恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180301133457.html
話していても携帯ばかりイジル友達の心理

話していても携帯ばかりイジル友達の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
話していても携帯ばかりイジル友達の心理

話をしているのに、携帯ばかりいじっている人が少なくありません。 友達がそういう人だと「なんで話に集中しないの?」と思うこともあるでしょう。 ここでは、話してても携帯ばかりイジル友達にはどんな心理があるのか紹介します。

  • 相手の話に興味がなくたいくつに感じている
  • 携帯をいじっていても許される関係だと思っている
  • 相手を甘く見ている
  • 相手に対する「嫌いアピール」
  • クセになっているだけで特別な心理はなにもない
  • まとめ

1. 相手の話に興味がなくたいくつに感じている

風景(森林2・太陽光)

友達と話している話題が自分の大好きな趣味に関することだったり、大ファンの有名人の話を相手がしていたら、その話に意識が集中しますから、携帯ばかりいじるということはないでしょう。 携帯でチェックしたいことがあったとしても、その話題の話をしている間は携帯よりも話に神経を向けるのが、自然な人間心理です。

ということは、携帯ばかりいじっている友達は、こちらの話にそれほど興味がないに違いありません。 いちおう話を聞いてはいますし、適当に相づちを打ったりはしているものの、その話に興味がないため、意識は携帯のほうへ向いてしまうのです。 友達同士なので口に出しては言わないまでも、「その話、自分は興味ないからたいくつ」と感じていると考えていいでしょう。

2. 携帯をいじっていても許される関係だと思っている

よほど無神経か非常識な人でない限り、初対面の人と話をするとき、携帯ばかりいじるということはしないでしょう。 あるいは、上司や先輩と話をする時でも、そんなことはしないに違いありません。 つまり、相手に対して遠慮がある場合は、たまに携帯を見ることはあっても、携帯をいじってばかりいるということはないのです。

話をしているのに携帯ばかりいじっている人は、話をしている相手に対する遠慮がないと考えていいでしょう。 その友達は、「友達同士なのだから、よけいな遠慮は必要ない。 自分が携帯を見たいと思えば見ることが許される関係なのだ」と思っているわけです。 すっかり打ち解けた関係になっているという認識をもっていて、携帯ばかりいじることが許されると思っているのが、その友達の心理なのです。

3. 相手を甘く見ている

風景(海1)

前項で紹介したのは、言い方を変えると「相手に甘えている心理状態」と言っていいでしょう。 打ち解けた友達同士という意識から、相手に甘えて、自分のしたいことをしているわけです。 それとは違い、相手のことを甘く見ているために、携帯ばかりいじるというケースも少なくありません。

人が話をしているときに、いいかげんに聞き流し、携帯のほうに意識を向けるというのは、相手に対して失礼なことです。 相手に対して失礼なことを平気でするのは、相手を甘く見ているからにほかなりません。 話している相手のことを甘く見ているというのが、このケースでの携帯ばかりいじる友達の心理なのです。

4. 相手に対する「嫌いアピール」

意図的に携帯ばかりいじるというケースもあります。 友達と話をしているのに、なぜわざと携帯ばかりいじるのか。 それは、「嫌い」という感情を相手に伝えたいと思うからにほかなりません。

「いちおう友達として付き合っているけれど、あなたのことは好きではなく、できればつきあいをやめたいと思っている」ということを、相手に伝えようとしているのです。 そのことを口に出すとケンカになりますから、話をしてるのに携帯ばかりいじることによって、「嫌いアピール」をしていると考えていいでしょう。

5. クセになっているだけで特別な心理はなにもない

風景(森林3・道)

携帯をいじることがクセになっている人が少なくありません。 こういう人は、完全に無意識のうちに、携帯をいじってしまいます。 友達と話をしている時でも、話をしながら自然に携帯をいじるのが、このタイプの人と考えていいでしょう。

ですから、そこには何も特別な心理はありません。 まったく無意識で無自覚なのですから、心の中は無の状態なのです。 このケースがかなり多いと考えていいでしょう。

まとめ

話をしているのに携帯ばかりいじっている友達の心理を5種類紹介しました。 そういう友達がいるという方は、友達の心理を知るための参考になさってください。

話をしているのに、携帯ばかりいじっている人が少なくありません。 友達がそういう人だと「なんで話に集中しないの?」と思うこともあるでしょう。 ここでは、話してても携帯ばかりイジル友達にはどんな心理があるのか紹介します。


風景(森林2・太陽光)

友達と話している話題が自分の大好きな趣味に関することだったり、大ファンの有名人の話を相手がしていたら、その話に意識が集中しますから、携帯ばかりいじるということはないでしょう。 携帯でチェックしたいことがあったとしても、その話題の話をしている間は携帯よりも話に神経を向けるのが、自然な人間心理です。

ということは、携帯ばかりいじっている友達は、こちらの話にそれほど興味がないに違いありません。 いちおう話を聞いてはいますし、適当に相づちを打ったりはしているものの、その話に興味がないため、意識は携帯のほうへ向いてしまうのです。 友達同士なので口に出しては言わないまでも、「その話、自分は興味ないからたいくつ」と感じていると考えていいでしょう。

よほど無神経か非常識な人でない限り、初対面の人と話をするとき、携帯ばかりいじるということはしないでしょう。 あるいは、上司や先輩と話をする時でも、そんなことはしないに違いありません。 つまり、相手に対して遠慮がある場合は、たまに携帯を見ることはあっても、携帯をいじってばかりいるということはないのです。

話をしているのに携帯ばかりいじっている人は、話をしている相手に対する遠慮がないと考えていいでしょう。 その友達は、「友達同士なのだから、よけいな遠慮は必要ない。 自分が携帯を見たいと思えば見ることが許される関係なのだ」と思っているわけです。 すっかり打ち解けた関係になっているという認識をもっていて、携帯ばかりいじることが許されると思っているのが、その友達の心理なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!