恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

妻が大好きすぎる夫の特徴

妻が大好きすぎる夫の特徴

恋のミカタ
妻が大好きすぎる夫の特徴

妻のことが好きすぎる旦那の理由って人によって様々です。 今回は妻を愛してやまない、そんな旦那の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

  • 仕事から帰る前に家にいるか電話
  • 連絡しても繋がらないと不安に駆られる
  • 姿が見えないと不安で仕方ない
  • 何でも美味しいと言ってしまう
  • 褒めて褒めて褒めちぎる
  • 寝息が気になるから確認してしまう
  • スキンシップが激しい
  • 心配ばかりする
  • 独占欲が強すぎる
  • 妻が好きな物ならとにかく何でも好き
  • 受信メールやラインは妻か営業
  • 服は妻の好みのものばかり
  • 休日はいつも妻と一緒に行動したがる
  • 妻の一挙手一投足に右往左往
  • 妻と同じ趣味を持ちたがる
  • 記念日は忘れない
  • 妻のちょっとした変化にも敏感
  • 休日には簡単な料理を作ってくれる
  • 最後に

仕事から帰る前に家にいるか電話

電話したい
  • 「私も仕事から終わったらすぐ電話してしまいます。」(28歳/会社経営/専門職)
  • 「妻の声が速く聞きたくて電話します。」(25歳/営業)
  • 「付き合った当初と電話の数は変わりません。」(28歳/営業)

少しでも早く声を聞きたいので仕事が終わればすぐに帰るコールします。

もしも仕事から帰って妻が家に居なかったら寂しいので、妻の帰りが遅いようならばもう少し残業しようかな?とか、帰宅途中で待ち合わせて夕飯を食べて帰ろうかな?なんてついつい考えてしまいます。

帰ってからはまるで子供のようにベッタリと妻の側から離れず、しかも今日一日のできごとを嬉しそうに話しかけるのも特徴として挙げられます。

連絡しても繋がらないと不安に駆られる

男性(悩み2)
  • 「事故にあってしまったのかな?と心配になります。」(27歳/建築関係/自営業)
  • 「電源が切れている時も心配になります。」(28歳/リサイクル関係/会社員)

妻が大好きな旦那は妻の行動が不安なものです。 いつも連絡をしてすぐに出るはずの妻が、出なければそれだけでアタフタして頭の中がパニック状態になってしまいます。

普通に考えれば妻だって忙しい時もありますし毎回そう上手く連絡に出てくれることなどありません。

けれども旦那にしてみれば不安な気持ちしか持ち合わせておらず、それで結果的に何度も連絡してしまう事も多いです。

スポンサーリンク

姿が見えないと不安で仕方ない

男性(悩み4・モノクロ)
  • 「家の中にいても心配になります。」(35歳/会社員)
  • 「できるだけ同じ部屋にいたいです。」(30代/自営業)

別にどこかに出かけたわけでもないのに、ちょっと妻の姿が見えなくなっただけで心配してしまう旦那は妻が大好きです。

妻がちょっとでも見えなくなれば、どこに居るのとすぐに探し始めます。

ただ隣の部屋に居たとしても、トイレだとしても、姿さえ見えればそれで安心したかのようにホッとするわけです。

何でも美味しいと言ってしまう

男女(夫婦_調理)
  • 「好きな妻の料理はなんでもプラス評価で見てしまうことがあります。」(52歳/会社員)
  • 「妻の手料理がどんな外食よりも大好きです。」(32歳/会社員)

妻が作る料理はとにかく何でも美味しいと絶賛しますが、別に妻は料理人でもないし、むしろプロでもありません。

特にそれほど料理が得意でもない妻にしてみれば、いつも美味しいと言ってくれる旦那は嬉しいことは嬉しいのですが、時にはしっかりと味を確かめてダメなところはダメと言って欲しいでしょう。

