恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180108151323.html
他人を馬鹿にする人の8つの心理

他人を馬鹿にする人の8つの心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
他人を馬鹿にする人の8つの心理

仕事でもプライベートでも他人を馬鹿にする人を見かける事がありますが、実際にどのような心理状態になっているのか見ていく事にしましょう。

  • 自信がないのを隠したい
  • 優れている人に負けたくない
  • 他人からの評価を気になる
  • 優位な立場でいたい
  • 目立ちたい
  • 異性のモテたい
  • 構ってほしい
  • ストレスを発散したい
  • まとめ

1. 自信がないのを隠したい

自信がないのを隠したい

自分に自信があって他人より優れているので馬鹿にしてしまうと思ってしまう事が多いですが、実は自信がないのです。 自信がない人は自分の優れている部分をアピールする事が出来ないので他人を馬鹿にする事で突き落とそうとしてしまいます。

それで自信がない事を隠して優れている人間だと周囲に思わせようという心理が働いてしまいます。 自信がない人ほど他人を馬鹿にする傾向があるので覚えておくといいでしょう。

2. 優れている人に負けたくない

優れている人に負けたくない

他人の方が優れている場合は素直に認めてあげられるのがしっかりとした大人です。 しかしプライドが高い人は他人の方が優れていても素直に認める事が出来ません。

他人の方が優れている事が分かるとすごくライバル視をして些細な事でも競争したりしてしまいます。 それで粗探しをしたりして見つけたらすぐに馬鹿にしてしまう事が多いです。 プライドが高い人ほど負けたくないという気持ちが強くなり他人を馬鹿にする傾向があるので覚えておくといいでしょう。

3. 他人からの評価を気になる

他人からの評価を気になる

職場などで仕事が出来る人は自然と他人からの評価も良くなります。 それで他人からの評価をあまり気にしない人は自分が良い評価を得られなくてもあまり動じる事はありません。

ところが他人の評価を気にする人は自分以外の人が良い評価を得ていると劣等感が出てきてしまいます。 それで少しでも評価を落とそうと考えて良い評価を得ている人を馬鹿にしていきます。 他人からの評価を気にする人ほど他人を馬鹿にする傾向があるので覚えておくといいでしょう。

4. 優位な立場でいたい

優位な立場でいたい

職場では上司や部下などいろいろな立場で仕事をする事になります。 それで上司の方が部下より優位な立場で仕事を行う事が多いです。 しかし優秀な部下が現れて上司より仕事が出来てしまうケースも少なからずあります。

それで部下が上司より優位な立場で仕事を行うようになってしまいます。 このような時に素直に部下の実力を認めてあげれば問題ありませんが、優位な立場で仕事をしたいと考えている人は部下を馬鹿にしてしまう事があります。 優位な立場でいたいと考えている人は他人を馬鹿にする傾向があるので覚えておくといいでしょう。

5. 目立ちたい

目立ちたい

仕事やプライベートで集団行動をする時に目立つ人と目立たない人が出てきてしまいます。 明るくて面白い会話をしてくれたりすると周囲の人からも一目置かれるようになるので目立つ事が多いです。

それで目立たない人は目立つ人に場の雰囲気を盛り上げてほしいと思うようになります。 しかし目立たない人の中に本当は自分が目立ちたいと思っている人もいます。 そのような時は目立つ人を馬鹿にして攻撃をする事があります。 それで自分が目立つように作り上げようとします。 目立ちたいと考えている人は他人を馬鹿にする傾向があるので覚えておくといいでしょう。

6. 異性のモテたい

異性のモテたい

同性の人だけでなく異性の人がいると誰でも良い部分を見せたいと思ってしまいます。 それで優秀な人は異性に対してしっかりとした対応をする事が出来るのでモテる事も多くなります。

しかしあまり優秀ではない人は異性に対しての対応もあまり上手に出来ないのでモテない事が多いです。 それで異性のモテたいという気持ちが強くなり他人を馬鹿にして自分の方が優秀である事を異性にアピールしようとする事もあります。 異性のモテたいために他人を馬鹿にする人もいるので覚えておくといいでしょう。

7. 構ってほしい

構ってほしい

ここ数年で一人で楽しめる娯楽が増えてきているので一人の時間を大切にする人も出てきています。 それで集団行動をする人が少なくなってきていますが、寂しがり屋だと一人でいるのが寂しく感じてしまうようになります。

それで他の人から構ってもらえなくなると寂しいという気持ちが強くなり他人を馬鹿にしてアピールしてくる事があります。 構ってほしいという気持ちから他人を馬鹿にする人もいるので覚えておくといいでしょう。

8. ストレスを発散したい

ストレスを発散したい

仕事や人間関係などでストレスを溜めてしまう人が増えてきています。 ストレスが溜まった時は基本的に自分の趣味などをして発散させる事が多いです。

しかし日常生活が州事だけで趣味などがほとんどない人はストレスを発散する事が出来ません。 それで他人を馬鹿にする事でストレスを発散するようになってしまいます。 趣味がほとんどない人はストレスを発散するために他人を馬鹿にする事があるので覚えておくといいでしょう。

まとめ

他人を馬鹿にする人はこのようにいろいろな心理状態になっています。 一つでも該当していると馬鹿にされてしまう可能性があるので注意が必要です。 他の人と会話をしている時にこのような心理状態になっていると感じたらすぐに会話をするのを止めてなるべく距離を置くようにしましょう。

仕事でもプライベートでも他人を馬鹿にする人を見かける事がありますが、実際にどのような心理状態になっているのか見ていく事にしましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!