恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170917174608.html
毎日連絡を取りたがる彼氏の心理と対処方法8選

毎日連絡を取りたがる彼氏の心理と対処方法8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
毎日連絡を取りたがる彼氏の心理と対処方法8選

毎日連絡を取りたいと甘えてくる彼氏は可愛らしいもの。 しかし彼女にだって仕事や趣味などの一人の時間は大切です。 では、毎日連絡を取りたがる彼氏にはどうしたらよいのでしょうか?



  • 連絡を取りたがる心理
  • 実際にどうしたらいいか
  • 会えない時間が長い場合
  • 仕事や学校、趣味などで忙しい場合
  • 困ったことを言ったりする場合
  • 束縛してくる場合
  • もう疲れてしまった場合
  • 別れたい場合
  • まとめ

1. 連絡を取りたがる心理

連絡を取りたがる心理

連絡を取りたくなるのはあなたの事が大好きだからです。 それゆえに不安になります。 「忙しそうだけど他に好きな人が出来たのかな」「もう好きじゃないのかな」と不安になります。

実際にはあなたは彼のことが好きなのに彼は不安なのです。 そして寂しがり屋な傾向があります。 一緒に居られない時間は寂しいのです。

2. 実際にどうしたらいいか

実際にどうしたらいいか

不安になっているならば安心させればいいのです。 手を繋いだり腕を組んだり側に入るだけで彼は安心します。 そしてたまに褒めてあげるといいでしょう。

「今日の服装もカッコいいね」とか「○○出来ちゃうなんて流石だね」といって褒めます。 自身がついて不安がなくなり彼の連絡頻度も落ち着いてきます。

3. 会えない時間が長い場合

会えない時間が長い場合

彼は寂しがり屋なので会えない時間が長いと寂しくなり不安になります。 なので彼から連絡が来る前にこまめに連絡しましょう。

「今○○で買い物中」や「今駅に着いたよ」などまるでツイッターのようなつぶやきのような文章でOKです。 どこにいるのか分かるので彼は安心して連絡頻度が落ち着いてきます。

4. 仕事や学校、趣味などで忙しい場合

仕事や学校、趣味などで忙しい場合

自分の時間や仕事や学校で忙しい場合も寂しがります。 自分を常に見ていて欲しい意識の表れでしょう。 あなたにも事情がある場合は前もって「ごめんね。

○日まで~という理由で忙しくなる」といつまで忙しいのかとどんな理由で忙しいのかを話します。 忙しくて会えない日が続いても日にちが分かっていれば待ってくれる彼も多いです。

5. 困ったことを言ったりする場合

困ったことを言ったりする場合

忙しいと話しても「仕事と俺どっちが大事なんだ」と困ったことを言うことがあります。 その場合は彼が一番大切なことを話してあげます。

そして「そんな気持ちにさせてごめんね」と言います。 傍に入れる場合は更に手を握って側にいてあげると彼も落ち着きます。

6. 束縛してくる場合

束縛してくる場合

それでも束縛してくる場合は「束縛されると信用されてないみたいで悲しい。そんなことしない人だと思った」と話します。 あなたの事が本当に好きならば彼はこの言葉を聞けばすぐに冷静になって態度を改めます。

怒りながらではなく本当に悲しいという気持ちの時に話します。 怒りながら言ってしまうと効果はなくなってしまいます。

7. もう疲れてしまった場合

もう疲れてしまった場合

それでも束縛したり困ったことを言ってくる彼ならば距離を取ります。 友達や家族と過ごす時間を多くしたり自分の趣味や仕事などに集中します。

あなたが落ち着くまでは連絡を取らないで過ごします。 落ち着いたら彼と話します。 彼は束縛したことを反省します。

8. 別れたい場合

別れたい場合

ここまでのステップを踏んでも束縛したことに対して反省しない場合は諦めます。 別れるのもいいですし、束縛し返して「束縛は辛いよね。 あなたはそんな辛いことを私にしたんだよ」と言ってもいいです。

それでも彼と付き合っていたいと思う場合は彼の束縛を受け入れる覚悟を持ちます。 その覚悟がないうちは誰かに相談したり自分の気持ちに向き合ったり趣味や仕事に熱中すればあまり悩まず過ごせます。 あなたが笑顔で無理せず自分を大切にして過ごすことも大事です。

まとめ

毎日連絡を取りたがる彼はコツさえ分かれば味方になりあなたの事をとても大切にしてくれる男性です。 あなたが疲れない彼との付き合い方を見つけて付き合っていけば楽しい関係になります。 無理せず素直に毎日連絡を取りたがる彼と付き合っていきましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!