりで大ざっぱな一面があります。

自分が面倒になったり、疲れてしまうと、相手を突き放してしまうことがあるので気をつけましょう。 そのマイペースさと身勝手さによって、信頼や信用を失ってしまうこともあるので、我慢することや待つことも大切です。

3-5. 本棚は恋愛小説や漫画が多い

O型女子は、ロマンチスト性格です。

恋に恋するタイプでもあり、本棚やスマホのコンテンツは、恋愛小説や恋愛漫画でいっぱいです。 恋愛系のドラマや映画も大好きで、そうした世界に没頭しやすいと言えるでしょう。

妄想と現実を混同しすぎないように気を付けることが大切です。

3-6. ラインやメールは短文ではっきり

O型女子は、端的に物を言うタイプです。

冗長なメールやLINEはせずに、はっきりと要件を伝えます。 分かりやすくはありますが、オブラートにくるまずに物事を伝えるために、相手を傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。

ずけずけと言うことがだけが良いのではなく、TPOに応じて言葉を選ぶことも大切です。

3-7. 大らかそうに見えて嫉妬深い

O型女子は大らかで愛情深い印象がありますが、愛情の分だけ嫉妬深いと言えます。

相手の浮気には烈火のような怒りを見せると共に、陰湿な復讐をすることもあるので注意が必要です。 怒りや悲しみを引きずりやすいタイプなので、恨みもまた引きずりやすいのです。

相手のみならず自分をも破滅へと追い込むことのないように自制しなければなりません。

3-8. 甘えん坊の妹タイプになる時も

O型女子は、ウェットな性格から世話焼きタイプではなく甘えん坊で依存的な性格になることもあります。

そうしたキャラの方が恋愛が上手くいく場合もあるので、悪いとは言い切れません。 ただし、ブリっ子だと他の同性から非難を浴びることもあるので注意が必要です。

あざとさ出す時と出さない時の、メリハリを作ることが大切です。

3-9. 失恋は落ち込むが引きずらない

O型女子は、恋愛に依存的なため、失恋の時の悲しみは大きいです。

ただし、関係性への依存が強いために、次の恋人を見つけるスピードも速いのです。 そのため、恋人のいない時期が短いとも言えるでしょう。

時に、尻軽だと悪い評価を受けることもあるので注意が必要です。

3-10. 女子力は結構高いが駆け引きは雑

O型女子は、世話焼きタイプが多く、女子力は高めです。

ただし、待つことや引くことが苦手で、面倒なやり方を嫌うので、駆け引きにおいて雑な所があります。 自分からイニシアティブをとろうとして、相手のプライドを傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。

時には相手の動きを見てから、動くことも大切です。

3-11. 見返りを求めるタイプ

O型女子は、世話を焼く分だけ相手からの見返りを求めてしまうことが多いです。

愛情は与え与えられるものという意識が強いため、相手に強要してしまうことがあるので気をつけましょう。 強い束縛心から関係が破綻しやすくなるので、距離感を見失わないことや、求めすぎないことが大切です。

4. AB型男子とO型女子の恋愛傾向や相性

AB型男子とO型女子の恋愛傾向や相性

4-1. AB型男子が逃げO型女子が追う恋愛

AB型男子は、O型女子の愛情の強さを苦手と感じてしまうことがあります。

それゆえにAB型男子は逃げてしまい、O型女子が追いかけるという図式が生まれやすいです。 下手な別れ方をするとO型女子がストーカー的になってしまうため気をつけなければなりません。

また、あえて距離感を保つために、AB型男子が時間や場所の隔たりをおくことで、関係性のヒートアップを避ける場合もあります。 O型女子は、その隔たりに対して気を病むことなく、我慢することや待つことで、関係が続きやすくなるでしょう。

4-2. 世話焼きの母とそれをうざがる息子

O型女子が世話焼きなお母さんのようになってしまい、AB型男子がストレスを感じるという関係性になることもあります。

AB型男性は怒りは見せませんが、冷たい態度で突き放したり、無視したりすることがあるでしょう。 O型女子は、愛情を暴走させないように気を付ける必要があります。

O型女子が甘えたり、依存しすぎずに、AB男子の自立心を尊重すると関係性が上手くいきやすくなるでしょう。

4-3. はっきりとた物言いだからこそ上手くいく

AB型男子もO型女子も、曖昧さごまかしはどちらかというと苦手です。

O型女子のはっきりとした態度をAB型男子は好ましく感じるでしょう。 ですが、AB型男子はごまかしはしませんが、言葉足らずな面があるのでそこに気を付ける必要があります。

