恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170917174932.html
自分は他人より優れていると思うメリット8選

自分は他人より優れていると思うメリット8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
自分は他人より優れていると思うメリット8選

自分は他人より優れていると思うことで、様々な恩恵が受けられます。 なぜ、こんなにも恩恵を受けることができるのでしょう。 そしてその恩恵とは、一体どんな恩恵なのでしょう。

  • 積極的に行動できる
  • ポジティブ思考になれる
  • 落ち込まない
  • 人間関係を広められる
  • 明るい印象をもたれる
  • 人生を楽しめる
  • 仲間がみんなポジティブで明るい
  • ストレスが少ない
  • まとめ

1. 積極的に行動できる

積極的に行動できる

自分は他人より優れていると思うことで、自分に自信をもち、他人よりも積極的に行動できる傾向があります。 自分に自信がなければ、物事を前向きにとらえることなんてできません。

自分なら乗り越えられるだろうという確固たる自信があるからこそ、積極的に行動できるのです。 自分のやりたいことをトコトン行動して実現させているため、今まで送って来た人生に後悔がありません。 思いったたらすぐに行動に移せる人です。

2. ポジティブ思考になれる

ポジティブ思考になれる

自分は他人より優れていると思うことで、嫌なことがあっても、感情的にならずに冷静に自分を見つめることができます。 自分は他人よりも優れていると思っているため、心のどこかで自分ができないのなら、他人も同じだろうと思っているからです。

自分だけがダメな人間だなどと落ち込むことがないのです。 今回の失敗を踏まえて、次回の挑戦に向けて冷静に分析して次へとつなげることができます。

3. 落ち込まない

落ち込まない

自分は他人よりも劣っていると思う人間は、自分に自信がなく、ちょっとした失敗ですぐに落ち込む傾向があります。

自己肯定感のない人間は、自分に非がなくても、自分のせいで悪いことが起きていると錯覚し、落ち込みやすいです。

こういった思考回路だと、人と関わるのが億劫になったり、精神的に疲れ、生きるのが辛くなります。 自分は他人よりも優れていると思っている人は、自分に自信があるため、嫌なことがあっても自分のせいだとは思いません。

もし、自分のせいであっても、「こういう時もある」と冷静に失敗を受け止めることができます。

4. 人間関係を広められる

人間関係を広められる

自分は他人より優れていると思う人は自信があるので、他人に積極的に関わることができます。 自分に自信がないと、人に自分のことを話したり、自分の考えを話すのはとても抵抗があり、会話をしても聞き役に徹する人が多いです。

ですが、自分に自信のある人は積極的に自分について話し、自分の考えを発信するので相性の良い人を見つけやすいです。 そうして、人間関係を広げ、視野が広がり、いろんなチャンスに巡りあうことができます。 人間関係を広げられる人は充実したプライベートを送れることはもちろん、仕事においても成功しやすいです。

5. 明るい印象をもたれる

明るい印象をもたれる

他人より自分が優れていると感じる人は、自信がある分、自然と笑顔がこぼれます。 いつも笑顔でいる人は周りから明るい印象をもたれます。 また、こういうタイプの人は積極的に他人に関わろうとする人が多く、こういった点からも明るい積極的な印象を人に持たせることができます。

印象が明るいと、それだけでその人の評価が高くなります 暗い人よりも、自分を挙げてくれる明るい人の方が好まれ可愛がられるので、明るい印象を持っていると生きやすいというメリットがあります。

6. 人生を楽しめる

人生を楽しめる

人生は限られています。 だからこそ、やりたいことを本気でやって後悔しないように人生を送ることが大切です。 自分は他人よりも優れていると思っている人は、自信がある分、行動力もあるし、人と積極的に関われるし、やりたいことをトコトンやって楽しめます。 自分の生を思いっきり楽しむことができる人が多いです。

7. 仲間がみんなポジティブで明るい

仲間がみんなポジティブで明るい

通常、友達などは気の合うもの同士が惹かれ合うものです。 自分は他人よりも優れていると思っている人の周りには、同じ考えや行動をする人が集まってきます。

そうすると、自然にお互いにポジティブなことしか口に出さないため、前向きな思考になります。 どんなに苦しい逆境にたっても、「お前には無理だよ」などとマイナスなことを口に出す人がいないので、明るく前向きに人生を歩むことができます。

8. ストレスが少ない

ストレスが少ない

自分は他人より優れていると思っている人はストレスがありません。 なぜならば、人生を自分の思うままに楽しめているからです。 途中でつまづいても自分に自信があれば、何度でも立ち直り、失敗すらも前向きにとらえて次の経験に活かそうとします。

そんなタイプの人は、くよくよ悩んだり、落ち込んだりするということが滅多にないので、ストレスがありません。 ストレスがたまると、精神に異常をきたしたり、体が不調になったりすることがあるので、そういったことが起こりにくいというメリットがあります。

まとめ

自分は他人より優れていると思うことで、いろんなメリットが受けられることが分かりました。 こんなにいいことづくしなら、自分は優れていると何が何でも思いこんだ方が得です。 自己肯定感のない人は、嘘でも自分に「俺は大丈夫…」と言い聞かせて自己暗示をかけてみましょう。 新たな人生の幕をあけるきっかけになるかもしれません。

自分は他人より優れていると思うことで、様々な恩恵が受けられます。 なぜ、こんなにも恩恵を受けることができるのでしょう。 そしてその恩恵とは、一体どんな恩恵なのでしょう。


積極的に行動できる

自分は他人より優れていると思うことで、自分に自信をもち、他人よりも積極的に行動できる傾向があります。 自分に自信がなければ、物事を前向きにとらえることなんてできません。

自分なら乗り越えられるだろうという確固たる自信があるからこそ、積極的に行動できるのです。 自分のやりたいことをトコトン行動して実現させているため、今まで送って来た人生に後悔がありません。 思いったたらすぐに行動に移せる人です。

ポジティブ思考になれる

自分は他人より優れていると思うことで、嫌なことがあっても、感情的にならずに冷静に自分を見つめることができます。 自分は他人よりも優れていると思っているため、心のどこかで自分ができないのなら、他人も同じだろうと思っているからです。

自分だけがダメな人間だなどと落ち込むことがないのです。 今回の失敗を踏まえて、次回の挑戦に向けて冷静に分析して次へとつなげることができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!