恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171005132646.html
キスの仕方から読み取る男性の心理20選

キスの仕方から読み取る男性の心理20選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
キスの仕方から読み取る男性の心理20選

キスの仕方から読み取る男性の心理を20選まとめました。

  • 軽く唇が触れてすぐ離す
  • 強めに押し付ける
  • キスしても良いか先に聞く
  • 顎クイ
  • 舌を入れる
  • 舌を入れてと要求する
  • 頬やおでこを経由してから
  • 肩を抱き寄せて
  • 後ろから覗き込むように
  • 長く見つめ合ってから
  • おでこをくっつけてから
  • 手を引き寄せて
  • 唇を軽く噛む
  • 頭を撫でながら
  • 人がいる前で堂々と
  • ソフトだけど長い
  • ハードだけど短い
  • 上顎を舌で転がす
  • 唇を合わせて左右へ動かす
  • 途中で鼻や瞼にもキスをする
  • まとめ

男性から仕掛けてくるキスには、ソフトからハードまで、様々な動機と目的がありますので、挙げていきます。

1. 軽く唇が触れてすぐ離す

軽く唇が触れてすぐ離す

チュっと軽く触れる程度のキスは、軽い挨拶代わりのように使われることが多いです。 時間のない朝の玄関口や、デートの別れ際に今日一日の感謝や親愛をこめて、性的興奮とは別の次元で行われる爽やかなキスは、お互いの笑顔を誘います。

また、不意にファーストキスの機会が訪れたときも、いきなり舌を入れるようなキスはせず、相手への圧の少ないこのようなキスになります。

2. 強めに押し付ける

強めに押し付ける

唇が触れた後、ブチュっと押し付けるようなキスは、もう既にお互いが親密な関係になれた確信があり、自分が受け入れられてる自信の表れでもあります。

心の中では、押し付ける強さで、自分はこのくらい好きだよとアピールしていたり、もっと自分のことを好きになって、と懇願する意味を持ち、軽いキスだけでは抑えられない愛情の表れと言えます。

3. キスしても良いか先に聞く

キスしても良いか先に聞く

お互いの距離感が掴めていないときや、公共の場でも構わないかを尋ねる場合など、エクスキューズを入れてからのキスは、人によって相反する二通りの心理が働いています。

一つは、自信がなくていきなり顔を近づける勇気がないときで、もう一つは、もうOKして貰えるのがわかっている状態で、じらすように、または相手が答えに困惑する顔が見たくて、悪戯な質問をしています。

4. 顎クイ

顎クイ

シャイな女性が、男性の顔が近づいてくるとわかっているのに恥ずかしさから顔を下げてしまうときは、真正面からお互いの愛を感じながらキスをしようという意味で顔を上げさせますし、彼氏に謝罪をして合わせる顔が無いとばかりに下げた顔を上げてキスするときは、もう怒ってないから顔を上げな、の意味で顎クイをします。

5. 舌を入れる

舌を入れる

男性から舌を入れるのは、自分のことを受け入れてくれてるよね?という意思表示であり、性的興奮の高まりを表現する行為でもあります。

このあと、さらに先へ進みたい願望があるんだけど、良いよね?という意思の確認をしている行為でもあるので、ここで女性もノリノリな反応で応えるかどうかで、男性はホテルに誘うか、意気消沈して帰るかが決まります。

6. 舌を入れてと要求する

舌を入れてと要求する

有名なロックバンドのデザインでも用いられる舌は、精神の解放を象徴する部位ですが、男性が女性に舌を入れることを要求するときは、理性的な印象を崩さない女性に対し、もっと自分を解放し、好きな相手にしか見せない本能むき出しの姿を見せて、という願いが込められています。

また、それを行ってもらうことで、自分と同じくらい相手も自分を欲していることを体感したいという欲求も満たすことができます。

7. 頬やおでこを経由してから

頬やおでこを経由してから

先に頬やおでこにキスをしてから唇へ向うキスは、性的な行為というより、親密さを主に表現する意図がありつつ、唇になかなか辿り着かず、焦らす効果も狙っています。

自分がいかに愛しているかを丁寧に皮膚感覚で覚えさせるかのように、唇が触れる圧力を繊細にコントロールし、顔全体を愛撫していくことで、自分は大事にされてるという印象を女性に抱いてほしいと願っています。

8. 肩を抱き寄せて

肩を抱き寄せて

ソファで寛いでいるときなど、隣り合う体勢から肩を抱き寄せて行うキスは、たまたま目に映った横顔に思わずキスをしたくなったときなど、衝動的な欲求で行われます。

もしくは、今日は絶対にキスをしてやると意気込んできたものの、口下手でそこに導くための言葉が上手く見つからず、このような態度で自分の気持ちを示すこともあります。

本で学んだような借り物の言葉を並べるよりも、本人のキャラクターによっては、よっぽど胸を打つキスへの導き方と言えます。

9. 後ろから覗き込むように

後ろから覗き込むように

後ろからぎゅっと抱いた状態から、頬への優しいキスで、今キスをしたい気持ちがあることを伝えつつ、女性が振り返ると同時にキスをするときは、密着度の高い状態で親密さを感じさせつつ、少しずつ性的な流れへと移行したい意思があるときに行われます。 背中越しに全身を包まれるような格好で行われるキスは、女性に安心感を与えつつ、興奮の世界へ誘います。

10. 長く見つめ合ってから

長く見つめ合ってから

長く見つめ合ってから行われるキスは、眼で様々な感情を高めてから、その気持ちの高まったところで行うキスの喜びを分かち合うために行います。

例えば、人生の節目となるような大切な記念日など、今までいろいろな事があったね、とこれまでの日々を回想するような会話があった後や、喧嘩の後に、言葉で傷つけ合うのを止めようとばかりに、お互いの涙が溢れてくるまで眼で愛を確かめ合ってからキスをする場合などに、このようなキスが行われます。

11. おでこをくっつけてから

おでこをくっつけてから

おでこをくっつけるのは、子供っぽい無邪気な気持ちの表れであり、性的欲求というよりも、親密さを表したいときの行為です。

同様に、髪をくしゃくしゃにしたり、じゃれ合うような時間を楽しんで笑い合った後、融和な優しい微笑みを浮かべたままキスを行うケースがあり、恋に恋するような若い年代や、付き合いたてで相手のことが愛しくてたまらない初期段階などに多く見られます。

12. 手を引き寄せて

手を引き寄せて

街中を歩いているときや、エレベーターの中など、何でもないタイミングや喧騒から少し外れた場所へ入ったとき、不意にサっと手を引き寄せ、キスをする場合があります。

ガヤガヤした屋外だからこそ、二人だけの繋がりを見出せるキスをするチャンスが訪れたとき、衝動的にその欲求が芽生え、相手もきっと同じように感じているはずという自負のもと、行為に及びます。

13. 唇を軽く噛む

唇を軽く噛む

キスの途中で唇を軽く噛む行為は、相手に甘えていたり、悪戯っぽさを演出する効果があります。 甘噛みは哺乳類全般に見られる愛情表現であり、人間においてもそれは例外ではありません。

また、単調になりがちなキスのバリエーションを増やすべく、固い歯の感触を感じさせることでお預け状態のようにもなり、再び、唇の柔らかい感触で触れ合う心地よさを欲する気持ちも高まります。

14. 頭を撫でながら

頭を撫でながら

頭を撫でながらのキスは、包容力を持った男性が女性を愛で包み込みたい気持ちの表れから行われます。 キスだけでなく、心地よいと感じることなら全てやってあげたいという優しさから、このようなキスとなります。

愛しさが募るという言葉がぴったりの愛情表現の一種ですが、このような献身的な行為が自然とできる男性は、下世話ながらエッチの際もあの手この手で奮闘してくれますので、そういった関心が高い方にもお勧めです。

15. 人がいる前で堂々と

人がいる前で堂々と

大勢の人がいる前で、他人の目を気にする様子もなく行われるキスは、魅力的な女性とキスができる自分を周囲の人たちにアピールしたいという自己顕示や、見せびらかしたいという露出願望の表れと言えます。