ですがどんな料理も『美味しい』と励ましてくれると頑張ろうという糧にもなります。

スポンサーリンク

褒めて褒めて褒めちぎる

よし

妻のことがあまりにも好きすぎる旦那は妻が何をやっても褒めてきます。

料理はもちろんのこと、ちょっとした知識の事でも、とにかく妻の気持ちを少しでも良くすることをやめません。

妻にしたら何でも褒められる環境ですから少しは刺激も欲しくなるでしょう。

寝息が気になるから確認してしまう

男女(顔合わせ寝そべり)
  • 「これは少しやりすぎかと思います。」(50歳/会社員)

就寝すると物静かな空間へと変貌します。 聞こえてくるのは時計の針の音くらいでしょう。

そして妻の寝息が聞こえてくると旦那はどこかホッとされるでしょう。

しかし目が覚めたときに妻の寝息が全然聞こえてこなかったら心配になり、寝息を確認し始めます。

そして確認して聞こえれば安心したかのように眠ります。大好きな妻の寝顔を見て心から安心することができるのでしょう。

スポンサーリンク

スキンシップが激しい

妻が大好き

妻が好きすぎる旦那はやっぱり仕事に出かけるときだけでなく、とにかく出かけるときはキスをします。

これは就寝するときも同じことですが、妻が手の届く範囲に居ればすぐに髪の毛や頬などを触って撫でたり、ベタベタと近づいては首筋にキスをしたりします。

ちなみに愛情は唇、親愛は頬、首筋は執着なんて心理が働いていることを覚えておきましょう。

心配ばかりする

男性(悩み3・膝抱え)
  • 「妻が少しの体調不良やつわりでもすぐに病院に連れていきたいです。」(30代男性)

妻が好きすぎる旦那は心配性なところが見られます。

なので妻が少しでも機嫌が悪そうなら、たったそれだけで心配になり、特に健康上に何か問題が発生すると心配性の性格は絶好調になります。

顔色が少しでも変だったり、あまり食べなかったりすれば、心配のあまり色々と世話を焼いて周囲からは良い評価を得られやすいです。

けれども妻にしてみれば本当はそっとして欲しいのに、あれこれと言って来るので逆に安静にできなかったりすることもありますから、やはり度が過ぎると妻は大変な目に合うのかもしれません。

スポンサーリンク

独占欲が強すぎる

男性(ハグ・男性カメラ目線)
  • 「独占欲が強いのも妻を大好きすぎる旦那の特徴」(恋のミカタ編集部)

妻が好きすぎる旦那の傾向にはやはり独占欲が見られます。

もちろん誰でも自分の妻を誰かに取られるようなことは決して望みません。

もしパートなど男性が働いている環境にでも行ってしまったら、独占欲の強い旦那にしてみれば居ても立っても居られないことになるでしょう。

こうなると妻にしてみれば、息抜きもできないのでホトホト困り果ててしまうことでしょう。

妻が好きな物ならとにかく何でも好き

男性(綺・座・明)
  • 「妻が好きなブランドは自分も好きになってしまうことが多いです。」(20代男性)

妻だけではなく、妻に関することはすべて好きというのも妻の好きすぎる旦那の特徴として挙げられます。

なので妻の好きな服はもちろんのこと、妻の思い出や大事な物まで、すべてにおいて愛してくれます。

ですから妻の家族も同じように大切にしてくれる傾向もありますが、ただ自分の家族になるといい加減なところが見られるようです。

このように妻を好きすぎる旦那は一見して病気のようにも見えますが、妻にしたら良いことばかりなのかもしれません。

スポンサーリンク

受信メールやラインは妻か営業

女性(スマホ・操作・顔隠れ)

着信履歴の次にチェックしたくなるのがメールフォルダーではないでしょうか? 電話のやり取りは無いとしても、メールをやり取りする女性がいるかもしれません。

ところが、受信フォルダー内のメールは妻からのメールか、登録してあるお店などからのダイレクトメールばかり。

色っぽい件名は全く見当たりません。

服は妻の好みのものばかり

男性(後ろ姿・座・黄昏れ)

自分のセンスに自信がないのか、妻の好みの男になりたいのか、夫の着る服はいつも妻が選んだものか、一緒に買いに行ったものばかり。

夫が自分で服を買ってくることなど結婚以来一度もありません。 そんなご夫婦もいらっしゃるのでは?これもまた、妻を愛する夫の特徴です。

大好きな妻の選んでくれた服を着ることで、妻との一体感を楽しんでいるのです。

スポンサーリンク

休日はいつも妻と一緒に行動したがる

男女(仲良16・ピースサイン)

