恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180109142202.html
感情を表に出さない人の心理

感情を表に出さない人の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
感情を表に出さない人の心理

感情を表に出さない人は何を考えて言えるのかわからないため、周りからは少し嫌煙されることが多いと思います。 でも、実は感情を表に出さないのには何らかの理由があるようなのです。 そこで、今回はかんじょうを表に出さない人の心理についてご紹介しましょう。

  • 感情を表に出さない人は過去にコミュニケーションで失敗している
  • 感情を表に出せない人はもともと人見知理の性格が原因
  • 感情を表に出せないような環境で育った
  • 人に対しての警戒心が強い性格
  • あまりにも嫌悪感がありすぎて感情を表に出さない
  • 本当に病気などにより感情が表に出せない
  • 人との交流がなさ過ぎて感情が表に出せない
  • 感情を表に出せないのではなくあえて出さない
  • 感情を表に出すのが恥ずかしいと思っている
  • まとめ

1. 感情を表に出さない人は過去にコミュニケーションで失敗している

感情を表に出さない人は過去にコミュニケーションで失敗している

感情を表に出さない人は、本当は昔は感情を出すのが上手かったのかもしれません。 例えば、過去に人とのコミュニケーションで失敗してしまっていたりして、人との接触の仕方が分からなくなっていることもあるのです。

自分が感情を表に出すことでまたあの嫌な記憶を思い出してしますかも… というトラウマになってしまっていることも多いため、そうなると、人とのコミュニケーションのとりかたを失敗した根本的な原因を取り除く必要があるのです。 元のように、自分の感情を素直に出せる環境作りをする事が解決になるのです。

2. 感情を表に出せない人はもともと人見知理の性格が原因

感情を表に出せない人はもともと人見知理の性格が原因

感情を表に出せない人は性格的なことが原因のことがあります。 例えば、もともと人見知りだったり初めて会う人に対しては恥ずかしい気持ちがあったりすることがあります。

そんな人は、感情を表に出すことはなかなか難しく人見知りや、恥ずかしがり屋の性格を少しでも改善するよう努力しなくてはいけません。 治そうとするとよけい緊張してしまい感情を表に表せなくなることもあるので焦りは禁物なのです。

3. 感情を表に出せないような環境で育った

感情を表に出せないような環境で育った

感情を表に出せない人は、育った環境も影響していることが多いといわれています。 例えば、子供の頃厳格すぎる過程で育ったため、感情を形成される時期にきちんと感情表現するという事ができなかったことも理由のひとつでしょう。

また、家庭環境が悪く育児放棄や暴力など精神的や肉体的な抑圧をされてしまい感情を上手く外に出すことができなかったためだともいわれています。

4. 人に対しての警戒心が強い性格

人に対しての警戒心が強い性格

こちらも性格的なことが原因で、感情を表に出せない人もいるのです。 人に対しての警戒心が強くあまり人のことを信用しないような性格の人も感情を表には出さないことが多いようです。

「自分が言ったことが誰かに伝わったらどうしよう」「自分が何か思われたらどうしよう」などと、自分の言葉や言動によって誰かに何かを言われたら困るという警戒心が強すぎるため、自分の感情を心の底に閉じ込めてしまうのです。

5. あまりにも嫌悪感がありすぎて感情を表に出さない

あまりにも嫌悪感がありすぎて感情を表に出さない

その人のことがあまりにも嫌だったり、その人にたいして嫌悪感が強すぎることで、その場ではあえて感情を表にださないこともあります。

腹が立つ、ムカつく、イライラするなど、嫌いの感情を通り越してしまうとかえって感情を表に出さなくなり、冷酷な態度をとってしまうこともあります。 その人の存在すら感じず、空気のような扱いをするため感情を表に出さずに無表情になってしまうのです。

6. 本当に病気などにより感情が表に出せない

本当に病気などにより感情が表に出せない

自分では感情表現をしているつもりでも、辛すぎたり、疲れすぎて上手く笑えなかったり、泣くことも、怒ることもできなくなることがあります。

これは、ストレスによる精神疾患が原因だったりすることがあるため、自分では気がつかないことが多いのです。 最近、周りにいる人で上手く感情が表に出せないような人がいたら、心の病気にかかっている可能性がありますので注意が必要です。

7. 人との交流がなさ過ぎて感情が表に出せない

人との交流がなさ過ぎて感情が表に出せない

人との交流は人に、笑いや、喜び、悲しみなどの感情を与えることがあります。 でも、何らかのことが原因で人との交流する機会を失い引きこもりなどの生活を続けているような人は、感情を表に出すことを忘れてしまいます。

一人でいることに慣れているため、人に対して色んな感情をいだくことすら忘れてしまっていることが多くなっているのです。 また、長い間山や田舎などで、人との関りが少ないような環境で暮していると感情を表に出すことができなくなるともいわれています。

8. 感情を表に出せないのではなくあえて出さない

感情を表に出せないのではなくあえて出さない

感情を表に出さないのではなく、あえて出さない人もいます。 カッコいい男性を装いたかったり、シブいい男と思われたかったりなど、女性にモテるために普段は感情を表に出すことが多いのに、カッコつけるため感情を表にださないのです.

9. 感情を表に出すのが恥ずかしいと思っている

感情を表に出すのが恥ずかしいと思っている

こちらも、性格的なもので感情を表に出すこと自体が恥ずかしいことだと思っている場合です。 人に自分の感情を見せるのはいけないことだと自分で強く思っていたり、それ自体を自分の美学だと思っているような人も感情は決して表に出したりしません。 腹が立っても、イライラしてもいつも平常心でいようとします。

まとめ

いかがでしたか?感情を表に出さない人の心理についてご紹介しました。 感情を表に出さない人は良くその人と関ることでその理由がわかることがあるんですよね。 仲良くなりたいのなら、感情を表に出さない人とじっくり話し合うのも良いかもしれませんよね。

感情を表に出さない人は何を考えて言えるのかわからないため、周りからは少し嫌煙されることが多いと思います。 でも、実は感情を表に出さないのには何らかの理由があるようなのです。 そこで、今回はかんじょうを表に出さない人の心理についてご紹介しましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!