このような癖を持った男性には注意が必要で、性癖がエスカレートすると、性行為の動画を撮ってネットで他人に見せびらかしたいという願望に至ることもあるので、交際を続ける際には気をつけましょう。

16. ソフトだけど長い

ソフトだけど長い

小鳥のようなチュっという軽いキスながら、ゆっくり時間を掛けて行うキスは、深い愛情を示すためのものです。 できることなら、このまま永遠に繋がっていたいという願望がそのような行為へと発展しますので、その女性との結婚願望を持っている可能性も高いです。

少なくとも、キスを性交渉の入り口ぐらいにしか考えてない人は、絶対に行わないキスですので、このようなキスをしてくれる男性は、息の長い付き合いが期待できます。

17. ハードだけど短い

ハードだけど短い

短いながら唇や舌や口内を求め合うようなキスは、今日は時間がなかったり他の友達も来てるからこれでお預けだけど、今度会った時は絶対にエッチまでいこうねという願望を示しています。

言うなればそれは、エッチの代用として行われるキスなので、自分の舌のテクニックを見せつけうように行われ、性的感情を高めるための行為と考えて間違いないです。

18. 上顎を舌で転がす

上顎を舌で転がす

自分の舌で触れてみても、くすぐったいような刺激を感じられるのでわかると思いますが、舌を収納する上部の上顎には性感帯があり、その部位を舌先を尖らせて刺激してくる男性は、女性を興奮させようとしていると同時に、キスの上手さをアピールしています。

男性によっては、キスだけでなく指でもこの部位に触れながら女性の反応を楽しむ人もいて、性的興奮のためのダイレクトな刺激を与え、Sな欲求を満たそうとします。

19. 唇を合わせて左右へ動かす

唇を合わせて左右へ動かす

唇に触れるか触れないかのギリギリの感触や、逆にムニュっと押し当てた状態で、左右に移動させるキスは、相手の唇の全てを思い切り感じたいという精神的満足が主な動機となっています。

体の部位の中でも、最も敏感な場所と言っても過言ではない唇ですので、快楽としても心地よく、その心地よさを愛しい女性と共有したいと願います。

20. 途中で鼻や瞼にもキスをする

途中で鼻や瞼にもキスをする

キスの途中で悪戯に鼻や瞼にもキスが飛ぶ行為は、マンネリを打破するエッセンスとして用いられます。 また、ミュージシャンなどアーティスト系の男性は、プライベートであっても表現者としてのキャラを守ろうとする人もいて、ステージの上と同様、エキセントリックな印象を与えたいという動機から、このような変則的なキスを行うことがあります。

まとめ

キスの仕方でわかる男性の心理や傾向を挙げてきましたが、大まかに分けると、動機が性的欲求によるものか、愛情表現によるものかで、キスの仕方も違ってくることがわかります。

相思相愛だと信じて疑わなかったのに、男性の方はただの遊びだったなど、認識の違いで哀しいキスとなってしまわないように、これらの心理を頭に叩き込んで、欲望のはけ口ではなく、愛情表現としてキスをしてくれる男性と恋に落ちましょう。

キスの仕方から読み取る男性の心理を20選まとめました。


男性から仕掛けてくるキスには、ソフトからハードまで、様々な動機と目的がありますので、挙げていきます。

軽く唇が触れてすぐ離す

チュっと軽く触れる程度のキスは、軽い挨拶代わりのように使われることが多いです。 時間のない朝の玄関口や、デートの別れ際に今日一日の感謝や親愛をこめて、性的興奮とは別の次元で行われる爽やかなキスは、お互いの笑顔を誘います。

また、不意にファーストキスの機会が訪れたときも、いきなり舌を入れるようなキスはせず、相手への圧の少ないこのようなキスになります。

強めに押し付ける

唇が触れた後、ブチュっと押し付けるようなキスは、もう既にお互いが親密な関係になれた確信があり、自分が受け入れられてる自信の表れでもあります。

心の中では、押し付ける強さで、自分はこのくらい好きだよとアピールしていたり、もっと自分のことを好きになって、と懇願する意味を持ち、軽いキスだけでは抑えられない愛情の表れと言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!