恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170731130508.html
奥さんを愛している旦那の行動やサイン

奥さんを愛している旦那の行動やサイン | 恋のミカタ

恋のミカタ
奥さんを愛している旦那の行動やサイン

不倫や浮気がピックアップされる現在、純粋に奥さんを愛せる男性は少ないものです。 奥さんを本気で愛している男性がみせる行動をあつめてみました。

  • 帰宅時間をメールする
  • 記念日に花束をプレゼントする
  • 自治会の会合に、マメに出席する
  • 家事をすすんでする
  • 子育てに協力的、子どもと公園に行く
  • 飲み会の2次会に出席しない
  • 何回もLINEする
  • テレビの主導権は奥さまに渡す
  • よく妻のためにスイーツをお土産にする
  • 仕事より家庭をとる

1. 帰宅時間をメールする

帰宅時間をメールする

奥さんを愛している旦那さんは、自身の帰宅時間を欠かさずメールします。 飲み会や電車の遅延で帰りが遅くなりそうなときも、奥さんのスマホ宛てに連絡します。 何も連絡しないまま帰宅時間が遅くなると「事故に巻き込まれたのではないかしら」「トラブルに遭ったのではないかしら」と奥さんを不安にさせます。 パートナーの気持ちを汲んでいるからこそ、紳士な態度がとれるのです。

2. 記念日に花束をプレゼントする

記念日に花束をプレゼントする

奥さんを恋人のように大切にしている旦那さんは、結婚記念日やお付き合い記念日・バースデーなど特別な日に、奥さんが喜ぶ花束や真っ赤なバラの花束を買って帰ります。 昔から男性が女性に贈る代名詞が「バラの花束」です。 甘酸っぱいバラの花束を贈ることで、恋人時代のスイートな思い出にひたることができます。

3. 自治会の会合に、マメに出席する

自治会の会合に、マメに出席する

愛妻家の旦那さまは、奥さまのサポート役になろうと一生懸命毎日を送ります。 一見面倒に思えがちな自治会や町内会の活動にも「奥さんの助けになろう」と精力的にがんばります。 自治会の会合や町内会の掃除・ボランティア活動にも、積極的に顔をだします。 人あたりがとても良いため、人間関係も良好にすすみます。 「マメで、いいご主人ね」と周囲の奥さまの評価も上々です。

4. 家事をすすんでする

家事をすすんでする

奥さまを大切にしている男性は、掃除や洗濯・ゴミ出し・皿洗いなど家の中の家事を小まめに手伝います。 共働きをしていても奥さんの負担を減らそうと、積極的に家の中の仕事をおこないます。

休みの日も協力的

休みの日も起きたあとは、ベランダの掃除・窓ガラス拭き・車のワックスがけなど、休み暇なく働きます。 働きアリのようにクルクル良く働くため「休日くらい、ゆっくりしていれば」と奥さんにたしなめられることもあります。

5. 子育てに協力的、子どもと公園に行く

子育てに協力的、子どもと公園に行く

家庭を大事にする旦那さんは、子育てにも寛容です。 奥さんが家事や子育てに追われテンパっている様子をみると「僕が何とかしなくては」と人一倍責任感を燃やします。

奥さんが美容院やショッピングに行く間、子どもと公園に行って遊ぶ・ボール蹴りをする・留守番をするなど、子育てを肩代わりします。 子どもと遊ぶのが得意なタイプが多いため「子煩悩なパパ」と周囲の方からも一目置かれます。

6. 飲み会の2次会に出席しない

飲み会の2次会に出席しない

奥さんを愛するがゆえに、愛妻家の旦那さまの帰宅時間はとても早いです。 断れない飲み会が発生したときも、2次会や3次会は大人な態度で断り、終電前に家路につきます。

2次会や3次会に付き合ってしまうと、夜のお店に行かなければならないこともあります。 そうした悪い誘惑を断ちきるためにも、愛妻家のご主人は1次会のみ出席して自宅に戻るのです。 2次会を断るキッパリした態度は潔いものの、空気が読めず上司や部下との関係に一石を与えてしまうこともあります。

7. 何回もLINEする

何回もLINEする

満員電車に揺られているとき、オフィスの移動中、ランチタイム。 24時間いつでも時間が空いたとき、マメな旦那さんは奥さまに愛のLINEを送ります。 1日のLINE数が20や30を超えるときもあり、奥さんが対応に疲れきり、既読スルーすることもあります。 1日に何回も連絡を取るのは、それだけ奥さんの顔が頭に浮かぶ証拠。 奥さんを愛する気持ちが突っ走るままに、仕事中も上の空なことがあります。

8. テレビの主導権は奥さまに渡す

テレビの主導権は奥さまに渡す

愛妻家のご主人は、常に「奥さんが居心地よいか」を基準にモノを考えます。 奥さんの顔色をうかがいながら生活しているため、リビングでテレビを見ているときも「奥さんの見たいチャンネル」を優先させます。

たとえご主人がサッカー中継を見たいと思っていても、奥さんがバラエティ番組やドラマが良ければ、そちらにチャンネルを回します。 唯一くつろげるのは、奥さんが仕事でいない昼間や、深夜1人っきりになるタイミング。 愛妻家と恐妻家は実に紙一重なのです。

9. よく妻のためにスイーツをお土産にする

よく妻のためにスイーツをお土産にする

女性の気持ちがよく分かっている旦那さまは、帰宅時間が遅いとき・奥さんを喜ばせたいときなど、話題のスイーツをお土産に持って帰ります。 チョコレートやケーキ・シュークリームなど、甘いものをいただくと気持ちがハッピーになることを知っているのです。

かゆい所に手が届く旦那さまは、女子受けもバツグン。 奥さまのお友だちともスンナリ打ち解け、積極的なコミュニケーションを取ることができます。

10. 仕事より家庭をとる

奥さんを大事する旦那さまは、仕事をがんばることより家庭生活を充実させることに重きをおきます。 育休を積極的にとり、赤ちゃんの夜泣きやオムツ替え・検診も、苦労しながらマジメに取り組みます。 奥さんの子育ての辛さがよく分かるようになり、さらに優しい旦那さまになります。

子どもが大きくなった後も、PTAの行事に小まめに顔を出し、子育てに積極的にかかわる男性が多いようです。 愛妻家にイクメンが多いのも、家族に対する愛情が深いからだと思います。 旦那さん本人が幼少期にたっぷりの愛を受け取って育っていることが多いため、愛情あふれた豊かな家庭を築けるようになります。

不倫や浮気がピックアップされる現在、純粋に奥さんを愛せる男性は少ないものです。 奥さんを本気で愛している男性がみせる行動をあつめてみました。


帰宅時間をメールする

奥さんを愛している旦那さんは、自身の帰宅時間を欠かさずメールします。 飲み会や電車の遅延で帰りが遅くなりそうなときも、奥さんのスマホ宛てに連絡します。 何も連絡しないまま帰宅時間が遅くなると「事故に巻き込まれたのではないかしら」「トラブルに遭ったのではないかしら」と奥さんを不安にさせます。 パートナーの気持ちを汲んでいるからこそ、紳士な態度がとれるのです。

記念日に花束をプレゼントする

奥さんを恋人のように大切にしている旦那さんは、結婚記念日やお付き合い記念日・バースデーなど特別な日に、奥さんが喜ぶ花束や真っ赤なバラの花束を買って帰ります。 昔から男性が女性に贈る代名詞が「バラの花束」です。 甘酸っぱいバラの花束を贈ることで、恋人時代のスイートな思い出にひたることができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!