恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171105131303.html
頭の悪い旦那の6つの特徴

頭の悪い旦那の6つの特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
頭の悪い旦那の6つの特徴

頭の悪い旦那の特徴をまとめました。

  • 基礎知識がない
  • ニュースを観ない
  • 新聞を読まない
  • 本を読まない
  • 趣味がない
  • 話を聞かない
  • まとめ

1. 基礎知識がない

基礎知識がない

学生時代になにも勉強をしてこなかったタイプの男性は、基礎知識が足りません。 例えば日本史や世界史などの基礎知識が足りないため、「平安時代」が西暦何年ごろのことか、「関ヶ原の戦い」が西暦何年頃、どのような目的の戦いだったかもしりません。

普通に会話をしていても、ベースとなる基礎知識がないと楽しめません。 テレビの大河ドラマを観ていても、その時代の基礎知識がなければ、ドラマを楽しむことができないでしょう。 また「福井県」が日本のどこにあるのか、「佐賀県」が日本のどこにあるのかを知らないなど、地理系の知識にも不安が大きい男性がいます。

このタイプの旦那と結婚をすると、旅行の計画を立てるのも一苦労でしょう。 また旅番組を見ていても、情報をきちんと把握することができないでしょう。 何をする時も少し旦那にイライラしてしまう原因になってしまいそうです。

2. ニュースを観ない

ニュースを観ない

仕事から家に帰ってくると、大人の男性はテレビのニュースを観る時間を作ります。 夜9時のニュース、10時のニュースなどの中で、自分好みのニュース番組を持っていて、必ずチェックするようにします。 仕事をするためには、現在どのような出来事が起こっているかしることが大切です。

ニュースを観ていると、世の中の流れが分かりますし、トークの材料を仕入れることもできます。 仕事ができる男性や、頭の良い男性のほとんどが、自分のお気に入りのニュース番組を定点観測しています。 頭の悪い旦那の場合、スポーツニュースやドラマやバラエティ番組ばかり観て、ニュース番組が始まるとチャンネルを変えてしまうでしょう。 そんな旦那を持った場合は「仕事がちゃんとできてるかな」と心配になるかもしれません。

3. 新聞を読まない

新聞を読まない

新聞を読む習慣がない男性も頭が悪い可能性があります。 大人の男性は新聞を読んで、世の中で起きたことを把握しようとするからです。 新聞各紙には、その新聞社の考え方があります。 政府寄り、左寄りなど、新聞によってクセがあります。 大人の男性はそのようなことを知った上で、公平な目線を持ちながら新聞を読みます。

政府寄りの新聞を読む時は、やや政府に良い風に記事を書いているだろうという前提で読んでいるということです。 普段新聞を読まない男性は、大きな事件が起きた時に急に新聞を読むことになり、新聞社の意向をそのまま「事実」と受け取ってしまいます。 結果的に頭が悪い印象になってしまいます。 頭の良い旦那になってもらいたいなら、新聞を定期的に読む習慣をつけさせると良いでしょう。

4. 本を読まない

本を読まない

読書の習慣がない旦那も、頭が悪い可能性があります。 本には人間の知恵や、歴史、基礎的な知識などすべてが詰まっていると言っても良い、人生を送るために欠かせないものです。 本を読まない男性は、それまでの人類の英知を知る機会を逃しているもったいない人です。

仕事を成功させるために知恵も、開業して経営者になるための知恵も、出世するための知恵も、より良く生きるための知恵も、本の中にあります。 旦那が仕事をバリバリこなしていくためには本を読む必要があります。 本を読む習慣がないと、資格取得のための勉強をすることもできません。 本を読むことが、すべての勉強の基礎だからです。 付き合っている男性が本を読んでいる様子がない時は、頭が悪い可能性が高そうです。

5. 趣味がない

趣味がない

何も趣味を持っていない男性も、頭が悪い可能性があります。 趣味を持つということは、何かに強い興味を持ち、その興味をのばして行くための努力を続けることになります。 例えばゴルフを趣味にした場合、スイングの仕方を学ぶために、ゴルフ雑誌を読んだり、プロの試合を観たりして研究します。

仕事の合間を縫ってゴルフ練習場でスイングを繰り返し、スキルを上げていきます。 ゴルフ場で緊張せずにプレーするためのリラックス法を学び、同行するプレーヤーと楽しい時間を過ごすための社交術も身につけます。

ひとつの趣味を持つということは、自分自身を高める、とても知的な行動をしていることと言えます。 趣味がない人は、何かを好きになったり、研究をしたり、地道な努力をする習慣がない人かもしれません。 頭の悪さにつながる可能性があり心配です。

6. 話を聞かない

話を聞かない

人の話を聞かない男性は頭の悪い男性です。 コミュニケーションスキルが低く、そのままでは仕事で成功することができないでしょう。 旦那と話をしていて、的を射た返事がないと感じる時があるでしょう。 全然自分の話を聞かない旦那は、的確な返事ができません。 会社の同僚や取引先の人も同じようにイライラすることが多いでしょう。

まとめ

学生時代に普通に勉強をしていて、現在もニュースを観たり、新聞を見たり、本を読んだりしていれば、極端に頭が悪い人になることはありません。 頭が悪い旦那だと思う時は、このような当たり前のことをしていない可能性があります。 特に読書の習慣があるかどうかは、結婚をする前に把握しておきたいところです。

頭の悪い旦那の特徴をまとめました。


基礎知識がない

学生時代になにも勉強をしてこなかったタイプの男性は、基礎知識が足りません。 例えば日本史や世界史などの基礎知識が足りないため、「平安時代」が西暦何年ごろのことか、「関ヶ原の戦い」が西暦何年頃、どのような目的の戦いだったかもしりません。

普通に会話をしていても、ベースとなる基礎知識がないと楽しめません。 テレビの大河ドラマを観ていても、その時代の基礎知識がなければ、ドラマを楽しむことができないでしょう。 また「福井県」が日本のどこにあるのか、「佐賀県」が日本のどこにあるのかを知らないなど、地理系の知識にも不安が大きい男性がいます。

このタイプの旦那と結婚をすると、旅行の計画を立てるのも一苦労でしょう。 また旅番組を見ていても、情報をきちんと把握することができないでしょう。 何をする時も少し旦那にイライラしてしまう原因になってしまいそうです。

ニュースを観ない

仕事から家に帰ってくると、大人の男性はテレビのニュースを観る時間を作ります。 夜9時のニュース、10時のニュースなどの中で、自分好みのニュース番組を持っていて、必ずチェックするようにします。 仕事をするためには、現在どのような出来事が起こっているかしることが大切です。

ニュースを観ていると、世の中の流れが分かりますし、トークの材料を仕入れることもできます。 仕事ができる男性や、頭の良い男性のほとんどが、自分のお気に入りのニュース番組を定点観測しています。 頭の悪い旦那の場合、スポーツニュースやドラマやバラエティ番組ばかり観て、ニュース番組が始まるとチャンネルを変えてしまうでしょう。 そんな旦那を持った場合は「仕事がちゃんとできてるかな」と心配になるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!