時には、ちゃんと自分の気持ちを伝えることで、O型女子の不安が少なくなり関係性が上手くいきやすくなります。

4-4. 一人の時間を持つことが大切

二人の関係性は譲り合いや、我慢が必要です。

O型女子は、AB型男子を束縛しすぎると関係が上手くいかなくなるので、自分だけの時間を持つことが大切です。 一人になって冷静になることによって、より感情のバランスが保たれるようになるでしょう。

そして、AB型男子の一人の時間も保たれるので一挙両得と言えるのです。 ただし、AB型男子もマイペースになりすぎず、O型女子の気持ちを尊重することが大切です。

一緒にいる時間もきちんと確保することで、よりスムーズな関係性を営むことができるでしょう。

まとめ

AB男子とO型女子は、凸凹な関係性になることが多いです。

お互いに譲り合い、尊重し合うことによって関係性が上手くいくので、さりげない心遣いを大切にしていきましょう。 特に、AB型男子はちゃんと気持ちを伝えること、O型女子はべたべたしすぎないことで関係が続いていくでしょう。

ドライなAB型男子とウェットなO型女子はかなりの凸凹コンビです。

距離感を間違えると、関係破綻の危険性があるので気をつけましょう。 上手く距離やパーソナルペースを尊重し合うことによって関係が続きやすくなるでしょう。

この記事を参考にして、付き合い方を見直してみてください。


血液型の相性はいい?

AB型男子とO型女子の血液型での相性は、中の下といった所です。

お互いの主義主張を押し通しすぎると失敗しやすくなるので、譲り合う気持ちを持つことが大切です。 恋愛に対する考え方の違いや温度差があるので、擦れ違いや誤解を招かないように気をつけましょう。

特に、O型女子が突っ走ってしまいAB型男子が疲れてしまう傾向があるので注意しなければなりません。 O型女子はつい寂しさをAB型男子にぶつけてしまい、AB型男子を困らせてしまうので、感情を暴走させないことが重要です。

またAB型男子も冷たさや、面倒くささを出してしまうのは、O型女子に対してNGな態度です。 そして、想いを秘めすぎて分かりづらい所があるので、時にはちゃんと好きな気持ちを伝えるように努力していきましょう。

お互いの歩み寄りによって、平和的で幸せな関係が続くはずです。

AB型男子に多い恋愛傾向

2-1. 基本的にはドライ

AB型男子は、基本的にドライな関係性を好みます。

それは、恋愛だけではなく、友情においても家族においても同様です。 あまり距離が近かったり、べたべたしすぎるのはストレスになるので避けることが多いでしょう。

また、お節介や余計なお世話になるのを避けるため、あまりはっきりとした優しさや甘さを見せることは少ないです。 陰ながらちょっと支えあげるようなタイプなのですが、時に冷たい人と誤解されるのがネックです。

また、距離を縮めるスピードが遅いため、個人行動をする時間も長く、また一人でいることを苦にしないタイプでもあります。 一生フリーという人も多いと言えるでしょう。

2-2. 自立心が高いので甘えない

AB型男子は、周りよりクールで大人びていることが多いです。

A型の冷静さとB型の強い独立心を持っているため、甘えることや頼ることあまりしません。 自分でできることは自分でやる精神を持っているので、甘やかされることや甘えることが苦手です。

また、相手が甘えてくることもあまり得意ではありません。 ですから、甘えん坊の恋人よりもしっかりとした自立心のある女性を選びます。

プライドは高めですが、比較してやきもきするタイプではないので、女性の方が収入や地位が上でもそれほど気にすることがないです。 そのため、付き合ったり、結婚してからも、互いに仕事で忙しくてもそれほど文句を言わないという長所もあります。

2-3. 趣味に突っ走るオタク

AB型男子は、A型の細やかさやB型のこだわりが相まって、オタクになることが多いです。

恋愛よりも、趣味を優先することもよくあります。 そのために相手をさびしがらせてしまう場合もあるので、気をつけなければなりません。

また、趣味に熱中している時は、恋愛そのものに見向きをしないこともあるでしょう。 同じ趣味で合った女性とは、恋人と言うよりも友人的な関係になりやすいです。

2-4. 恋愛より仕事を優先する

AB型男子は、ロマンチストな側面もありますが基本的には現実主義者です。

恋や欲望に溺れるのではなく、自分のやるべき事を行うことに集中します。 ですから、恋人にうつつをぬかすよりも、仕事が大切ということも多いです。

相手が、甘えたがりで束縛心が強い場合、鬱陶しく感じ切り捨ててしまうこともあるので気をつけましょう。 冷たい態度をしずぎず、距離感を保っていくことが大切です。

2-5. どちらが気楽かで関係性を選ぶ

AB型男子は、居心地の良さを大切にするタイプです。

恋愛か友情かといった、暑苦しい選択肢や主義の押し付けは嫌います。 恋人と一緒にいるのが居心地が良い場合は恋愛を選びますし、友人と一緒にいる時が気楽な場合は友情を選びます。

