恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170718145749.html
女性から映画に誘う時の心理10選

女性から映画に誘う時の心理10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
女性から映画に誘う時の心理10選

女性から映画に誘われた男性の中には、どのような意味を込めて自分を誘ったのだろうと感じる人がいます。 ここではそのような女性の心理のいくつかを述べています。

  • 友達感覚
  • 恋のきっかけを作る
  • 恋愛いがで後押し
  • 本当の気持ちに気づいてほしい
  • 男性の好みを知る
  • 恋人気分を味わいたい
  • モテルことをアピール
  • おごってもらいたい
  • さらなるアプローチをかける
  • 長い時間、一緒にいたい

1. 友達感覚

男女(仲良32・飲み)

映画を一人で見に行くのではなく、そこで味わう感動を誰かと分かち合いたいと感じる女性がいます。 このような女性は自分と気の合いう人を伴い、映画館に向かうことがあります。

そのためこのような感じで誘われた男性は、この女性から恋愛感情を持たれているというわけではありません。 しかし信頼されていたり、友達と呼べるほど親しみを感じてもらっているために、ある意味で喜ばしいことと言えます。

2. 恋のきっかけを作る

女性(綺・座・段差1)

気になる男性を映画に誘う女性がいます。 先にも述べたように、仲の良い異性を映画に誘い、友達感覚でその場を楽しむ女性がいます。 このような状況により、女性から映画に誘われた男性は必ずしも「この女性は自分に関心がある」と思うとは限りません。

このような心理を利用し、気になる男性を映画に誘って何気なく恋愛に発展させようと考える女性がいます。 「どうせ友達感覚で映画に行くんだろうな」と感じて心よくオファーに応じた男性が、映画鑑賞後に女性から告白されることもあるのです。

3. 恋愛いがで後押し

男女(手繋ぎ・草原・顔隠れ)

恋愛映画を見た後、その感動は心の中に残るものです。 そして多くの人は映画館を出た後も恋愛について考えます。 とりわけハッピーエンドで終わる恋愛映画を見ると、「自分も恋愛したい」と感じるものです。

このような感情を利用し、好きな男性に告白することを考える女性がいます。 そのため女性が恋愛映画に誘うとき、男性はその点を心得て行動するべきです。

4. 本当の気持ちに気づいてほしい

女性

映画館の中にはたくさんのお客さんがいます。 そのような状況にあるとはいえ、異性と二人きりで映画を見ているとドキドキするものです。 そして周りには恋人どうして映画館に来ている人もたくさんおり、このような状況は「自分たちも恋人同士と思われているのでは?」という気持ちを起こさせます。

こうした感情は自分を映画に誘ってくれた女性をどのように思っているのかを、あらためて考える機会となります。 そしてこれまでは友達を思っていてけれども、本当はこの女性のことを好きだったという気持ちに気づくことがあります。 このような感情が男性の内で沸き起こることを望み、映画に誘う女性がいます。

5. 男性の好みを知る

男性(後ろ姿・黄昏れ・セピア)

気になる男性を映画に誘い、この男性の好みを知ろうと努める女性がいます。 このような女性は「今度映画を見に行こうよ。 どんな映画がいい?」といったような質問をし、男性の回答によって好みを知るのです。

そして実際に映画を見に行った後もその好みに基づいてアプローチをかけ、最終的に告白するという手段を講じます。 「この映画見に行こうよ」というのではなく、「映画を見に行きたいけれども何がいい?」といった質問は、誘っている男性に関心があることを示しています。

6. 恋人気分を味わいたい

手アップ(繋ぎ5・半身)

恋人がいないものの、恋人気分を味わいたいという女性がいます。 そのような女性は男性を無難な映画に誘い、恋人気分を味わおうとするのです。 このような態度は相手の男性に勘違いさせてしまうこともあるために、あまりお勧めできません。

7. モテルことをアピール

足アップ(ローラースケート)

好きでもない男性を映画に誘う女性がいます。 このオファーが受け入れられると女性は優越感に浸るものです。 このような優越感を味わいたいために、このような行動に出る女性がいます。 こうした女性も男性を勘違いさせてしまいます。

また自分の思いを満たすために男性を利用しているだけですので、このような理由で男性を映画に誘うことは良くありません。 またこのような女性は悪い評判が立つことも多く、次第に友達が減っていきます。

8. おごってもらいたい

部屋(喫茶店内)

「デートに必要な費用は男性が支払うべき」と考えている女性がいます。 もちろん女性のために支払いを済ませる男性は非常にかっこいいものです。 しかし全ての男性が裕福であるとは限りません。

それでも冒頭で述べたような考え方を押し付け、男性に全ての費用を押し付ける女性がいます。 そして映画鑑賞に必要となる費用を男性に支払ってもらいたいがゆえに、誘う女性もいます。 このような女性は男性を利用しているにすぎません。

9. さらなるアプローチをかける

男女(接近4・セピア)

映画を見ながら感動を共にすると、カップルの距離はさらに縮まるものです。 これまで仲の良かった男性と恋人に発展することを望み、感動的な映画を一緒に見に行く女性がいます。

感動的な場面で男性の手を握るなどの行動は、女性が自分に恋心があることを示すものとなります。 このようにこれまでの関係を恋に発展させるために、男性を映画に誘う女性がいます。

10. 長い時間、一緒にいたい

男女(腕組み・顔隠れ)

好きな男性に告白できず、仲の良い友達という関係が続いているという女性がいます。 告白のための勇気がまだ沸き起こってこないものの、この男性とできるだけ長く一緒にいたいと感じる場合、映画に誘うことがあります。

映画を見た後は一緒に食事をするなど、その後も行動を共にするのが一般的です。 そのため映画で感動を分かち合い、その後食事をして会話を盛り上げるというコースをたどる女性がいるのです。 このようなことを繰り返していると男性が女性の気持ちに気づくこともありますので、上手なアプローチは重要です。

女性から映画に誘われた男性の中には、どのような意味を込めて自分を誘ったのだろうと感じる人がいます。 ここではそのような女性の心理のいくつかを述べています。


男女(仲良32・飲み)

映画を一人で見に行くのではなく、そこで味わう感動を誰かと分かち合いたいと感じる女性がいます。 このような女性は自分と気の合いう人を伴い、映画館に向かうことがあります。

そのためこのような感じで誘われた男性は、この女性から恋愛感情を持たれているというわけではありません。 しかし信頼されていたり、友達と呼べるほど親しみを感じてもらっているために、ある意味で喜ばしいことと言えます。

女性(綺・座・段差1)

気になる男性を映画に誘う女性がいます。 先にも述べたように、仲の良い異性を映画に誘い、友達感覚でその場を楽しむ女性がいます。 このような状況により、女性から映画に誘われた男性は必ずしも「この女性は自分に関心がある」と思うとは限りません。

このような心理を利用し、気になる男性を映画に誘って何気なく恋愛に発展させようと考える女性がいます。 「どうせ友達感覚で映画に行くんだろうな」と感じて心よくオファーに応じた男性が、映画鑑賞後に女性から告白されることもあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!