恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170921134915.html
ずけずけ言う男性の心理

ずけずけ言う男性の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ずけずけ言う男性の心理

思ったことをすぐ口に出してしまう、批判的である、いじわるであるなど、ずけずけ言う男性の心理についてまとめました。



  • 思ったことがすぐに口や態度に出てしまう
  • 秘密を守れない
  • 批判的で、否定的な性格である
  • いじわるな性格である
  • 口先ばかりで行動できないことが多い
  • ネガティブで自分に自信がない
  • 曲がったことが嫌いで正義感が強すぎる
  • 相手より自分が上だと思っている
  • まとめ

1. 思ったことがすぐに口や態度に出てしまう

思ったことがすぐに口や態度に出てしまう

ずけずけ言う男性は、考えて発言ができません。

思ったことや感じたことは、すぐに言葉や態度として出してしまいます。

それゆえに、相手と摩擦が生じやすく、顰蹙を買いやすいです。

TPOを考えずに発言してしまうので、場の空気を白けさせたり、相手に失礼な態度をとってしまうこともあります。

周囲をちゃんと見渡して、気遣いができる人にならなければなりません。

口は災いの元というように、黙っておいた方が良いこともたくさんあるのです。

考えてから行動できるようになりましょう。

2. 秘密を守れない

秘密を守れない

ずけずけ言う男性は、秘密を守ることや、隠し事が苦手です。

友人や恋人に相談されても、ついバラしてしまったり、デリカシーのない発言をしてしまったりします。

それゆえに相手を傷つけ、嫌われやすいので気をつけましょう。

そして、自分自身も嘘をついてもすぐにバレてしまいます。

表情や声色や、態度に、感情の変化が出やすいので、隠しても無駄なのです。

素直であることは良いことですが、相手の気持ちを考え、秘密を守ることも大切です。

3. 批判的で、否定的な性格である

批判的で、否定的な性格である

ずけずけ言う男性は、批判的、否定的な性格です。

何事にも欠点を指摘することが多く、肯定したり、褒めることができません。

それゆえに他者との衝突も多く、疎まれやすい性格と言えるでしょう。

批評家や批判的なコメンテーターのような男性は嫌われます。

皮肉を言うことよりも、相手を褒めた方がよっぽど好かれやすいです。

穿った見方をせずに、客観性を持って、相手を評価することが大切です。

4. いじわるな性格である

いじわるな性格である

ずけずけ言う男性はいじわるな性格な人が多いです。

ひねくれもので、相手に酷いことを言ったり、悪口を言うことで快感を得ている人もいます。

「自称S。

Sだからいじわるが好き」という、歪んだ自己肯定と自己弁護で、いじめを肯定するような最低な人もいるでしょう。

いじわるをする人には、必ずいじわるが返ってきます。

そして、多くの人の信頼を失いやすいのです。

悪口や、いじめはやめて、相手を思いやる行動をしなければなりません。

そして、自分の悪い行動について反省し、更生しなければならないのです。

5. 口先ばかりで行動できないことが多い

口先ばかりで行動できないことが多い

ずけずけ言う男性は、口先ばかりで行動できない場合も多いです。

欠点を指摘したり、批判したり、するばかりで、実際は二の足を踏んで、そこにとどまっていることが多いのです。

相手に命令することは得意ですが、自分から行動して手本を見せるようなことはできないでしょう。

それゆえに、指導者には向いていない性格と言えます。

誰かに何かを教えたいのであれば、自分が先陣を切って行動できなければ意味がありません。

批判ばかりで、慕われず、尊敬されない人が、他者の上に立って、指示する資格などないのです。

常に低い姿勢で、学び、経験できる人だからこそ、多くの人から敬われる指導者になれるのです。

6. ネガティブで自分に自信がない

ネガティブで自分に自信がない

ずけずけ言う男性は、ネガティブで自分に自信がない場合が多いです。

他者への攻撃というのは、実は自分にも向かっていることが多いのです。

「自分はどうせなんにもできない」「自分はなんてダメな人間なんだ」と自己肯定が低いです。

それゆえに鬱屈とした気持ちが、他人への攻撃性へと変じてしまうのです。

そして、あれこれと批判や否定をした後に、自己嫌悪に陥ってしまうことがよくあるのです。

相手を褒めることができ人と言うのは、自分自身を肯定している人です。

自分に自信を持って行動できるように、メンタルバランスを改善していくことが大切です。

7. 曲がったことが嫌いで正義感が強すぎる

曲がったことが嫌いで正義感が強すぎる

ずけずけ言う男性は、曲がったことが大嫌いで正義感が強すぎる傾向があります。

自分の正義に反する人を見つけると、すぐにやり玉に挙げ、叩くことを肯定してしまいます。

それゆえに、相手のSNSを炎上させたり、過度な批判で相手を傷つけてしまうことも多いのです。

強すぎる正義感と言うのは、狂気であり、暴力にしかなりません。

自分の意思を通そうとすることで、誰かが傷付いたり、悲しんだりすることを考えなければなりません。

そして、絶対的な正義というものは、どこにも存在しないのです。

考え方は人それぞれであり、思想や思考を否定することなど、誰もできないのです。

相手を思いやり、さまざまな考え方に触れ、人間力を高めていきましょう。

8. 相手より自分が上だと思っている

相手より自分が上だと思っている

ずけずけ言う男性は、相手に対して精神的にマウンティングしています。

自分より相手を下だとみなした時に、過度に批判や否定で攻撃し、自分の力を見せつけようとするのです。

しかし、相手を攻撃しても、自分の価値があがるわけではありません。

むしろ、多くの人に嫌われ、信頼を失い、価値を下げてしまうでしょう。

相手をこき下ろすのではなく、自分の価値をあげるための努力をすべきです。

まとめ

ずけずけ言う人は、人間関係において損をしやすいです。

口先ばかりではなく、黙って行動をし、多くの人の手本になるような人になりましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!