どの関係においてもウェットだったり、密接すぎると疲れてしまうので、距離感を大切にするタイプなのです。 そして、常に一緒にいるから安心なのではなく、離れていても信頼できるからこそ良いパートナーという考えがあるのです。

2-6. かしこまったデートや改まった予定は嫌い

AB型男子は、真面目ではありますが、あまり堅苦しいことは好きではありません。

改まったデートや、畏まった場所というのには不自由さを感じてしまうこともあるでしょう。 「今日はデートの日」と決めてしまうと、自分が束縛されているようでストレスを感じてしまうのです。

ですから、二人で一緒に自然な流れで出かけたり、楽しんだりする方が好ましいのです。 ですが、待ち合わせに遅れたり、場所を間違えるといった間抜けなことはないので安心です。

ただし、記念日や誕生日といったもので縛られすぎると嫌気さしてしまうので気をつけましょう。 「恋人だから○○すべき」といった枠にはめないことがAB型男子と上手く付き合う方法の一つです。

2-7. さりげないセンスを大切にする

AB型男子はスマートでセンスがあります。

そのため、センスがダサい人には興味を抱かないので注意しましょう。 また、ただ流行を追うような女性もつまらないと感じてします。

流行っているから同じファッションや、同じメイクをするという金太郎飴のような女性像には嫌気がさしてしまうのです。 自分らしさを大切にしながらセンスを発揮している人に惹かれることが多いでしょう。

だからといって、あまりに奇抜で暑苦しいタイプの人は得意ではないので気をつけましょう。

2-8. 頭の悪い人は好きじゃない

AB型男子は基本的に頭が良いです。

ですから、馬鹿な女性や、頭の悪そうな女性、品のない女性は得意ではありません。 特にマナーやモラルを守らず馬鹿騒ぎしている女性や、だらしくなく不潔なファッションをしている女性はNGです。

また、基本的な常識を知らず、生活力や経済力に欠ける女性に対する評価も低いので気をつけましょう。 自立心が高く、しっかり者で清潔感のある女性を好みます。

2-9. スキンシップは控えめ派

AB型男子は、精神的なものはもちろんのこと物理的にもウェットなことが嫌いです。

べたべたとした触れ合いを苦手とするので気をつけましょう。 性的な接触においても依存することはなく、どちらかというと控えめです。

相手が肉食過ぎると引いてしまうことがあるのでバランスのとれた関わりを培うように心がけていきましょう。

2-10. 結婚後の生活もベタベタしたくない

AB型男子は、甘い結婚生活に夢みるタイプではありません。

結婚後も、距離感を保って暮らしていくことを大切にします。 家族として、最低限の役割は果たしますが、「夫だから」「妻だから」と枠にはめることを嫌います。

そのため、自分のことは自分でするというスタンスを変えずに生きることも多いです。 下手に世話を焼かれたり、甘やかされると生活のリズムが崩れてしまう人もいるでしょう。

結婚しても、別居のままが良いという人も中にはいます。

2-11. 積極的に関わるより見守る派

AB型男子は、トラブルに対してつべこべ言うタイプではありません。

積極的に問題に関わるよりも、まずは自分で解決することを尊重する人です。 見守ることが多く、時折アドバイスをするといったことが多いでしょう。

そのため、相手が甘えてくるタイプの女性だと冷たい人と誤解されることもあるので気をつけましょう。

2-12. 何を考えているか分からない

AB型男子は、情熱を前面に出すタイプではありません。

好きという気持ちを伝えるよりも、秘めておくことの方が多いです。 そのため、結果として恋愛において奥手になってしまうこともあります。

また、気持ちを秘めたまま恋が終わることもあるのです。 そして、付き合ってからも、あまり自分の愛情をストレートに伝えないために、相手と擦れ違ってしまうこともあります。

誤解を生まないように、時には自分の気持ちを伝えることが大切です。

1 / 2
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!