恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180223111545.html
奢りたがる男性の心理

奢りたがる男性の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
奢りたがる男性の心理

あなたの周りに何かと奢ってくれるような男性はいませんか? 今日はその奢りたがる男性についてご紹介したいと思います。



  • 頼りにされたいと思っている人
  • 男らしいと思ってもらいたい人
  • 見栄っ張りな人
  • 寂しがり屋の人
  • いい人でありたいと思っている人
  • 下心を持っている人
  • お金持ちアピール
  • 経費で落としたい人
  • まとめ

1. 頼りにされたいと思っている人

頼りにされたいと思っている人

皆でご飯に行った時に、割り勘といったら最近では普通になってきています。

その割り勘が普通になってきている現代、奢るという事をすれば注目を浴びると同時に何かと頼りにされます。

その優越感を味わいたい人は奢ります。

2. 男らしいと思ってもらいたい人

男らしいと思ってもらいたい人

昔で言えば、女性に奢るのが当たり前と言っていいほどでした。

なので、女性陣からすると男らしく見える部分があります。

逆に言えば、男性からしたら奢らずして男ではないと思ってしまうものです。

男らしさを見せるための一つの行動と言えるでしょう。

3. 見栄っ張りな人

見栄っ張りな人

実は、奢りたいわけでは決してないという場合もあります。

例えば、お笑い界では、歳の関係ではなく芸歴で、売れてる売れてない関係なく、芸歴が長い人が下の人に奢るのが当たり前になっています。

売れていない芸人からすると、これは痛いものです。

だからと言って付き合いを減らすわけにもいきません。

そして奢りたくないと言えば、寒い空気にもなってしまいます。

この寒い空気にはさせたくないし、周りの人に比べてケチってしまう行為は、プライドが許せません。

なので、見栄っ張り・プライドの高い、こういった性格の人は、周囲からすると、奢りたがりのように見えます。

4. 寂しがり屋の人

寂しがり屋の人

人間というのは、損得で動いてしまうものです。

自分に得がないと思うような人とは、だんだん付き合いが無くなっていきます。

つまり、寂しがり屋のタイプからすると、とにかく奢れば次もまた誘ってくれると思っているので、奢ってしまうのです。

人が常に傍にいてほしいからこそ、お金で人と付き合うのです。

5. いい人でありたいと思っている人

いい人でありたいと思っている人

良い人というのは、誰にとってイイ人か。

自分に問って都合がいい人のことをイイ人という人は多いです。

自分が奢っていると、奢られた側は「あの人、超良い人」って言ってくれるので、それを期待して奢っているのです。

皆にとって「良い人」である為に、お金で済む問題なら、お金を出し、平和で終わりたいと思っています。

6. 下心を持っている人

下心を持っている人

デートで男が奢るという事はよくあります。

付き合うまでは、どこに遊びに行っても奢るのですが、お付き合いが出来るようになったら、本性が現れるのです。

奢ってもらった側は、やはり嬉しいですし、また会いたいと思う気持ちも多いので、ニンジンぶらさげられたかのように、奢ってくれる人へ流されていくのです。

フタを開けたら、奢っている側の野望・願望が丸出しだったりすることもあるので、女性陣は要注意です。

7. お金持ちアピール

お金持ちアピール

奢れるほどのお金があるというわけですから、奢りまくる人は、その財力を見せたいでしょう。

奢ってもらう側も、お金持ちなんだなとキラキラした目でみてくるものです。

なので、どこでも奢って財力アピールをし、遠回しに自慢をしていると考えられます。

8. 経費で落としたい人

経費で落としたい人

自営業の人にあるようですが、とにかく経費で使おうとする人もいます。

税金対策に、必要以上に奢る人がいるのです。

奢る度に、領収書切っている人には不正処理しているかもしれませんので要注意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? あなたの周りの奢りたがる人は、どのタイプでしたか? 私は、小さい頃寂しがり屋だったからか、よく人に奢っていました。

奢る事で、人は自分から離れていかないからです。

それが嬉しくてよく奢っていたことを覚えています。

色んなタイプの奢りたがる人というのがいますので、くれぐれも危なそうな人には、奢ってくる行為を断った方がいいです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!