たまの休みは一人でのんびりしたいと思う人も多いと思いますが、妻大好きな夫は違います。

コンビニへのちょっとした買い物でさえも妻と一緒に行きたがります。

普段仕事で一緒にいる時間が短いので、その分を休日に取り返そうと妻の隣から離れることがありません。

妻の一挙手一投足に右往左往

男女(仲良10・うつ伏せ)

妻の機嫌が悪いと、自分が何かしてしまったのでは?とついつい心配になってしまう可愛い夫。 妻だって人間ですから、虫の居所が悪いだけのときもあります。

でも、大好きな妻にはいつも笑っていて欲しいので、機嫌が悪いと気になって気になって仕方ありません。 遂には、自分が悪いことをしたのか?と心配になり、オロオロしてしまいます。

そんな夫の様子に、妻もいつの間にかほろっとしてしまい、機嫌が直ってしまうこともしばしば。

スポンサーリンク

妻と同じ趣味を持ちたがる

男女(PC調べる・明)

元々同じ趣味仲間として知り合ったというご夫婦もいらっしゃるでしょうが、全く別の趣味を持っているご夫婦も少なくありません。

しかし、妻大好きな夫は、妻の夢中になる世界を自分も知りたくなってしまい、後追いで同じ趣味を持つことが多いです。

妻としては「真似っこしないでよ!」と言いたくなることもありますが、親の真似をしたがる子供と同じと思って、温かく迎えてあげましょう。

また、夫婦で同じお稽古事を始めることも多いです。
この場合は二人とも初心者ですから、お互いに競争しながら上達出来て良いですね。

記念日は忘れない

男女(結婚・遠目全身)
  • 「記念日は一緒に祝いたいですね。」(恋のミカタ編集部)

結婚記念日やお誕生日など、記念日を忘れることは決してありません。

むしろ、何日も前から「今年は何をプレゼントしようかな?」と思いを膨らませて楽しみにしています。

当日はケーキとプレゼントを手に、いつもよりも早めに帰宅することもしばしば。
妻がダイエット中だということも忘れてケーキを買って帰り、怒られてしまったなんて失敗談もよく聞きます。

男性は記念日をあまり覚えていないのでよくケンカになるなどと言いますが、妻大好きな夫に限ってはその心配はありません。

むしろ、ケーキを見て「あれ?何かあったの?」と妻が聞き返し、がっかりしてしまう可能性の方が大きいです。

スポンサーリンク

妻のちょっとした変化にも敏感

男女(複数・飲み楽)

髪を切っても夫は気が付かないと不満に思う妻が多い中、妻大好きな夫はちょっとした変化にも敏感に気が付きます。

鈍感な夫が気付かない位、妻が少し髪を切っただけで「あれ?なんか雰囲気変わった?」と、いつもより熱い視線を送ってくること間違いなしです。

「髪切ったよ!」と妻が言えば「そうか~いいね!かわいいよ」と褒めてくれることでしょう。

妻が喜ぶ言葉を知っていて、褒めてくれるのも妻が大好きな夫の特徴です。

休日には簡単な料理を作ってくれる

料理(肉焼き・屋外)

最近は料理が趣味と言う男性も少なくないですが、まだまだ料理は無理!という男性も多く、休日の3食の用意は妻の頭を悩ますところです。

しかし、妻が大好きな夫は、出来ないながらも妻を喜ばせたい一心で簡単な料理を作ってくれます。

お蕎麦を茹でるだけ、といった料理とも言えないようなものでも、慣れない手つきでお鍋をかき回している姿は愛らしいものです。

スポンサーリンク

最後に

風景(森林・桜・白)

以上、妻を大好きすぎる夫の特徴です。

妻を喜ばせたい、妻と一緒にいたい、妻しか見えない、という夫の気持ちが見て取れますよね。

妻を大好きな夫の心はいつも妻で一杯なのです。

妻のことが好きすぎる旦那の理由って人によって様々です。 今回は妻を愛してやまない、そんな旦那の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク