恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171003174652.html
友達以上恋人未満でキスする心理13選

友達以上恋人未満でキスする心理13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
友達以上恋人未満でキスする心理13選

友達以上恋人未満の関係であっても、キスしてしまうことがあるのは、どのような心模様によるものなのか、挙げていきます。

  • その場のノリ
  • 恋心に気づいた
  • この人なら怒られなそう
  • 早く経験済みになりたかった
  • 自暴自棄になっていた
  • 友達関係が壊れるのが怖かった
  • 本命にはしたくないけど性的興味はある
  • 相手次第では付き合っても良い
  • 酒癖が悪い
  • シチュエーションの影響
  • 浮気された復讐心
  • 秘密を共有する関係になりたい
  • 元恋人同士が盛り上がる
  • まとめ

1. その場のノリ

その場のノリ

特に深い意図は無く、楽しい雰囲気の延長で、親愛の証のようなノリで、軽くチュっと唇に触れる程度のキスを行うケースがあります。 完全にその場のノリなので、問い詰められても明快な答えなど本人たちにもなく、ハイタッチをするのに深い意味はないというのと同じ次元で、軽いノリでキスができてしまう人種の人がいます。

2. 恋心に気づいた

恋心に気づいた

ただの友達としか思っていなかったがゆえに、気軽に二人で飲みに行ったり、部屋に遊びに行くことに対しても、何の警戒をすることもなく楽しんでいた二人が、ふとしたことをきっかけに恋心が芽生え、どちらともなく顔を近づけてしまうことがあります。 数秒前までただの友達だった相手が、一瞬で恋人候補に見えたとき、このようなキスが生まれます。

3. この人なら怒られなそう

この人なら怒られなそう

押しに弱いタイプの女性や、遊び人としてのキャラを確立させている男性など、半ば強引にキスを奪ってしまってもこの人なら許してくれるんじゃないかと思わせる友達と、二人きりのシチュエーションになったとき、悪戯心にも近い形でキスを仕掛けることがあります。 ポジティブ思考もこのように悪い方向に向うことがあるので、友達だとアピールしつつツーショットに持ち込もうとする異性には注意しましょう。

4. 早く経験済みになりたかった

早く経験済みになりたかった

学生時代など、性的な経験をしていないことが恥ずかしいと思わせる風潮というのは確実にあり、そうした自意識過剰なプレッシャーに耐え切れなくなった人が、身近な友達でそれを達成しようとすることがあります。 生理的にきつくなければOKぐらいの合格ラインで、一日でも早く自分も経験済みの仲間入りを果たそうとしますが、ファーストキスをそのような形で終えてしまったことを、大人になってから後悔することも少なくありません。

5. 自暴自棄になっていた

自暴自棄になっていた

一般的には愛情表現として知られているキスですが、世の中には悲しいキスもたくさんあります。 恋愛関係のトラブルだけでなく、家庭環境の悪さに抑圧された毎日を送っていたり、就職が決まらないなどで自己嫌悪に陥ってる場合など、虐げられた毎日から飛び出すかのように、遊び人の男友達を呼び出し、わざと隙を見せ、遊ばれるとわかっていても、友達の一線を越えてしまうことがあります。

6. 友達関係が壊れるのが怖かった

友達関係が壊れるのが怖かった

友達としてとても良い関係を築けている異性に、予想だにしなかったアプローチをされ、相手を傷つけるのが怖くて求められるままにキスをしてしまうことがあります。 後になって後悔することも多く、恋人関係になれないことを後で伝えることで、結果的に気まずい関係になってしまうことも多いです。

7. 本命にはしたくないけど性的興味はある

本命にはしたくないけど性的興味はある

恋人として付き合いたいわけじゃないけど、胸が大きいとか、肌を露出するファッションが似合って、性的な魅力は高い女性に、ふとした瞬間にタガが外れるように理性を抑えられなくなり、衝動的にキスを奪ってしまうことがあります。 女性の方は自分が性的に誘っているという自覚が全くないので、男性の恋心によるものだと勘違いしてしまうこともあります。

8. 相手次第では付き合っても良い

相手次第では付き合っても良い

友達という表現は、実に幅の広い、曖昧な範囲を表すもので、異性としては全く見れない人から、相手の好意の熱量によっては付き合ってあげても良いと思える人まで、その内訳は実に様々なものです。 一般的に浸透している告白の返答として、まずは友達から、と言う表現がありますが、友達の中でも異性として見れる相手はいて、相手の熱量が不意に高まった時、現状は友達であってもキスを受け入れてしまうことがあります。

9. 酒癖が悪い

酒癖が悪い

酩酊し理性を失わせるお酒は、人間の理性を崩壊させ、考えてもいない方向へ進ませることがあります。 普段からそのような酒の飲み方になってしまいがちな男女が、酒の席を共にすれば、友達であってもキスに及ぶことがあるのは、容易に考えることです。 それゆえ、予防線として、異性と2人きりでお酒を飲みに行くことを禁止しているカップルも少なくありません。

10. シチュエーションの影響

シチュエーションの影響

友達みんなで遊びに行った花火大会などで、たまたまお酒を買いに行くのがその男女2人だった時など、初めてツーショットになったことで普段は感じなかったドキドキ感が芽生え、花火の音やライティングに照らされたり、浴衣姿にも違った一面を見るという様々な不可抗力が加わり、キスに至ることがあります。

11. 浮気された復讐心

浮気された復讐心

信じていた彼氏に浮気されたとき、復讐心から男友達とキスをする女性がいます。 恋人関係を解消するつもりなら、彼氏の親友とか、彼氏が最も傷つく相手を選んだり、彼氏より権力があって喧嘩も強そうな格上の先輩など、文句を言いにくい男友達の選ぶことで、精神的ダメージを与えようとします。

12. 秘密を共有する関係になりたい

秘密を共有する関係になりたい

人に見られたくない場面を見られた時など、共通の親しいグループ内でそのことを言いふらされたくない際に、口止め料のようにキスをすることで、陰口を塞ごうとする女性がいます。 また、妻子ある男友達とキスを交わすことで秘密を共有する関係となり、使い勝手の良い男性にしておくケースなどもあります。

13. 元恋人同士が盛り上がる

元恋人同士が盛り上がる

既に別れて友達関係にはなっているものの、久々の再会でイメチェンした相手を見直したり、悪戯心でキスを迫ることがあり、相手も軽いキス程度なら昔のよしみで受け入れてしまうことがあります。 長く付き合ったカップルならば尚更、友達以上恋人未満と呼ぶに相応しい複雑な愛情が残っているケースもありますので、環境さえ整えば、恋心に再び火が点いてしまうこともあります。

まとめ

友達以上恋人未満の関係でキスに及ぶ心理について、様々なパターンを挙げてみました。 その内情にメスを入れてみれば、実に様々な心情が渦巻いていることがわかります。 今はただの友達と思っている異性の中に、将来の恋人候補が眠っているかもしれませんし、邪な目で見ている人がいるかもしれませんので、今いる異性の友達について、改めて見つめ直してみましょう。

友達以上恋人未満の関係であっても、キスしてしまうことがあるのは、どのような心模様によるものなのか、挙げていきます。


その場のノリ

特に深い意図は無く、楽しい雰囲気の延長で、親愛の証のようなノリで、軽くチュっと唇に触れる程度のキスを行うケースがあります。 完全にその場のノリなので、問い詰められても明快な答えなど本人たちにもなく、ハイタッチをするのに深い意味はないというのと同じ次元で、軽いノリでキスができてしまう人種の人がいます。

恋心に気づいた

ただの友達としか思っていなかったがゆえに、気軽に二人で飲みに行ったり、部屋に遊びに行くことに対しても、何の警戒をすることもなく楽しんでいた二人が、ふとしたことをきっかけに恋心が芽生え、どちらともなく顔を近づけてしまうことがあります。 数秒前までただの友達だった相手が、一瞬で恋人候補に見えたとき、このようなキスが生まれます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!