恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180125091933.html
彼氏のLINE、話題に悩んだ彼女が気をつけること

彼氏のLINE、話題に悩んだ彼女が気をつけること | 恋のミカタ

恋のミカタ
彼氏のLINE、話題に悩んだ彼女が気をつけること

彼氏と楽しいLINEでのやり取りに悩むことはありますか。 彼氏が素っ気ない返信しかしない人だと、たくさん送りたい彼女には寂しいことと思います。

  • 男性にとってのLINE
  • 男性はマメではないと考えよう
  • 返信を要求し過ぎるのは疲れる
  • どんな話題ならば無難か
  • こんなやり取りは重荷
  • まとめ

1. 男性にとってのLINE

女性(綺・明66・頭の後ろ腕組み)

男性にとってのLINEはどういうものか考えたことがあるでしょうか。 彼氏も男性なので、男性にとってLINEがどういうものであるか考えることは必要なことだと思います。

コミュニケーションツールであることはその通りなのですが、もしかしたらただの連絡用に使っている可能性があります。 連絡用なので、やり取りが素っ気なく感じたり、長文を送っているのに要点の回答しか返ってこないなんていうこともあるかもしれません。 彼氏がどういうタイプの人なのか考えてみるのはいかがでしょうか。

2. 男性はマメではないと考えよう

相手からの返信がないと寂しく感じてしまうでしょう。 しかし、それを相手に求め過ぎると自分が辛くなってしまいます。 男性にもよりますが、基本的にマメではないと考えてみてください。

ちょっとした内容に返信があったら嬉しくなります。 自分がこうだから相手もそれに応えるべきだと考えたら苦しいだけです。 「愛は求めるのではなく与えるもの」という言葉がありますが、してもらえないことを不満に思って相手に求めるのではなく、してもらった嬉しいことに感謝の気持ちを相手の負担にならないように伝えるような愛の与え方の方が素敵です。

3. 返信を要求し過ぎるのは疲れる

男女(仲良6・マウント)

文章の長さは思いの強さではありません。 彼氏からのLINEが短文だからといって、凹む必要もありません。 絵文字やスタンプがないからといって愛情がないわけではありません。

彼氏にとって、返信を要求し過ぎることは重荷になります。 彼氏にも彼氏の生活があります。 何よりも彼女を優先することは不可能です。 それよりも、時間ができたら返信しやすいような雰囲気の彼女でいる方が相手も重荷に感じずに良い関係が維持できると思います。

4. どんな話題ならば無難か

相手が重荷に感じないような話題を選ぶことは大切です。 流れで深い話をすることはあると思いますが、話が途切れてしまったときにするのも重いものです。 どんな話題が無難なのかと考えてみると、自動的に答えが浮かぶものを話題にするのが良いと思います。

例えば挨拶に暑い寒いなどの気象の話題を付け加えるとか、今度のデートが楽しみだという相手も嬉しくなるような話題が良いと思います。 また、風邪やインフルエンザが流行する季節には相手を気遣うような内容を送ると良いでしょう。 あくまで相手とのやり取りを楽しめているという気持ちが伝わるようにしておくと相手にも負担がないと思います。

5. こんなやり取りは重荷

女性(綺・明45・両手頬あて)

時間が合わずにやり取りがなかなか進まなくてイライラしてしまうこともあると思います。 そういうときに相手を気遣ってばかりでは疲れてしまうという人もいるでしょう。 そういうときに、時間が取れたときに話そうとせずに相手の都合を無視してやり取りをしようと連投し続ける行為は、残念ながら好まれないどころか嫌がられます。

重いというよりもうざったく感じられてしまうこともあります。 「ねーねー」や「寝てるの」などを連投すると、それを後で見た彼氏は「寝てるから返信しないとわからないのか」と愛情は減っていくでしょう。

まとめ

話題を探すときに気をつけたい相手を気遣う気持ちについてまとめてみました。 話題がなければ無理にやり取りをしなくても良いと考える人もいます。 相手がそういう人だった場合、やはり気遣いに欠ける文章を送ることは嫌がらせと取られかねないので、相手の様子をうかがうような負担をかけていないか意識すると良いと思います。

彼氏と楽しいLINEでのやり取りに悩むことはありますか。 彼氏が素っ気ない返信しかしない人だと、たくさん送りたい彼女には寂しいことと思います。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク