恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170919092751.html
オープンな人の恋愛傾向10選

オープンな人の恋愛傾向10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
オープンな人の恋愛傾向10選

秘密を持たないで付き合う、家族公認の場合が多い、何事にも大らかなど、オープンな人の恋愛傾向についてまとめました。

  • 隠し事が苦手
  • 家族公認の場合が多い
  • 羞恥心が少ない
  • 恋バナをよくする
  • 明るい家庭を望んでいる
  • 大らかなので喧嘩が少ない
  • 恋の駆け引きが苦手
  • 笑顔が魅力的でモテる
  • 様々なことにルーズな場合も多い
  • 浮気をしても開き直ることがある
  • まとめ

1. 隠し事が苦手

隠し事が苦手

オープンな人は、隠し事が苦手な場合が多いです。 それゆえに、秘密の恋や、許されぬ恋というのが苦手で、つい周りに秘密をばらしてしまうことが多いです。 ですから、隠れて行う不倫や浮気には向いていない性格と言えるでしょう。

そして秘密を守ることができないために、関係を壊してしまうこともあるので気をつけましょう。 明るく、楽しく、周りから祝福されるような恋愛が向いているといえます。

2. 家族公認の場合が多い

家族公認の場合が多い

オープンな人は、自分の恋愛について隠そうとはせず、友人や家族に恋人の存在を報告することも多いです。 それゆえに、相手を家族に紹介するのも早く、家族公認の関係になることも多いです。

だからといって、すぐに結婚しようという意思が必ずしもあるわけではないので、勘違いには気をつけましょう。 また、悪気や後ろめたさもないので、たとえ別れても、家族に気まずさを感じる必要はないのです。

3. 羞恥心が少ない

羞恥心が少ない

オープンな人は羞恥心が少ない傾向があります。 夜の営みに関しても、恥じらいが少なく、大胆な行動をすることも多いでしょう。 慎ましさが足りないため、相手に呆れられることもあるので、気をつけましょう。 また、つい恋人との触れ合いについてまで、ノロケたり、暴露してしまうこともあります。

そのような下ネタは場の空気を凍らせてしまったり、破壊することもあるので、十二分に気をつかわなければなりません。 うっかり口を滑らせてしまわないように緊張感を持ちましょう。

4. 恋バナをよくする

恋バナをよくする

オープンな人は、恋バナをよくする傾向があります。 秘密にするよりも、話題にしたいタイプで、友人と集まった時は、そうした話をすることも多いです。 しかしながら、ノロケすぎると、嫉妬されたり、退屈に思われる場合もあるので、ほどほどにしましょう。 そして、恋人の秘密は、バラさないようにするのがマナーです。

5. 明るい家庭を望んでいる

明るい家庭を望んでいる

オープンな人は、明るく楽しい家庭を望んでいる場合が多いです。 二人きりよりも、大勢でいることが楽しく、大家族にしたいと考えている場合もあります。 それゆえに、パートナーよりも子供に目が行ってしまいがちなので、相手にヤキモチを焼かれやすいので気をつけましょう。 そして、経済面など将来についてしっかり考えて、家庭を運営することが大切です。

6. 大らかなので喧嘩が少ない

大らかなので喧嘩が少ない

オープンな人は、大らかな性格です。 細かいことを気にしたり、相手の言動に噛みついたりしないので、ケンカが少なく平和的な関係を営むことができます。

しかしながら、少々鈍感で雑な面があり、細やかな気遣いができないために、相手を傷つけてしまう場合もあるでしょう。 口を滑らせて言ってはいけないことを言ったり、マイペースに行動した結果、デリカシーのない人だと評価されることもあるので気を付けましょう。

7. 恋の駆け引きが苦手

恋の駆け引きが苦手

オープンな人は、恋の駆け引きが苦手です。 秘密を持ったり、押しと引きのバランスを保つような小技を利かすことができません。 どちらかというとぐいぐい押してしまうので、相手に引かれることもあるでしょう。

また、同じパターンになってしまうことも多く、マンネリ化しやすいのがネックです。 回りくどさはないですが、ストレートすぎるために、恋の寿命が短くなりやすいので工夫をしなければなりません。

8. 笑顔が魅力的でモテる

笑顔が魅力的でモテる

オープンな人は、性格が大らかなように、笑顔も明るく魅力的です。 それゆえに、多くの人を引き寄せる魅力を持っています。 モテる性格なので、恋人に嫉妬されたり、疑いをかけられないように気をつけましょう。

また、来る者拒まずオーラが出てしまうことが多いので、うっかり浮気をしないように気を引き締めなければなりません。 時には、ガードをすることも大切なのです。

9. 様々なことにルーズな場合も多い

様々なことにルーズな場合も多い

オープンな人は、大ざっぱでマイペースな場合が多いです。 それゆえに遅刻をしてしまったり、ついムダ遣いしてしまったりと、時間的、金銭的にルーズな面も出てしまいます。 財布の紐が緩いので、恋人に何かプレゼントすることが多いですが、浪費してばかりだと結婚には向いていません。

だらしのなさはなかなか直せないので、結婚前にチェックしておくことも大切です。 また、生活力に欠けることも多いので、そうしたパートナーに苦労する場合もあるので気をつけましょう。

10. 浮気をしても開き直ることがある

浮気をしても開き直ることがある

オープンな人は、秘密を守ることができません。 それゆえ、浮気や不倫をしたら隠そうとせず、開き直ってしまうことが多いでしょう。 そのような態度が火に油を注ぐ場合もあるので、修羅場を迎えたくなければ神妙な態度をすることも大切です。

そして、浮気するくらいなら、本気になった方が良いと、別れを告げる時もあっさりしています。 それゆえ、関係の寿命が短いのがネックと言えるでしょう。

まとめ

オープンな人とは、明るく楽しい恋愛ができます。 しかしながら、秘密を守れなかったり、ルーズな面もあるので、気をつけましょう。 メリットとデメリットを理解し、オープンな人と付き合っていきましょう。

秘密を持たないで付き合う、家族公認の場合が多い、何事にも大らかなど、オープンな人の恋愛傾向についてまとめました。


隠し事が苦手

オープンな人は、隠し事が苦手な場合が多いです。 それゆえに、秘密の恋や、許されぬ恋というのが苦手で、つい周りに秘密をばらしてしまうことが多いです。 ですから、隠れて行う不倫や浮気には向いていない性格と言えるでしょう。

そして秘密を守ることができないために、関係を壊してしまうこともあるので気をつけましょう。 明るく、楽しく、周りから祝福されるような恋愛が向いているといえます。

家族公認の場合が多い

オープンな人は、自分の恋愛について隠そうとはせず、友人や家族に恋人の存在を報告することも多いです。 それゆえに、相手を家族に紹介するのも早く、家族公認の関係になることも多いです。

だからといって、すぐに結婚しようという意思が必ずしもあるわけではないので、勘違いには気をつけましょう。 また、悪気や後ろめたさもないので、たとえ別れても、家族に気まずさを感じる必要はないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!