恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180310174650.html
AB型男子と仲良くなるメールのスタンス

AB型男子と仲良くなるメールのスタンス | 恋のミカタ

恋のミカタ
AB型男子と仲良くなるメールのスタンス

AB型男子は恋愛面に鈍感で人見知りという特徴があります。 そんなAB型男子はどのようなメールに喜ぶのでしょうか。



  • AB型男子はクセが強い
  • 心を開いてもらうには
  • 日常会話でさらっとした関係に
  • お互いに自分の世界を持つ
  • 深い話をするタイミング
  • 押すより引くくらいのスタンスでいる
  • まとめ

1. AB型男子はクセが強い

AB型男子はクセが強い

独特の自分の世界を持っているのがAB型男子の特徴と言われています。

それを邪魔されることをとても嫌うので、好意を持ってほしいと思うのなら、その世界を壊さないように気をつけてあげましょう。 ただの友達から踏み込んだ関係になるときに、警戒心を持っているので、押せ押せで仲良くなろうとするのは逆効果になります。

心を許すと、逆に嫉妬心も強くなるので、自分の政界の一部になったものへの執着が強いということだと思います。

2. 心を開いてもらうには

心を開いてもらうには

自分の政界を持っていて、特にそれを守ろうとする警戒心の強いAB型男子の心を開く必要があります。 心を閉ざしている相手と仲良くなるときは、相手のペースに合わせる必要があります。

心の扉を無理矢理こじ開けるようなことをしたらそれまでメールしていたとしても嫌がって返信をしてくれなくなってしまうかもしれません。

3. 日常会話でさらっとした関係に

日常会話でさらっとした関係に

自分の世界を壊さない相手だと思われるまで、当たり障りのない日常会話に徹するのが良いと思います。

日常会話程度ではAB型男子の世界を壊したりはしないでしょうし、それすらも嫌がられるようであればどのようなメールを送っても心を開いてもらうまで時間がかかるでしょう。 敵意を感じるかどうかではなく、自分の政界から異物扱いされているうちは、警戒心が薄らぐことはありません。

何故自分に構うのかわからないという気持ちからの警戒心なので、大人な対応をしていれば大丈夫だと思います。

4. お互いに自分の世界を持つ

お互いに自分の世界を持つ

自分の世界を持っているAB型男子のように、自分の世界を持ってみましょう。

そして、お互いが自然に世界を共有するまでゆっくり関係を保つのです。 自分の世界を持つといっても、殻にこもるのではなく、自分の世界を持つ者同士という共通点を作るのです。

同じだと思わせることで、自分の世界を壊さない相手という認識を持ってもらいやすくなります。

5. 深い話をするタイミング

深い話をするタイミング

相手のペースを考えながらやり取りをすることは、AB型男子はとても喜びます。

それは大人な対応といっても良いと思いますが、大人な対応を続けていると、相手からすり寄ってきます。 そこで、実はこんな悩みがあって、などと深い話を初めてします。

さらっとした関係から深い話をするというのは相手に特別感を与えます。 AB型男子はこの特別感を急に感じることが嬉しいのだと思います。

6. 押すより引くくらいのスタンスでいる

押すより引くくらいのスタンスでいる

メールでも直接でも、やり取りは引き気味に行うと良いでしょう。

その理由は、繰り返しになりますが世界を壊さない人でいるためです。 冷めた態度でいるわけではなく、嬉しいことは落ち着いてありがとうと言ったり、友達なら当たり前の反応をすることです。

相手が違う一面を見てみたいと思ったら徐々に自分を出していくと、ギャップ萌えでこれもAB型男子が喜びます。 相手に好意を持ってもらうことは大切だけど、自分自身を偽る必要はありません。

まとめ

AB型男子は独特な自分の世界を持っていることが多いです。

自分以外の人の気持ちに鈍感で、人見知りをしがちです。 それは自分勝手というわけではなく、恋愛などの関係を縮めようとしている人の好意に気づきにくいということです。

誰でもその世界は守りたいものですが、特にその気持ちが強いのが特徴です。 だから、そんな彼らが喜ぶのは落ち着いた一歩引いた大人な対応のメールなのです。

相手に合わせるために自分を偽る必要はありませんが、押せ押せのアピールよりは引き気味の友達というスタンスでいる方が好まれます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!