恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180312160205.html
LINEで告白されたときのOKの仕方

LINEで告白されたときのOKの仕方 | 恋のミカタ

恋のミカタ
LINEで告白されたときのOKの仕方

LINEで告白されるケースが増えてきています。 電話やメールとは違った特徴を持つLINEで告白されたときのOKの仕方をマスターして、相手への好感度をアップしましょう。

  • 既読をつけたら返事をするまでのタイミング
  • OKの返事ならすぐに送信するのもあり
  • 優位に駆け引きをしたい場合は少し焦らしてみるのも一手
  • 返信のメッセージは一言だけでもいい
  • 長文のメッセージはLINEでは見にくい
  • 喜び過ぎる気持ちをあらわしたスタンプは控える
  • まとめ

1. 既読をつけたら返事をするまでのタイミング

既読をつけたら返事をするまでのタイミング

LINEは電話やメールとは違った一番の特徴といえば既読です。

既読は相手がメッセージを読んだか読んでいないかがすぐ分かることが便利ですが、LINEで告白された場合既読をつけてしまったら、返事を長引かせるのは相手にとって失礼になります。 翌日合う予定が会社や学校であるなら、それ前までに返信した方がいいでしょう。

どうしても返事をすぐ送れないのなら一言断りを入れておくのが大切です。 そうすることで直接会ったタイミングでOKの返事をすることも可能になります。

2. OKの返事ならすぐに送信するのもあり

OKの返事ならすぐに送信するのもあり

告白されたツールがLINEなら、同様にメッセージで返信してみましょう。

気になっている相手からの告白では、OKの返事をほとんどの人が即決することができるのではないでしょうか。 メッセージに既読をつけたらすぐにOKの返信をすることで、どきどきしながら待っている相手を思いやることができます。

そうした対応は今後の二人の関係性にも反映してきます。

返事を出した後、時間帯によっては再びメッセージが届く可能性大です。 しばらくは受信を持っていても無駄ではないでしょう。

3. 優位に駆け引きをしたい場合は少し焦らしてみるのも一手

優位に駆け引きをしたい場合は少し焦らしてみるのも一手

LINEで告白というと電話やメールに比べてライトな感覚でできるので、相手の気持ちを疑うケースもあるでしょう。

だからこそ告白のメッセージを受けたら、すぐに返事しないのも一手です。 心理学において恋愛では相手を焦らすことで、より喜びを相手に与えることができます。

優位に立って駆け引きをしたい場合に有効です。 焦らしすぎは相手をイライラさせますが、数時間程度既読をつけたらそのままにしておくのも、LINEというツールの特性を生かしたOKの仕方です。

4. 返信のメッセージは一言だけでもいい

返信のメッセージは一言だけでもいい

返信メッセージになんて書けばいいのか悩むことは多いでしょうが、特に告白をされた場合のラインでのOKの仕方は難易度が高くなります。

宜しくお願いしますというような堅苦しい挨拶はLINEには不向きです。 だからといって絵文字や顔文字を多用したものだと、相手によっては困惑してしまうでしょう。

誠実さを伝えるために、冷たくなく見えるメッセージは短文でも可能です。 OKの意思を示した言葉の語尾を、ね、だよ、などに変化させることで柔らかい雰囲気を与えることができます。

5. 長文のメッセージはLINEでは見にくい

長文のメッセージはLINEでは見にくい

なぜ長文のメッセージでのOKの返信はラインでは不向きかというと、見にくいのが一番の理由になります。

スマホの画面をすべて使っているわけではなく、半分ほどのスペースを使用して表示するチャットのやりとりは、長文だとスクロールが必要になります。 もちろん熱意を伝えるために長文は有効ですが、LINEだと文字ぎっしりで読むのだけでも労力です。

読みにくいままでは感情を伝えることは半分もできません。 長文にこだわるならLINE以外のツールを使うのもありです。

6. 喜び過ぎる気持ちをあらわしたスタンプは控える

喜び過ぎる気持ちをあらわしたスタンプは控える

スタンプは気持ちをあらわすのにとても便利ですが、OKの返事をスタンプ一つで終わらせてしまうのは、勇気を出して告白してくれた相手にとってやや残念な返信でしょう。

そうならないためにOKの返信はメッセージをつけた上で、スタンプも一つという配分がベストです。 スタンプはあまり浮いたものを使用せずに、相手の雰囲気に合わせて選ぶのが肝心です。

まとめ

思い出に残るやりとりだからこそきちんとしたメッセージを心がけることで、LINEで告白されたときのOKの仕方をグレードアップさせます。

そうすることで相手に対しての誠意をあらわすことに繋がります。

LINEで告白されるケースが増えてきています。 電話やメールとは違った特徴を持つLINEで告白されたときのOKの仕方をマスターして、相手への好感度をアップしましょう。


既読をつけたら返事をするまでのタイミング

LINEは電話やメールとは違った一番の特徴といえば既読です。

既読は相手がメッセージを読んだか読んでいないかがすぐ分かることが便利ですが、LINEで告白された場合既読をつけてしまったら、返事を長引かせるのは相手にとって失礼になります。 翌日合う予定が会社や学校であるなら、それ前までに返信した方がいいでしょう。

どうしても返事をすぐ送れないのなら一言断りを入れておくのが大切です。 そうすることで直接会ったタイミングでOKの返事をすることも可能になります。

OKの返事ならすぐに送信するのもあり

告白されたツールがLINEなら、同様にメッセージで返信してみましょう。

気になっている相手からの告白では、OKの返事をほとんどの人が即決することができるのではないでしょうか。 メッセージに既読をつけたらすぐにOKの返信をすることで、どきどきしながら待っている相手を思いやることができます。

そうした対応は今後の二人の関係性にも反映してきます。

返事を出した後、時間帯によっては再びメッセージが届く可能性大です。 しばらくは受信を持っていても無駄ではないでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!