恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180323163504.html
あきらめるのはまだ早い! 長い片思いが実ることもある理由

あきらめるのはまだ早い! 長い片思いが実ることもある理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
あきらめるのはまだ早い! 長い片思いが実ることもある理由

片思いの状態が長く続くと、「もうムリ。あきらめよう」という気持ちになることもあるに違いありません。

確かに、長い片思いは実らないことが少なくありませんが、中には実るケースもあるのです。 ここでは、長い片思いが実ることもある理由を紹介しましょう。

  • 相手が恋人と別れることもある
  • あるきっかけから、こちらの魅力に相手が気づいてくれることもある
  • 長い時間をかけて自分が磨かれるということもある
  • 鈍感な相手に思いが伝わることもある
  • 長い時間をかけて距離が少しずつ縮まっていくこともある
  • まとめ

1. 相手が恋人と別れることもある

相手が恋人と別れることもある

片思いがなかなか成就しない理由の一つに、「好きになった相手に交際中の恋人がいる」というものがあるでしょう。

こちらがいくら思いを寄せていても、相手に恋人がいるのであれば、恋が成就するのはきわめて困難に違いありません。 多くの人は、その段階であきらめてしまうものですが、片思いの相手の恋が長く続き、やがてゴールインということになるとは限らないでしょう。

恋は移ろいやすいものですから、片思いの相手が今はラブラブ状態だったとしても、時間がたって恋が終わるということも大いに考えられます。 恋人と別れたその人が、あなたのことを恋愛対象として見てくれる可能性は小さくありません。

相手が恋人と別れることもあるというのが、長い片思いが実ることもある理由ということになるでしょう。

2. あるきっかけから、こちらの魅力に相手が気づいてくれることもある

あるきっかけから、こちらの魅力に相手が気づいてくれることもある

あなたのことを恋愛対象として見ていなかった片思いの相手が、何かのきっかけであなたを異性として意識することもあるでしょう。

これは、自分の身に置き換えて考えてみるとわかりやすいかもしれません。 まったく異性として意識していなかった人のことを、ある日ある時、ふとしたことから異性として意識するということが、人間にはあるものです。

ちょっとしたことから、相手の男性としての魅力、女性としての魅力に気づくというケースです。 そうしたきっかけは、長い時間をかければかけるほど、生まれやすくなると考えていいでしょう。

1か月では気づけなかった魅力が、半年、1年たつうちに気づくということがあるというのが、長い片思いが実る可能性がある理由です。

3. 長い時間をかけて自分が磨かれるということもある

長い時間をかけて自分が磨かれるということもある

長い時間をかけることによって、自分が磨かれるということもあるものです。

先ほどは、相手があるきっかけでこちらの魅力に気づくというケースを紹介しましたが、こちらが男性としての、あるいは女性としての魅力を増すというケースもあるのです。 片思いの相手に何とか振り向いてもらおうと思い、意識的に自分磨きをするということもあるでしょう。

そうではなく、時間が経つにしたがって、自然に自分が磨かれるということもあるに違いありません。 いずれにしても、自分が磨かれ、魅力を増したことによって、片思いの相手に振り向いてもらえるわけです。

自分が磨かれて魅力を増す可能性があること、これも、長い片思いが実ることもある理由なのです。

4. 鈍感な相手に思いが伝わることもある

鈍感な相手に思いが伝わることもある

なかなか告白ができない状態が長く続いて、そのため片思いの状態から脱出できないということもあるでしょう。

特に、相手が鈍感な人の場合、直接告白しない限り、なかなか思いは伝わりません。 しかし、1か月では伝わらなかった思いが、1年たってやっと伝わったということがあるものです。

時間をかけることによって、鈍感な相手にも思いが伝わるということもあること、これも、長い片思いが実る可能性がある理由と言うことになるでしょう。

5. 長い時間をかけて距離が少しずつ縮まっていくこともある

長い時間をかけて距離が少しずつ縮まっていくこともある

片思いを成就させるためには、相手との距離度縮めなければなりません。

しかし、相手との関係によっては、なかなか距離が縮まらないということもあるでしょう。 特に、会うチャンスが少ない人が片思いの相手だった場合、そうかんたんに距離を縮めることはできません。

どうしてもかなりの時間がかかってしまうはずです。 つまり、長い時間をかけることによって、相手との距離が少しずつ縮まっていく可能性があること、逆に言うと、ケースによっては時間をかけなければ距離が縮まらないことが、長い片思いが実ることもある理由なのです。

まとめ

長い片思いが実ることもある理由を5種類紹介しました。

片思い中の方は参考になさってください。

片思いの状態が長く続くと、「もうムリ。あきらめよう」という気持ちになることもあるに違いありません。

確かに、長い片思いは実らないことが少なくありませんが、中には実るケースもあるのです。 ここでは、長い片思いが実ることもある理由を紹介しましょう。


相手が恋人と別れることもある

片思いがなかなか成就しない理由の一つに、「好きになった相手に交際中の恋人がいる」というものがあるでしょう。

こちらがいくら思いを寄せていても、相手に恋人がいるのであれば、恋が成就するのはきわめて困難に違いありません。 多くの人は、その段階であきらめてしまうものですが、片思いの相手の恋が長く続き、やがてゴールインということになるとは限らないでしょう。

恋は移ろいやすいものですから、片思いの相手が今はラブラブ状態だったとしても、時間がたって恋が終わるということも大いに考えられます。 恋人と別れたその人が、あなたのことを恋愛対象として見てくれる可能性は小さくありません。

相手が恋人と別れることもあるというのが、長い片思いが実ることもある理由ということになるでしょう。

あるきっかけから、こちらの魅力に相手が気づいてくれることもある

あなたのことを恋愛対象として見ていなかった片思いの相手が、何かのきっかけであなたを異性として意識することもあるでしょう。

これは、自分の身に置き換えて考えてみるとわかりやすいかもしれません。 まったく異性として意識していなかった人のことを、ある日ある時、ふとしたことから異性として意識するということが、人間にはあるものです。

ちょっとしたことから、相手の男性としての魅力、女性としての魅力に気づくというケースです。 そうしたきっかけは、長い時間をかければかけるほど、生まれやすくなると考えていいでしょう。

1か月では気づけなかった魅力が、半年、1年たつうちに気づくということがあるというのが、長い片思いが実る可能性がある理由です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!