恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170919180032.html
僻みや妬みが多い人の共通点8選

僻みや妬みが多い人の共通点8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
僻みや妬みが多い人の共通点8選

僻みや妬みというのは人間の素直な感情でもありますが、なかには常に僻みや妬みばかりを口にしているかたも多いと言えます。 そんな妬みなどが多い人にはある共通点があったのです。 その共通点についてご紹介します。

  • 自信がない
  • マイナス思考
  • 努力をしない
  • 人と比べてしまう
  • 負けず嫌い
  • 人を認めることができない
  • 疑い深い
  • 人の幸せが恐い
  • まとめ

1. 自信がない

自信がない

妬みや僻みが強い人というのは、自分にとにかく自信がない現れでもあります。 自分に自信がないため、自分よりもいい思いをしている人や幸せな人を見て、自分もいつかあんな風に幸せになろうという思いが浮かばないのです。

自分なんかではあんな風になれないと諦めて、僻んでしまう傾向にあります。 自分に自信がないからこそ、相手みたいになれないことへの怒りが現れやすいとされています。

2. マイナス思考

マイナス思考

僻みや妬みが強い人に共通している性格とは、マイナス思考です。 常に後ろ向きな思考しか浮かばずに、悪い結果ばかりを思い浮かべてしまいます。 その結果、他の人の未来もマイナスな方向性に考えていたにもかかわらず、思っていた方向性とは別の方へと事態が動いてしまい、妬みへと感情が変わるとされています。

3. 努力をしない

努力をしない

人に対して僻みや妬みが強い人というのは、事態をよくしようと努力をしない人です。 努力しても無駄であると勝手に決めつけている節があり、夢を持たない人も多いとされています。

人は自分の理想の未来に向かって努力をするものですが、妬みや僻みが多い人というのは努力をすることなく、受け身の人が多いとされています。 努力をしている人であれば、成功者の影なる努力というものを理解しているはずですが、努力を怠っている人は相手が意図も簡単に幸せを手に入れたように感じてしまい、僻みや妬みの感情が生まれます。

4. 人と比べてしまう

人と比べてしまう

妬みや僻みが強い人は、常に自分と比べる対象を探しています。 妬みや僻みが強い人は自分に自信がないため、自分よりも劣っている人や自分よりも不幸な人を見つけては安心している傾向にあり、常に誰かよりは幸せだと、比べることで安心感を得ています。

しかし、その比較の対象が思わぬ形で活躍をして飛躍を遂げたときや、自分よりも幸せな人生を送っていると気がついたとき、これまで安心していた部分が、妬みに変わります。 妬みなどは自分と比べないと起こる感情ではありません。 自分よりも幸せになったと思ったとき、相手への妬みなどになるとされています。

5. 負けず嫌い

負けず嫌い

負けることが嫌いという人は妬みや僻みが多い傾向にあります。 負けたくないという思いは誰にでもあるのですが、それは努力をし続けているからこそ出てくる言葉です。 努力なくして負けたくない、自分が常に上にいたいという思いが強い人というのは、妬みなどの感情が生まれやすいのです。

6. 人を認めることができない

人を認めることができない

人の努力などを認めることができないのは、妬みや僻みが強い人によく見られる共通点です。 それまでその人が取り組んできた努力について認めているのであれば、妬みや僻みの感情など生まれては来ません。 どれだけ努力をしてきたのかを知らない人は、その人の幸せや成功を喜ぶことが出来ません。 その人を認めているのであれば、共に喜ぶことができるはずです。

7. 疑い深い

疑い深い

何に対しても疑いの目をもってしまうといった人は、他人に対して僻みや妬みが強い傾向にあります。 自分のことを褒められても信用しないタイプが多く、人に対して常に疑いの目で見ていると言えます。

8. 人の幸せが恐い

人の幸せが恐い

人が幸せになる姿を見るのが恐いという人が世の中にはいるもので、それが妬みや僻みが強い人に共通してみられる点です。 人が幸せになっていくのを見ると、自分だけが置いていかれていく、自分だけ幸せになれないといったマイナス感情ばかりが生まれてきます。

妬みや僻みが強い人は状況の変化に弱い部分もあり、人の幸せに対しては大きな状況の変化としてとらえる傾向にあり、どう対応したら良いのかわからないといった同様が妬みや僻みに変化していくとされています。 もしも自分も幸せになるんだと意気込んでいるのであれば、人の幸せに対して恐怖を感じたりはしません。 共に喜び、自分も頑張らなくてはならないといった意気込みへと変わるのです。 人の幸せに恐怖を感じる人は妬みや僻みが大変強いとされています。

まとめ

妬みや僻みが強い人によく見られる共通点とは、他人の幸せに対して恐怖を感じたり、物事に対してマイナス思考でしか考えることができないといったネガティブな感情を持ち合わせているといった点です。 その感情の背景には、自分に対して自信がないあまり、自分は一生幸せになることはないのだと、どこか諦めているところがあります。

そのため、幸せに向かって努力することもありません。 自分は幸せになれないと決めつけていたり、どこかで努力しなくても幸せになることができるのではないかと思っているため、自分よりも先に成功したり幸せになった人が羨ましくて仕方がないのです。 人の幸せや成功について妬みや僻みの感情しか生まれてこないのは、自分に自信がなく、努力を怠っている現れでもあります。

僻みや妬みというのは人間の素直な感情でもありますが、なかには常に僻みや妬みばかりを口にしているかたも多いと言えます。 そんな妬みなどが多い人にはある共通点があったのです。 その共通点についてご紹介します。


自信がない

妬みや僻みが強い人というのは、自分にとにかく自信がない現れでもあります。 自分に自信がないため、自分よりもいい思いをしている人や幸せな人を見て、自分もいつかあんな風に幸せになろうという思いが浮かばないのです。

自分なんかではあんな風になれないと諦めて、僻んでしまう傾向にあります。 自分に自信がないからこそ、相手みたいになれないことへの怒りが現れやすいとされています。

マイナス思考

僻みや妬みが強い人に共通している性格とは、マイナス思考です。 常に後ろ向きな思考しか浮かばずに、悪い結果ばかりを思い浮かべてしまいます。 その結果、他の人の未来もマイナスな方向性に考えていたにもかかわらず、思っていた方向性とは別の方へと事態が動いてしまい、妬みへと感情が変わるとされています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!