恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170919091209.html
何でもすぐ許してしまう人の心理

何でもすぐ許してしまう人の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
何でもすぐ許してしまう人の心理

何でもすぐ許してしまう人がいますが、優しいのかお人よしなのか見ていて危ういと感じさせる時もあります。

その心理を探ってみましょう。



  • 気が弱くて拒めない
  • 自分に自信がないので相手に合わせてしまう
  • いい人だと思われたい
  • 過去の恩を忘れず返そうとしている
  • 仏の心の持ち主である
  • 自分もそんな時に許されたいから貸しを作っている
  • 物事を深く考えていない
  • 単純ですぐに信じ込んでしまう
  • 人の涙に弱い
  • 人の笑顔に弱い
  • まとめ

1. 気が弱くて拒めない

気が弱くて拒めない

気が弱い人は相手がわがままを言っても拒むことができず、ありえないミスをしても指摘することができません。

相手が優しい人であっても自分の性格的にただ言う勇気がないのです。

そのため、周りからはお人よしだとか言いなりだとか言われるようになってしまいます。

わかっていても言えないのでコンプレックスに感じていることでしょう。

2. 自分に自信がないので相手に合わせてしまう

自分に自信がないので相手に合わせてしまう

人が納得するように説得する自信がなかったり、みんなが賛同してくれるほど人気があるようにも思えず、勘がいいわけでも経験があるわけでもない…という時は自分で自分に自信が持てません。

そして相手に合わせた方が無難な気がしてきます。

何でもすぐ許してしまう人は許したいとは思っていないのにそれを言うことを諦めてしまっているのです。

3. いい人だと思われたい

いい人だと思われたい

周りから見られる自分を気にしてばかりいる人は、自分がいい人だと思われたいがために何でも許して優しい人や理解ある人を取り繕います。

「いい人ですね」「ありがとうございます!」という言葉を聞いていい気分になりながら自分に酔うこともあります。

しかし、賢い人は騙されたフリをして利用しているだけということもあるので、それを信じてしまうお人よしさんなのかもしれません。

4. 過去の恩を忘れず返そうとしている

過去の恩を忘れず返そうとしている

過去にしてもらった恩をしっかり覚えていて相手に返そうとしている人ならちょっとくらい自分が損をすることでもぐっと我慢ができます。

それが大きいことであったならなおさら何度かは相手に譲り、恩を返したと感じるまで頑張ったりしますね。

相手に伝わらないかは別として自分の律儀な性格がそうさせています。

5. 仏の心の持ち主である

仏の心の持ち主である

何の邪心もなく仏の心の持ち主かと思うような懐の広い人もいます。

何でもすぐに許し、ミスは誰にでもあるとか勉強になったなどと思うことができるでしょう。

許すというより受け入れるという考えを持っており、来るもの拒まずで救おうとします。

そのせいでトラブルに巻き込まれることも多そうですが人望も集めるでしょう。

6. 自分もそんな時に許されたいから貸しを作っている

自分もそんな時に許されたいから貸しを作っている

何かトラブルが起きた時に自分も許されたいと思う甘い考えの人なら貸しを作るために人を許すことがあります。

それは自分がフォローできそうな時や小さな問題の時くらいかもしれません。

しかし、自分が許されたい時には「前に許してあげたよね?」と言って恩着せがましく迫ったり甘えたりすることもあります。

誰かにされた経験があれば真似する人も多いでしょう。

7. 物事を深く考えていない

物事を深く考えていない

単に物事を深く考えていないだけで、許すというより勝手にやればということなのでしょう。

責任を持ちたくないため、はっきりと許すとは言わず「任せた」という言い方をします。

そして、上手くいかなかった時には自分が関わっていなかったようなフリをしてとぼけることがあります。

難しいことこそこんな風に逃げるずるい人もいますね。

8. 単純ですぐに信じ込んでしまう

単純ですぐに信じ込んでしまう

単純な性格ですぐに相手を信じ込んでしまう人は相手の言う上手い話もそのまま信じ、「それなら仕方ないね」と受け止めてしまうでしょう。

疑うことをしなければそうやって騙されたまま信じてしまい、後から泣きを見ることがあります。

世の中には口の上手い人もたくさんいますし、単純な性格の人を利用する悪い人もいると学ぼうとするしかありません。

9. 人の涙に弱い

人の涙に弱い

人の涙に弱く、泣かれるとつい許してしまうという人もいます。

これは男性が女性の涙に弱いことが多いですが、女性でも頼りになる姉御肌の人にけっこう見られます。

泣くほど困っているならと理屈で考えて許すパターンと、とにかく涙を見て取り乱し冷静な判断ができなくなるパターンがあります。

自分が同じことをしていれば演技と気づくこともできますがそれをしないからこそ気づくことができません。

10. 人の笑顔に弱い

人の笑顔に弱い

「お願い!」と笑顔で言われるとつい許してしまうということもあります。

ノリがいい人や異性に惚れっぽいタイプの人です。

笑顔が武器になるほど素敵な人もいますね。

まんまと騙されたくないと思いつつ、その笑顔を見ている瞬間は幸せな気持ちになり「騙されてやれ!」というような気分になってしまいます。

まとめ

何でもすぐ許してしまう人は愚かに見られることがあります。

また、自分で自分のお人よしな性格に嫌気がさすこともあり、一見優しくて寛大に見られるとしてもコンプレックスになりやすい原因とも言えます。

すぐに許す自分を変えたいと思うならまずは疑うことを覚えることです。

また、相手の気持ちばかり考えるのではなく、自分を大切に考えるといいでしょう。

心の良い人は悪いことは悪いと言える人です。

それは相手と自分のためになり、わかってもらえれば自信にもなります。

人や物事にしっかり向き合おうとしてみましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!