恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180223092357.html
急に後ろからハグしてくる男性の心理

急に後ろからハグしてくる男性の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
急に後ろからハグしてくる男性の心理

彼氏や旦那が急に後ろからハグしてくるということもあるでしょう。

ここでは、そのようなハグを女性にする場合、男性にはどんな心理があるのか紹介します。



  • かわいくてたまらない
  • 自分の愛情の強さを彼女に伝えたい
  • 彼女を驚かせたい
  • ふと不安を感じた
  • 彼女を独占したい
  • まとめ

1. かわいくてたまらない

かわいくてたまらない

急に後ろからハグしてくる男性の心理はいろいろありますが、その中でもっともシンプルなのは「かわいくてたまらない」というものです。

たとえば、彼女の家に行って、彼女に手料理を振舞ってもらうとしましょう。

彼女が台所に立っている姿を見ていて、「かわいくてたまらない」という気持ちになった時、その強い感情から、後ろからいきなり彼女のことを抱きしめるというようなことが、男性には少なくありません。

そこには何も複雑な心理はなく、単純に「かわいくてたまらない」という気持ちから抱きしめただけなのです。

急に後ろからハグする男性の多くは、このシンプルな心理をもっていると考えていいでしょう。

2. 自分の愛情の強さを彼女に伝えたい

自分の愛情の強さを彼女に伝えたい

恋人どうしや夫婦間のハグというのは、いうまでもなく愛情表現の一つです。

ハグすることによって、自分の愛情を相手に伝えようとするのが、恋愛関係にある男女間のハグと言っていいでしょう。

この心理から、女性の後ろから急にハグするというケースもあります。

ハグされる女性にとっては「急にハグされた」ということになりますが、男性の意識は違います。

女性に対して強い愛情を感じていて、「何とかしてこの自分の気持ちを伝えたい」と考えてから、女性をハグしたのです。

愛情表現にはいろいろな方法がありますが、男性にとって「後ろからのハグ」というのは、強い愛情表現の一つと考えていいでしょう。

特に口で愛情表現することが苦手な男性は、そのような形で自分の気持ちを彼女に伝えようとするのです。

3. 彼女を驚かせたい

彼女を驚かせたい

いたずら心から、急に後ろからかハグするというケースも少なくありません。

たとえば、街中で彼女と待ち合わせをしたとしましょう。

待ち合わせ場所に彼女が先についている場合、あとから来た男性が彼女の後ろからそっと近づいて、急にハグするということもあります。

そんなことをされれば、女性は当然、驚くに違いありません。

思わず声を上げてしまうこともあるでしょう。

いたずら心のある男性は、女性のそうした反応を見て楽しもうとするのです。

これは、子どもが物陰に隠れ、近づいてきた友達を「わっ」と言って驚かすのと同じ心理です。

子どもっぽいいたずら心から、「彼女を驚かせたい」と思うのが、急に後ろからハグしてくる男性の心理ということになるでしょう。

4. ふと不安を感じた

ふと不安を感じた

交際中の彼女との関係に、ふと不安を感じるということも、男性にはあるでしょう。

ちょっとしたケンカをしたような時、「このまま彼女の気持ちが冷めてしまうのではないか」と不安になるようなケースです。

ケンカをすることはなくても、「なんとなく最近、彼女の様子が変な気がする」という理由で、不安を感じることもあるに違いありません。

そんな不安を感じた時、男性はその不安を解消するために、突然、後ろから彼女をハグするということがあるのです。

そうすることによって、彼女とのつながりを確認したいという心理があると考えていいでしょう。

「ふと不安を感じた」というのが、このケースでのハグする男性の心理ということになります。

5. 彼女を独占したい

彼女を独占したい

独占欲の強い男性が、急に後ろから彼女をハグするとうケースも少なくありません。

恋人同士の場合、「彼女は自分だけのもの」ということを確認するため、強く抱きしめるということがあるでしょう。

特に男性の場合は、彼女を後ろから強くハグすることによって、「独り占めしている」という実感を得ることが多いのです。

彼女を独占したいと思い、独占している実感を求めようとしているのが、急に後ろからハグしてくる男性の心理ということになるでしょう。

まとめ

急に後ろからハグしてくる男性の心理を5種類紹介しました。

そのようなスキンシップをしてくる彼氏や旦那の心理を知るための参考になさってください。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!