恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170925113554.html
明るい人ほど闇が目立ちやすい理由9選

明るい人ほど闇が目立ちやすい理由9選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
明るい人ほど闇が目立ちやすい理由9選

明るい人には闇あることがありますが、その場合は普通の人よりもそれが目立ってしまいます。 ここではその理由について述べています。

  • ギャップのせいで闇が目立つ
  • ふと見せる表情が印象的
  • みんなのいないところでの表情
  • 突然無口になるとインパクトがある
  • 涙が与える印象が異なる
  • 明るい人は話しかけられることが多い
  • 人と接する機会が多い
  • 無理な笑顔が見られるとき
  • 性格を無理に変化させようとしている
  • まとめ

1. ギャップのせいで闇が目立つ

ギャップのせいで闇が目立つ

明るい人とはいつも笑顔を作っていたり楽しい話をして盛り上がる人です。 そのため常に気持ちが晴れやかあるという印象を抱かせます。 しかしこのような人であっても心の中に闇が存在することがあります。

そして明るい性格と暗い闇とのギャップがあまりにも大きいために、このような人の心にある闇というものは一度表面化すると誇張されてしまうのです。 そのため闇が目立つというよりは、そのギャップに周りが驚かされるといった状況が見られているわけです。

2. ふと見せる表情が印象的

ふと見せる表情が印象的

明るい人であっても辛い状況をふと思い出し、突然浦井表情を見せることがあります。 もちろんこのような表情を周りの人に気づかれることがないよう、本人は見えないところで表すことでしょう。

しかしそのような表情がたまたま他の人の見られてしまった場合、「この人はいつも明るく振舞っているけれど、本当は闇があるのか」といったショックに近い状況を作り出します。 このような状況も関係し、明るい人の中にある闇が大きく取り上げられることがあるのです。

3. みんなのいないところでの表情

みんなのいないところでの表情

上記でも触れたように、明るい人はみんなの前では暗い表情をしないように気をつけています。 しかし一人になったときに暗い表情を見せることはあります。

たとえば仕事が終わって帰宅するときのバスや電車の中での表情や、一人で買い物をしているときの表情などが暗いことがあります。 このような状況も「あの人は本当は暗い人なんだ」という印象を抱かせることがあります。

4. 突然無口になるとインパクトがある

突然無口になるとインパクトがある

上記でも考えたように、辛い経験をしたことのある人はそれと同じような状況が再び生じるとそれに対処できなくなることがあります。 そして中にはそのような状況について話し合っているだけでも気持ちが落ちつかなくなり、会話についていけなくなるという状況が生じることもあります。

普段から明るい人にそのようなことが生じると周りの人は驚きを感じます。 そして「あの人にも闇があったのか」といった感情が湧いてくるようになり、 それがインパクトのあるものとなってしまうのです。

5. 涙が与える印象が異なる

涙が与える印象が異なる

明るい人が泣くと周りの人に与えるインパクトは非常に大きなものとなります。 そして心の中にある闇が原因となって涙を流すと周りの人は驚きます。 もちろんどんなに明るい人であっても悲しみや感動により泣くことがあります。 それでも日々の印象からするとそのような人が泣くというのは普通ではないと考えられてしまい、それゆえに泣くことで闇がクローズアップされてしまうことがあるのです。

6. 明るい人は話しかけられることが多い

明るい人は話しかけられることが多い

明るい人はみんなから好かれています。 そのため大勢の人が話しかけます。 そしてそのような人の中にある闇がふと浮かび上がったとき、 心は沈んでしまうことでしょう。

そしてそのような状況にあるときに誰かに話しかけられるといつも通りの対応ができなくなってしまいます。 そのため多くの人に沈んでいる状況が知れてしまうのです。 このような状況も関係し、明るい人の闇は目立ってしまうことがあります。

7. 人と接する機会が多い

人と接する機会が多い

上記で述べたことと関連していますが、明るい人はみんなからの人気者であるために冗談交じりでいじられることも多々あります。 このようなときの明るい対応が周りの雰囲気を明るくするために、非常に貴重な存在なのです。

しかし闇が心を悲しませているときにいじられると、普段通りの対応ができません。 このような状況は周りの雰囲気に大きな影響を及ぼします。 こうしたことも関係し、明るい人の闇が目立つことがあります。

8. 無理な笑顔が見られるとき

無理な笑顔が見られるとき

明るい人の多くは自分の役割を理解しています。 それは周りの雰囲気を良くすることです。 そのため自分が心の闇によって落ち込んでいるときであっても、できるだけ笑顔を作ろうとします。

しかしこの世な状況が周りの人に知れてしまうと、「この人には闇がある」 ということが知れてしまいます。 気持ちを自由に表現できる人とは異なり、明るい性格であって責任感のある人は、このような状況ゆえに闇が公になることがあります。

9. 性格を無理に変化させようとしている

性格を無理に変化させようとしている

実は明るい性格として知られている人の中には、非常につらい経験をしたことのある人がたくさんいます。 そのような経験を思い出したくないとして性格を明るいものにしようと頑張っている人もいるのです。

そのような人の闇が明らかになると、それは目立ちます。 なぜならその闇は実際に非常に深いものだからです。 こうしたケースも存在します。

まとめ

性格の明るい人が周りにもたらすメリットは非常に大きなものです。 そのためこのような人の闇が目立つことがあるからといって、それに目を向けることは避けるようにするべきです。

明るい人には闇あることがありますが、その場合は普通の人よりもそれが目立ってしまいます。 ここではその理由について述べています。


ギャップのせいで闇が目立つ

明るい人とはいつも笑顔を作っていたり楽しい話をして盛り上がる人です。 そのため常に気持ちが晴れやかあるという印象を抱かせます。 しかしこのような人であっても心の中に闇が存在することがあります。

そして明るい性格と暗い闇とのギャップがあまりにも大きいために、このような人の心にある闇というものは一度表面化すると誇張されてしまうのです。 そのため闇が目立つというよりは、そのギャップに周りが驚かされるといった状況が見られているわけです。

ふと見せる表情が印象的

明るい人であっても辛い状況をふと思い出し、突然浦井表情を見せることがあります。 もちろんこのような表情を周りの人に気づかれることがないよう、本人は見えないところで表すことでしょう。

しかしそのような表情がたまたま他の人の見られてしまった場合、「この人はいつも明るく振舞っているけれど、本当は闇があるのか」といったショックに近い状況を作り出します。 このような状況も関係し、明るい人の中にある闇が大きく取り上げられることがあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!