恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171014144439.html
ぬいぐるみと寝る男の心理

ぬいぐるみと寝る男の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ぬいぐるみと寝る男の心理

ぬいぐるみと寝ている女性は少なくないですが、男性でもそのような行動を取る心理について挙げていきます。



  • 人肌恋しい気持ち
  • 幼い頃の記憶を引きずる
  • 甘えたい気持ち
  • 単純にぬいぐるみが好き
  • 父性愛を捧げる相性
  • ストレス発散
  • インスタ映えを狙って
  • 支配欲を満たしてくれる
  • 家に呼ぶ女性を緊張させないため
  • 寂しそうに見えるぬいぐるみをほっとけない
  • まとめ

1. 人肌恋しい気持ち

人肌恋しい気持ち

ふわふわの柔らかい質感で、触れただけで癒してくれるぬいぐるみは、人肌恋しい気持ちを埋めてくれる効果があります。 同じおもちゃの人形でも、質感の固いフィギュアと一緒に寝る人はあまりいないことから考えてみても、ぬいぐるみはその感触にこそ、必要不可欠な魅力があります。

同棲していた彼女と別れてしまった傷心を癒すために、リハビリとして一緒に寝るようになったぬいぐるみは、自分が元気になったからといって捨てるはずもなく、その寝心地の良さにハマり、それ以後も定着するようになるわけです。

2. 幼い頃の記憶を引きずる

幼い頃の記憶を引きずる

子供時代は性別に関わらず、ぬいぐるみを買い与えられるものですが、親から買い与えられたぬいぐるみを今でも大切にとってあったり、その頃の感覚が忘れられない男性は、大人になってからもぬいぐるみと寝ることを続行することになります。

誰に迷惑をかけるわけではないので、特にそれを問題視することもなく、ごく自然なこととして自分の安らかな眠りのためにそれを行います。 部屋に彼女が泊まりに来る時だけ、それを隠す男性もいますが、同棲するほど親しくなると、それを暴露するケースもあります。

3. 甘えたい気持ち

甘えたい気持ち

基本的に甘えん坊な性格で、何かに依存しがちな男性は、それを叶えてくれる人間が見つからない時、ぬいぐるみにそれを託すことがあります。 この様な男性は、寝る時だけでなく、小さなぬいぐるみを買って胸ポケットなどに入れ、職場などにも持参することで、何かに甘えたい気持ちを満たしています。

このタイプの男性は、ぬいぐるみの質感自体を重要視しているわけではなく、ある種の偶像としてお守りのようにすがっているので、枕元に置いて話しかけることで安心するならば、質感の冷たいレザーの熊のぬいぐるみなども愛用します。

4. 単純にぬいぐるみが好き

単純にぬいぐるみが好き

何かの代表として用いているわけではなく、単純にぬいぐるみ自体が好きな男性もいます。 ぬいぐるみが好きだからぬいぐるみと寝るという、そこに心理的な暗喩などは何もなく、物質としての興味としてそれを楽しんでいます。

このような男性は、1つのぬいぐるみを大切に使い続けるということはなく、ローテーションでその日の気分で一緒に寝るぬいぐるみを変えることから考えても、ぬいぐるみとの精神的な繋がりは薄いことが伺えます。

5. 父性愛を捧げる相性

父性愛を捧げる相性

男性も30歳を超えてくると、友達に子供が生まれることも増えてきて、仲睦まじい親子の姿を目撃する機会が多くなります。 その光景に煽られるように、父親として子供を可愛がりたい気持ちが芽生えることがあり、その感情を満たすための代用として、ぬいぐるみを寝かしつけるような感覚を楽しむ男性もいます。

小さな枕を用意してあげたり、布団をかけてあげるなど、父親ごっこを楽しむ目的で、ぬいぐるみと寝るわけです。

6. ストレス発散

ストレス発散

男性と一緒に寝ているぬいぐるみは、愛されているばかりではなく、ストレス発散のはけ口として、用いられている場合もあります。 さすがに露骨に殴ったりする人は滅多にいませんが、誰も聞いてくれない会社の愚痴を延々と聞いてもらったり、 寝つきの悪い夜にいつでも相手してくれる対象として、ぬいぐるみを装備しておく男性がいます。 眠りにつく前にぬいぐるみを使ってスッキリすることで、寝付きやすくなる効果を狙っています。

7. インスタ映えを狙って

インスタ映えを狙って

インスタで自分のアイデンティティを作り上げている男性は、寝室のイメージもとても重要視しています。 例えば、普段はハードなイメージで売っている男性が、可愛らしいギャップとしてセンスの良い輸入物のぬいぐるみをまくらの傍に置いてみたり、弟キャラで女性から可愛いと言われたい願望を持っている男性が、カラフルな大量のぬいぐるみをベッド周りに飾ってみるなど、写真で撮った時のイメージを意識して、自分のキャラ作りとしてぬいぐるみと寝ている男性もいます。

8. 支配欲を満たしてくれる

支配欲を満たしてくれる

寂しい時は近くに引き寄せることができるし、邪魔な時はベットから追い出すこともできるぬいぐるみは、自分の思い通りに従順に動いてくれる対象として、支配欲のある男性に用いられることがあります。

基本的には女性をそのように調教しようとしますが、付き合っていた頃は従順だったはずの女性が、同棲した途端に思いのほか強いことが判明したりすると、ぬいぐるみで自分の支配欲を満たそうとします。

9. 家に呼ぶ女性を緊張させないため

家に呼ぶ女性を緊張させないため

男性によっては女性が来ることを想定した上で、ベッドにぬいぐるみを置いている男性もいます。 男性自身がぬいぐるみがないと眠れないわけではなく、ぬいぐるみは女性ウケが良いからという受動的な理由でそれを行う男性は、女性に対するサービス精神でぬいぐるみを置いています。

メインの理由はそこにありますが、ぬいぐるみが不快な人は滅多にいませんので、普段もベッドから排除することなく、一緒に寝ています。

10. 寂しそうに見えるぬいぐるみをほっとけない

寂しそうに見えるぬいぐるみをほっとけない

大量生産で理屈としてはどれも同じなはずでも、一つだけ妙に自分と目が合う様な気がして、この子は自分に連れて帰ってもらいたいんじゃないかという思い込みをする男性は、家にぬいぐるみが増えていくことになります。

リビングやソファーだけでなく、寝室にもコレクションの一部は招待され、まるで捨て猫を拾ったかのように可愛がりがります。 そのような男性は、自分が子供の頃にネグレクトされた記憶が残っている場合もあり、ぬいぐるみに幼い頃の自分を投影していることもあるので、嘲笑いの対象にはできない部分があります。

まとめ

ベッドにぬいぐるみを招き入れる男性について、様々な心理を挙げてみました。 字面だけを見てしまうと、男のくせに気持ち悪いなどと、セクハラ発言が気軽に飛び交いそうな無配慮な日本ですが、その内情を知れば、その多くは誰にも迷惑をかけずに自分の心の傷を癒しているに過ぎないことがわかります。

ここではセクハラ目線を排除し、悪意や嘲笑いが少なくなる世の中を祈りつつ、できるだけポジティブにまとめてみました。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!