恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171014171010.html
彼氏が未読無視!未読無視は別れのサインではない理由11選

彼氏が未読無視!未読無視は別れのサインではない理由11選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
彼氏が未読無視!未読無視は別れのサインではない理由11選

彼氏が未読無視をしているからといって、それが別れのサインであるとは限りません。 その理由についてお伝えします。



  • 忙しいだけではないでしょうか?
  • 上司と話をしている場合も携帯が見にくい
  • クライアントとの接待の可能性は?
  • 携帯電話を置き忘れてしまった
  • マナーモードにしている
  • 疲れて眠っているだけの場合も
  • 真剣な相談に乗っている最中
  • 普段から細かいことを気にしない
  • 直接話したい
  • 会話が終了したと思っている
  • メールが苦手
  • まとめ

1. 忙しいだけではないでしょうか?

忙しいだけではないでしょうか?

彼氏が仕事やその他の活動で忙しくなると、メールのチェックをすることができないことがあります。 このような状況に陥ると、電話をしても出れないこともあります。 そのため連絡もつかない状況となり、彼女は心配になるかもしれません。

しかし忙しいという理由でメールのチェックができない男性は意外と多いものです。 そのため未読メールがあり、いつまでも既読にならないからといって彼氏から嫌われてしまったとか、彼氏が別れたいと思っているなどと容易に決めつける必要はないのです。 もちろん心配になる気持ちはわかりますが、彼氏の状況をもう少し考える必要があります。

2. 上司と話をしている場合も携帯が見にくい

上司と話をしている場合も携帯が見にくい

彼氏が上司と話をしていたり、上司と一緒に仕事をしているときなどは携帯電話を見ることはできないでしょう。 このように自分よりも権威のある人の前で個人的な用事のために携帯電話を見ることは失礼に値します。 そのため常識のある男性であるならそのようなことはしません。

もしこのような状況にあるときに彼女が彼氏にメールを送信しても、それが既読になることはありません。 場合によっては彼女が就寝してから既読になることもあるでしょう。 こうした状況を心配する女性もいますが、仕事をしている彼氏にはこうしたことが起こりうることを心得ておくべきです。

3. クライアントとの接待の可能性は?

クライアントとの接待の可能性は?

上記でも述べたように、使用のために携帯電話を見ることが失礼に値することがあります。 上司との会話や仕事といった状況の他にも、大切なクライアントとの接待という状況でも携帯電話を見ることはできません。

そのためクライアントと一緒にいるときに彼女がメールを送っても、すぐに既読にはなりません。 特に仕事が終わってからお酒を飲みに行くような状況では、帰りが深夜に及ぶこともあります。 このような場合は彼女が起きている時間帯にメールが既読になることはありません。

4. 携帯電話を置き忘れてしまった

携帯電話を置き忘れてしまった

携帯電話を持参せず、どこかに忘れてしまうことがあります。 このような場合は当然のことながら彼女からメールを受け取ってもそれを見ることができません。 1つ目の項目でも述べましたが忙しい生活を送っているとついうっかり家や職場に携帯電話を置き忘れてしまうことがあります。

彼氏は彼女の電話番号を携帯電話に登録しているものの、それを覚えているわけではありません。 そのため携帯電話をどこかに置き忘れてしまうと彼女と連絡が取れないという状況が起ってしまうのです。

5. マナーモードにしている

マナーモードにしている

携帯電話をマナーモードにしたままカバンに入れて置き、それを解除するのを忘れてしまうことがあります。 このような状況が起ると彼女からメールを受け取っても気づかないことがあります。 彼氏としてはマナーモードになっていることを忘れているために、「今日は誰からも連絡なこないな」と感じるでしょうが、マナーモードが解除されていないということは思いつかないことがあります。 ちょっとした勘違いが彼女からのメールの未読を生じさせることがあることも覚えておくべきです。

