恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180223092400.html
金持ちアピールする彼氏の心理

金持ちアピールする彼氏の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
金持ちアピールする彼氏の心理

付き合っている彼氏が何かにつけて「自分は金持ちだ」というアピールすることもあるでしょう。 ここでは、彼女に対して金持ちアピールをする彼氏はどんな心理をもっているのか紹介します。



  • 自分の優位性を示したい
  • 「すごい」とほめられたい
  • 彼女の浮気や心変わりが心配
  • 彼女と結婚したい
  • 自分に自信がない
  • まとめ

1. 自分の優位性を示したい

自分の優位性を示したい

恋愛関係にある彼女に対して、「自分のほうが上」ということを示したいために金持ちアピールをするケースが少なくありません。 金持ちアピールをする彼氏は、つきあっている彼女よりも自分のほうが金持ちだということをアピールしているわけです。

なぜ、そんなことをアピールするのかというと、「だから自分がイニシアティブを握る」ということを彼女に示したいからにほかなりません。 いわゆる「俺様タイプ」の男性は、自分の優位性を示すことで、彼女を自分に従わせようとします。

金持ちであれば、当然デートでもなんでも男性のおごりということになるでしょう。 プレゼントも高価なものになるにちがいありません。 「金銭的にぜんぶ俺がめんどうを見るんだから、俺についてこい」という意思表示をしたいために、金持ちアピールをしているわけです。

2. 「すごい」とほめられたい

「すごい」とほめられたい

子どもっぽい心理から、金持ちアピールをする男性もいます。 そこにあるのは、「彼女から『すごい』とほめられたい」という心理です。 「金持ちだからすごい」というのは、彼氏に対するほめ言葉ではないケースも少なくありません。

金をもっていることがすごいだけであって、彼氏自身をほめているわけではないということもあるでしょう。 しかし、金持ちアピールをする男性は、単純に、「彼女から『すごい』とほめられた」と認識します。 そして、承認欲求を満足させるのです。

子どもが、たとえばフィギュアのコレクションを友達に見せびらかして、「僕はこんなにたくさんもってるんだよ」と自慢することがあるでしょう。 あのケースも、友達に「すごい」と言われることで、承認欲求を満たしているわけです。 それと同じ心理をもっているのが、金持ちアピールをする彼氏なのです。

3. 彼女の浮気や心変わりが心配

彼女の浮気や心変わりが心配

彼女のいる男性にとって、自分以外の男性はライバルになりえる存在と言っていいでしょう。 彼女がほかの男性に心ひかれるようなことがあれば、その男性がライバルになるわけです。 男性は独占欲が強いので、彼女を自分だけのものにしたいという欲求を強く持っています。

そういう男性にとって、何よりも恐ろしいのは、彼女の浮気や心変わりに違いありません。 そのため、「俺はほかのどんな男よりも金を持っている」ということを彼女にアピールして、彼女を独占しようとするのです。 ライバルに対する自分の優位性を示しているわけです。 彼女の浮気や心変わりを心配しているというのが、このケースでの金持ちアピールをする彼氏の心理ということになるでしょう。

4. 彼女と結婚したい

彼女と結婚したい

つきあっている彼女との結婚を意識しているために、金持ちアピールをするケースも少なくありません。 交際開始して日が浅いなど、「まだ、プロポーズするには早いな」と考えている段階で、「でも、結婚したいことをアピールしたい」と男性が思うこともあるでしょう。

そういう場合、金持ちであることをアピールして、「だから自分と結婚すれば、安心して生活できるよ」ということを伝えたいのです。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない

金持ちであることぐらいしか、彼女に誇れることがないために、金持ちアピールをするということもあります。 こういうタイプの男性は、男として、あるいは人間としての自分に自信がありません。

また、恋愛経験が少ないとか、女性から振られることが多いなどの理由で、恋愛に関して自信がないというケースも少なくありません。 自分に自信がないために、「金持ち」という、自分にとってほとんど唯一の強みを彼女にアピールしているわけです。

まとめ

金持ちアピールをする彼氏の心理を5種類紹介しました。 そういう彼氏と交際している方は、彼氏の気持ちを知るための参考になさってください。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!