恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170731143104.html
振る側の女が泣く心理10選

振る側の女が泣く心理10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
振る側の女が泣く心理10選

振る側の女もいろんな気持ちを抱えています。 振る側の女が泣く心理を10選まとめました。

  • 振ったことを後悔している
  • 本当はもっと言いたいことがあった
  • 伝えたい気持ちを最後まで伝えられなかった
  • 直してくれたら考え直したいと思っている
  • ひどいことをしてしまった後悔の気持ち
  • 悔しい気持ちが溢れてしまった
  • 今日のこの日を迎えるまでの気持ち
  • 全部終わったといった安堵の気持ち
  • これからは会えなくなる悲しさ
  • 付き合った期間を振り返った切なさ

1. 振ったことを後悔している

振ったことを後悔している

振る側の女が泣く心理は、振ったことを後悔していることも考えられます。 本当は別れたくなかったけれど、そうせざるをえなかった場合、後悔する気持ちがなくなることがありません。 どうすればよかったのだろうといった気持ちで、心の中がぐちゃぐちゃになり、涙が止まらなくなってしまいます。

2. 本当はもっと言いたいことがあった

本当はもっと言いたいことがあった

振る側の女が泣く心理は、本当はもっと言いたいことがあったにもかかわらず、きちんと伝えることができなくてもどかしい気持ちから涙が溢れてしまう事もあります。

きつい言い方をして終わりを告げたものの、楽しかった日々を感謝する言葉が伝えられなくて、嫌な印象のまま終わってしまった人などは、話しい気持ちがこみ上げてくるでしょう。

3. 伝えたい気持ちを最後まで伝えられなかった

伝えたい気持ちを最後まで伝えられなかった

振る側の女が泣く心理は、伝えたい気持ちを最後まで伝えられなかったことから涙が触れてしまうこともあります。

どんなことが原因で別れることになってしまったのか、しっかりと説明した方にもかかわらず、相手に聞く耳を持ってもらえなくて悔しくて涙が溢れる人も多いです。 何を思っているかきちんと伝えることができれば、きれいに別れすることができたのにと複雑な気持ちになるのです。

4. 直してくれたら考え直したいと思っている

直してくれたら考え直したいと思っている

お別れの原因には様々なことがあり、相手に何か非があって、そこがどうしても許せず別れてしまう道を選んだ場合、その部分をしっかり治してくれたら考え直したいのにと、やり直したい気持ちが残っている切なさから、振る側の女の方が涙することがあります。 直してくれたら考え直したいと言った素直な気持ちを伝えることができない人も多く、いろんな思いがこみ上げてくるのです。

5. ひどいことをしてしまった後悔の気持ち

ひどいことをしてしまった後悔の気持ち

振る側の女が泣く心理で、振る時にひどいことをしてしまった後悔の気持ちから涙が流れてしまうことがあります。 きちんと別れを伝えることのないまま荷物を持って出てきてしまったり、相手の意見など何一つも聞かずに一方的に怒鳴って別れてしまった人など、もっとちゃんとした別れの方法があったのではないかと後悔してしまう気持ちがあります。

6. 悔しい気持ちが溢れてしまった

悔しい気持ちが溢れてしまった

振る側の女が泣く心理は、悔しい気持ちが溢れてしまった結果、気持ちを抑えることができなくなってしまった心理状況が考えられます。 本当はもっと付き合っていたかったのに、こんなはずじゃなかったのにと悔しい気持ちがこみ上げると、感情を抑えることができなくなってしまいます。

振った相手に対しても本当の気持ちを打ち明けることができず、悔しさを抱えていることから涙してしまうのです。 すっきりとした別れをするためには、後悔しない別れ方をすることが大切なのです。

7. 今日のこの日を迎えるまでの気持ち

今日のこの日を迎えるまでの気持ち

振る側の女が泣く心理で、お別れの日を迎えるまでに、いろんな葛藤を迎えながら当日を迎えたことでしょう。 それらの思い悩んだ日々を思い出して涙を流してしまう心理状況も考えられます。

思い悩んで言葉が出てこなくなった時や、やっぱりこのままではいけないと答えを出したり、様々な気持ちを抱いたために、それらの悩んだ日々ともお別れできることから涙が溢れてしまうのです。 この場合の涙は引きずることなく、時間が経てば心も晴れ晴れと穏やかな気持ちになります。

8. 全部終わったといった安堵の気持ち

全部終わったといった安堵の気持ち

振る側の女が泣く心理で、しっかりと別れの気持ちを伝えたことで、全て終わらせることができたと安心する気持ちから涙が溢れてしまうことがあります。 別れるまでの辛かった日々も全てが終わり、お前返すことなくお別れすることができた喜びなど、いろんな感情が入り混じった涙が流れます。

全部が終わったことで心も穏やかな気持ちになります。 解放されたことで喜びの涙に変わることもあるのです。

9. これからは会えなくなる悲しさ

これからは会えなくなる悲しさ

振る側の女が泣く心理で、問題があって別れることになったとしても、好きで好きでどうしようもなかった相手ともう会うことができなくなってしまう悲しさから、振ったにもかかわらず涙が溢れてしまうことがあります。 嫌なことの方が多かったとしても、嬉しかったことや楽しかったこともあるため、その時の相手の表情を思い出すと涙が止まらなくなってしまうのではないでしょうか。 これからは別れた人とは別の道を歩き出す希望と不安が入り混じった涙があふれます。

10. 付き合った期間を振り返った切なさ

振る側の女が泣く心理で、別れてしまったものの付き合った日の思い出や、記念日、様々な場所にお出かけしたデートなどを思い出して、こんな結果になるとは思わなかったと切ない気持ちになり、涙を流してしまうこともあります。

付き合った期間の多い少ないにかかわらず、どれだけの時間を過ごしてきたか、様々な思い出を振り返るだけで涙が溢れてしまうものです。 思い出の1つ1つが懐かしく感じて涙が出てしまいます。

振る側の女もいろんな気持ちを抱えています。 振る側の女が泣く心理を10選まとめました。


振ったことを後悔している

振る側の女が泣く心理は、振ったことを後悔していることも考えられます。 本当は別れたくなかったけれど、そうせざるをえなかった場合、後悔する気持ちがなくなることがありません。 どうすればよかったのだろうといった気持ちで、心の中がぐちゃぐちゃになり、涙が止まらなくなってしまいます。

本当はもっと言いたいことがあった

振る側の女が泣く心理は、本当はもっと言いたいことがあったにもかかわらず、きちんと伝えることができなくてもどかしい気持ちから涙が溢れてしまう事もあります。

きつい言い方をして終わりを告げたものの、楽しかった日々を感謝する言葉が伝えられなくて、嫌な印象のまま終わってしまった人などは、話しい気持ちがこみ上げてくるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!