恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170917091614.html
恋愛において嫉妬しない方法

恋愛において嫉妬しない方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
恋愛において嫉妬しない方法

嫉妬ってとてもしんどくて苦しい感情ですよね。

恋愛において嫉妬しない方法を8項目に分けて紹介します。



  • 自分の感情を自覚する
  • 自信を持つ
  • 周囲の情報を遮断する
  • 男性心理を理解する
  • 恋人と話し合う
  • 親しい人に相談する
  • 趣味を見つける
  • 信頼する
  • まとめ

1. 自分の感情を自覚する

自分の感情を自覚する

嫉妬の気持ちというのは意外に複雑なものです。

おそらく世の中の女性は今自分が嫉妬しているという事に気づかずに嫉妬してしまっている人が多いのではないでしょうか。

ひとくちに嫉妬と言ってもその中には不安や猜疑心や相手に対する恨み、自己嫌悪等さまざまな感情が渦巻いています。

嫉妬している状態が長く続くと心身共に疲弊してきます。

自分が本当に辛くなってきてからやっと自分の気持ちに気付く人もいます。

まず、自分の気持ちを日頃からよく観察し、いつもと違う自分の感情に気付きましょう。

気付いた上でそんな自分の嫉妬という感情にどう対処していくべきなのか考えましょう。

2. 自信を持つ

自信を持つ

嫉妬という感情は他人に劣等感を抱くことで生まれます。

自分に自信がある人は嫉妬しません。

自分よりも綺麗な女性に恋人の気持ちが向くのではないかと不安になるのは、自分とその女性を比べて勝手に自分で自信を無くしてしまっているからです。

いくら綺麗な女性でも恋人にとってタイプの人でなければ二人の間に何の関係性も生まれません。

嫉妬してしまう人はほとんど自分が勝手に不安になって妄想しているだけですから、自分のもの差しで自分と他人とを比べず、自分に自信を持つようにしましょう。

3. 周囲の情報を遮断する

周囲の情報を遮断する

周囲には自分にとって悪い情報を持ってくる人が必ずいます。

例えば自分の恋人が他の女の子と仲良くしているのを見たよ、等の告げ口のような事をする人もいます。

そのような定かではない情報をそのまま信じてしまうと言われた本人はどんどん悪い妄想が膨らんでしまい、不安になってしまいます。

悪い妄想による不安は嫉妬の気持ちを助長させてしまいます。

告げ口した相手もその時そう見えただけで本当に親しくしていたかどうかは、その場でいた当人達にしか分かりません。

そんな時は自分が冷静になるまで周囲の情報は入れずに自分の気持ちが安定するまで情報をシャットアウトしましょう。

4. 男性心理を理解する

男性心理を理解する

恋人が道ですれ違っただけの綺麗な女性に見とれる、会社で可愛い女子社員と親しげに話している場面を見た時、自分が彼の恋人ならば少なからず嫉妬の気持ちが芽生えるでしょう。

しかしそれはどんな男性も持っている男性の本能の部分です。

決して気持ちまで持っていかれている訳ではないことを理解しましょう。

彼女に嫉妬させる行為を見られた時にそれをうまくフォローできない男性もいます。

彼が言葉や態度で表すことが苦手な不器用な人であることを理解してあげましょう。

5. 恋人と話し合う

恋人と話し合う

恋人と普段から良い関係を築いている人なら前もって彼にやって欲しくない事を伝えておきましょう。

もし自分が普通よりも嫉妬しやすいタイプならそれも話しておくべきでしょう。

女性と二人で食事に行くのはやめて欲しい、女性の集まる場所に出かけないで欲しい等、具体的にどういうことをされるのが嫌なのか話し合う事です。

自覚なく彼女に嫉妬される行為をやっている男性も多いでしょうから、二人の間にルールを作ることも大切なことです。

6. 親しい人に相談する

親しい人に相談する

嫉妬の感情で気持ちが落ち込んでしまった時、周りに相談できる人がいれば相談したほうが良いでしょう。

一人で考え込んでしまうと悪い妄想はどんどん膨らんでいきます。

冷静に聞いてくれる親しい友人や家族等が望ましいでしょう。

人に話すことで自分の中のぐちゃぐちゃな気持ちが整理されることもあります。

抑圧された汚い感情を表に出すことで自分自身も冷静になれることも多いでしょう。

7. 趣味を見つける

趣味を見つける

あまり恋人のことばかりを考えすぎるのも良くありません。

常に恋人の事ばかり考えて彼の行動を逐一監視しているようだと、小さな出来事でも嫉妬の感情に火がついてしまうことがあります。

恋愛の事ばかり考えるようになったら他の事に意識を向けるようにしましょう。

こんな時こそ新しい趣味を見つけたり、没頭するようにしましょう。

他の事に夢中になってそれが楽しくなれば小さな事はどうでも良くなったりします。

嫉妬に狂う前に趣味を見つけてそれを楽しむようにしましょう。

8. 信頼する

信頼する

恋人が自分の事を好きでいてくれているのなら、その気持ちを信頼しましょう。

そうすれば彼が別の女性を褒めたり、ちょっと仲良くしているだけでは嫉妬しなくなるでしょう。

自分が恋人に必要とされている事を認識し相手を信頼すれば、おのずと他の女性に嫉妬する気持ちは無くなっていくでしょう。

恋人を信頼することで彼の気持ちも他の女性に行かなくなります。

常日頃から彼女として恋人の気持ちを信頼することは大切な事です。

まとめ

嫉妬の感情はほとんど自分の不安や自信の無さから芽生えるものだと分かりました。

相手を信頼して自分に自信を持つ事でおのずと自分の中の嫉妬の感情は消化されていくでしょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!