恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170914164348.html
振られても何回も告白する男性の心理13選

振られても何回も告白する男性の心理13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
振られても何回も告白する男性の心理13選

振られても何回も告白する男性に心理を13選まとめました。



  • やはりその女性の事が凄く好きな場合
  • 他に意中の女性が見つからない、いない場合
  • 情熱的な男性
  • 女性を従わせたい男性の場合
  • 相手が凄く魅力的な場合
  • より誠実な男性の場合
  • 考え方が少し古風な人
  • 相手の女性にいい人がいないと思っている場合
  • 少しでも脈があると思っている場合
  • 男性はもともと認めて貰いたい生き物
  • 男性の本質的な部分がそうさせてしまう。
  • 意地を張っている場合
  • 焦っている場合
  • まとめ

1. やはりその女性の事が凄く好きな場合

やはりその女性の事が凄く好きな場合

その女性の事が、どうしても好きな場合、その女性しか考えられない。 と思っている場合はやはりなかなか諦めることが出来ず何回も同じ女性に告白してしまうでしょう。 その女性しか考えられないと思っている場合、何とかしてその女性と交際したいと思い何度も告白しつづけてしまうでしょう。

2. 他に意中の女性が見つからない、いない場合

他に意中の女性が見つからない、いない場合

その女性のほかに意中の女性が見つからない場合、いない場合は何度も告白してしまうでしょう。 他に気になる女性が見つからない、他に見つけることが難しいような環境であれば、男性はもともと女性を求める生き物なので何度も同じ女性に告白する事になってしまうでしょう。

3. 情熱的な男性

情熱的な男性

情熱的な男性は一回ぐらい振られたからといって諦めるものではありません。 自分の思いをより強く判ってもらう為一回の告白でダメならもう一回、更に更にと、より情熱的に、自分の気持ちを伝えたい、なんとかして自分の方を向かせようとしてしまいます、男性は元々、力強い生き物なので、情熱的 人はより強く、と、どうしても思ってしまうものです。

4. 女性を従わせたい男性の場合

女性を従わせたい男性の場合

男性はもともと自分が好きになるよりも自分を好きにさせたいと思っている人が多いです。 自分の方が女性より強いと思っているからです。 よわい物は従わせたいと言う心理は男性は誰でも少しはもっています。

その征服感を強く求めてしまう男性の場合、絶対従わせてやる、絶対自分の事を好きにさせてやる。と、思ってしまいがちです。 何とか意中の女性を物にしたい。 そう考えた時、何度も告白してしまうような、力ずくでもと、思ってしまう男性は少なからず存在します。

5. 相手が凄く魅力的な場合

相手が凄く魅力的な場合

相手の女性が凄く美しく、魅了的に思える場合は、高嶺の花と諦めてしまう場合もありますが、そんな魅力的な女性を最初から簡単に物に出来ないと判っていて告白する場合、その場合男性は一回の告白で落とせるような女性とは考えておらず、最初から半ば計画的に何度も何度も告白して、何とか 物にしたいと、思ってしまいます、男性は色々な欲望も元々女性より強く持った生き物だからです。

6. より誠実な男性の場合

より誠実な男性の場合

誠実な男性の場合、誠実であるがゆえ、一人の女性だけ鹿見えないものです。 自分の欲求を満たしたいのも男性の性であります。

誠実であるほど一人の女性に集中してしまいます。 その為に振られてもその女性しか見えず、自分の誠実な気持ちをより見せたいと思い何度も告白してしまうでしょう。

7. 考え方が少し古風な人

考え方が少し古風な人

考え方が少し古風な人は、告白は常に男性からするもの、女性にさせる物では無いと考えがちです。 そう言う風に考える人程、自分から女性に告白しなければいけないと思ってしまいがちです。 そんな思いに駆られ、何度も同じ女性に告白してしまいがちです。

8. 相手の女性にいい人がいないと思っている場合

相手の女性にいい人がいないと思っている場合

相手の女性に相手がいない場合や、好きな人がいない、あいてが決まっていないと思った場合。 元々男性は情熱的で力強い人が多い生き物ですし、女性を求めてしまう生き物です。

あいてに決まった人がいない場合、どうしてもその人の事を求めてしまいます。 だから何度も告白してしまうのです。

9. 少しでも脈があると思っている場合

少しでも脈があると思っている場合

一回振られたとしても、まだ、嫌われてはいない、自分に少しは興味をもっていると思っている場合や勘違いしている場合は男性は、元々強い生き物ですから、感嘆に諦めてなるものかと言う気持ちにどうしてもなってしまいます。 まだ、脈があると思っている場合、男性は決して諦めようという気持にはなりづらい生き物です。 だから、何度も自分に納得がいくまで告白してしまいます。

10. 男性はもともと認めて貰いたい生き物

男性はもともと認めて貰いたい生き物

男性はだれしも心のどこかに自分の事を、自分の力を認めさせたいと思っている生き物です、女性に対しても同じです、好きな女性に対して、自分の気持を見せたい。と力強く思ってしまう生き物なのです。

そう言う男性の本質的な部分が好きな女性に自分の気持ちをわかって欲しい、認めて欲しいと思ってしまいます。 思いが強ければ強いほど、そう言う部分も強くなってしまいます。 だから、何回も同じ人にでも気持を表してわかって欲しいと思ってしまいます。

11. 男性の本質的な部分がそうさせてしまう。

男性の本質的な部分がそうさせてしまう。

男性はもともと本質的に何事にも負けない、簡単には諦めてはいけないと言う、強い気持を幼い頃から教えられてきています。 男の子だから、女の子には優しくしなさいと、育てられていることが多く、男は強くなくてはいけないと言う事を強く植えつけられている為、何事にも負けてはいけない、簡単に諦めてはいけないと言う気持ちを植えつけられています。

一回ぐらいでは諦めてはダメ。と言う強い気持を幼い頃から強く植えつけられて育ってきた為、恋愛に関してもそう言う本質的な部分がどうしても出てきてしまいがちなのです。 何回も告白してしまうのは、男性の本質的な部分が大きく関わってきます。

12. 意地を張っている場合

意地を張っている場合

男性はもともとプライドが高い、意地っ張りな性格を持っているものです。 例えば、意中の女性を廻りの人に自分の彼女にして見せるとか宣言してしまっている場合とか、他の男性と競い合っている場合、相手の男性に負けたくないと思っている場合や、恥をかきたくないと意地を張っている場合、負けたくないと言う気持や、恥をかきたくないと言う気持ちに駆られてしまい。 振られても簡単に諦めてはなるものか。と、思ってしまうでしょう。

13. 焦っている場合

焦っている場合

例えば、この女性を逃したら暫くチャンスはない。 とか、この女性が最後のチャンスだと思っている場合は男性と言うのは簡単に諦めきれる物ではありません。

元々女性を求めてしまう生き物ですから、最後の最後まで求めてしまいます。 男性は女性を求めてしまう。 そう言ういきものです。

まとめ

男性が振られても何度も告白するのは、もともと生まれた時から。 男の子は強くなるように、育てられてきているからです。 恋愛に関してもそう言う力強い男性の性質はどうしても出てしまいます。 それと同時に男性はもともと女性を本能的に求めてしまう生き物ですので。

より強く、何とかして、と思ってしまいます。 一回ふられたからと言ってあきらめてはいけないとどうしても思ってしまう生き物なのです。 振られても何回も告白してしまう男性の心理とは、男性の本来もっている性質そのものがどうしてもそう言う行動を取らせてしまうからです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!