6. 疲れて眠っているだけの場合も

疲れて眠っているだけの場合も

彼氏がいつも同じリズムで生活しているとは限りません。 仕事が忙しくて疲れているときはいつもよりも早めに就寝することがあります。 そのため「この時間帯は仕事を終えてゆっくりしている」という確信のもとメールを送っても、それがいつまでも既読にならないこともあるのです。

そのため彼女はまず送信したメールがいつまで未読なのかをチェックし、次の日の朝に既読になっているのならば「前日には何かの理由があってメールをチェックする理由があったんだな」と彼氏の行動に理解を示すことができます。

7. 真剣な相談に乗っている最中

真剣な相談に乗っている最中

先にも少し触れましたが、携帯電話に目を通すことがその場の雰囲気を悪くすることがあります。 友人や同僚から真剣な相談を受けているときに携帯電話を見るならば、その友人は「この人は今自分が話していることを真剣に考えていないのではないか」と感じてしまうことがあります。

このような状況を回避するためにあえて話をしているときは携帯電話を見ないようにしている男性もいます。 こうした状況は普段から信頼されている男性に多く見られるために、彼氏が周りの人から信頼されている場合はこのような状況を考慮することが必要です。

8. 普段から細かいことを気にしない

普段から細かいことを気にしない

普段から細かいことを気にしない男性がいます。 このような人は誰から送られたメールであっても目を通さないことがあります。 携帯のメール着信音が鳴っても「後でチェックすればいい」と感じるもののそのまま目を通すのを忘れてしまい、なかなか既読にならないのです。

このような性格の男性は彼女からのメールだけではなく、全てのメールに対して同じような対応をするために、彼女は心配する必要はありません。 しかしあまりに寂しい思いをするのであれば、その点をはっきりと伝えることができます。

9. 直接話したい

直接話したい

彼氏に大切なことをメールで連絡しようと考える女性がいます。 しかし男性の中には大切なことは直接会って話し合いたいと感じる人もいます。 このような場合、メールの題名を見るだけでその内容をチェックしない人がいます。

しかし彼女としては「それは大切な話なので、直接会って話そう」という連絡くらいくれてもいいのではないかと感じることがあるかもしれません。 そのように感じる場合ははっきりと彼氏にその点を伝えることができます。

10. 会話が終了したと思っている

会話が終了したと思っている

これまで彼氏と楽しくメールでやり取りをしていたのに、突然既読にならなくなったという状況が生じるかもしれません。 このような場合、彼女は彼氏を怒らせてしまったのではないかと感じ、心配することがあるかもしれません。 しかし彼氏の中にはもう会話が終了し、返信する必要がないと思い込んでいる場合があります。

そのため彼女の送ったメールを見ることなく、そのままにしていることがあるのです。 このような場合、数時間後にいきなり既読になることがあります。 そのため寝る前などにもう一度彼氏に送ったメールが既読になったかどうかを確かめることができます。

11. メールが苦手

メールが苦手

意外なことかもしれませんが、メールで文章を送ることが苦手であるという男性はたくさんいます。 もともと口下手な人などは特にそのような傾向にあるために、彼女から来たメールに上手に対処することができません。 そのため恥ずかしいという思いが先行してしまい、ついつい既読せずにメールを無視してしまうことがあるのです。

このような場合は彼氏としっかりと話し合い、他の連絡方法を考慮するべきです。 中にはスタンプのみで会話する方法を取っているカップルもいますので、照れくささが壁となっている彼氏はスタンプで自分の気持ちを表現することもできます。

まとめ

彼氏に送ったメールがなかなか既読にならないと、彼女は心配になるものです。 そのような気持ちはよく理解できます。 しかし彼氏にも様々な事情があり、彼女から送られたメールをすぐにチェックすることができない場合もあります。

そのため女性はこの点をしっかりと理解するべきです。 このようなことを思いに留めておけば、メールが既読にならないからといって自分が嫌われているわけではないことを理解することができます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!