恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170912092817.html
劣等感が強い人の恋愛傾向13選

劣等感が強い人の恋愛傾向13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
劣等感が強い人の恋愛傾向13選

劣等感が強い人の恋愛傾向を13選まとめてみました。

  • なかなか好きな人に告白出来ない。
  • 自分なんかふさわしくないと思ってしまう。
  • 他の人と比べてしまう、叶わないと思ってしまう。
  • 好きになってくれていないと思い込んでしまう。
  • どうしても思い切りが持てない。
  • 恋が発展しない、次のステップに進まない。
  • 恋愛自体が楽しくかんじられない。
  • 相手に嫌われやすい。
  • 付き合っていても相手を楽しく出来ない。
  • 相手に誤解されやすい。
  • 廻りに認められない。
  • 相手にも劣等感を持たせてしまう。
  • 常に恋愛に対して不安や恐怖を抱いてしまう。
  • まとめ

1. なかなか好きな人に告白出来ない。

なかなか好きな人に告白出来ない。

劣等感が強い人は自分に対して、あまり自信を持っていません。 好きな人に思いを伝えたくても、どうせ、自分なんかは振られてしまう、自分みたいな人間が告白されたらかえって迷惑だろう。

というような劣等感を持ってしまい、なかなか好きな人に自分の気持ちを告白する事ができません。 自分の気持ちを伝える事が出来ず、片思いに終わってしまう事がよくあります。

2. 自分なんかふさわしくないと思ってしまう。

自分なんかふさわしくないと思ってしまう。

劣等感が強い人は、たとえ、好きな人と付き合うことが出来たとしても、付き合っているうちに、他の人と比べてしまったり、自分になにか問題が起きた時に、自分が悪いと言う思います。 自分より他の人のほうが、この人にはふさわしいんじゃないかと言う、劣等感が沸いてしまい、自ら身を引いてしまりしてしまいがちです。

たとえ相手の人がそう思っていなかったとしても、自分の中で、そう思い込んでしまい、自ら身を引いてしまったり、その人から、離れてしまうと言う事が起こりやすく、そう言う気持ちになってしまいがちです。 劣等感が強い人は、恋愛中でも、自分が劣っていると思ってしまい、自ら恋愛自体を終わらせやすく、続きにくいです。

3. 他の人と比べてしまう、叶わないと思ってしまう。

他の人と比べてしまう、叶わないと思ってしまう。

劣等感の強い人は例えば恋のライバルが現れた場合、自分に自信が持てないので、どうしてもライバルには叶わない。 あの人のほうが相手にふさわしいと諦めてしまったり、最初からどうせ負けてしまう。

と思ったり、ライバルから逃げてしまったりして、最初から戦おうとしません。 ライバルが現れた時、諦めてしまうので、恋愛自体にあまり向いていません。

4. 好きになってくれていないと思い込んでしまう。

好きになってくれていないと思い込んでしまう。

例えば、恋愛をしていて、うまく付き合っている間でも喧嘩になった時など、あいてがこんな自分を好いていてくれていない、嫌われて当然という思いを持ってしまい。 修復を諦めてしまい、恋愛が終わってしまう、場合があります。

5. どうしても思い切りが持てない。

どうしても思い切りが持てない。

例えば、恋愛中、誕生日やサプライズの日、特別な日に特別の事をしてあげたいと思っていても、自分が計画しいる事自体に自信が持てず、行動に移す事が出来ないので、相手に喜びや楽しさを与えずらいです。 相手からしたらあまり楽しい相手とはいえないでしょう。

6. 恋が発展しない、次のステップに進まない。

恋が発展しない、次のステップに進まない。

恋愛中でも、片思いでも、劣等感が強い人は自分に自信が持てないので積極的になる事ができず。 恋愛自体がなかなか前にすすまないでしょう。 前に進む勇気がなかなか持てないのです。

7. 恋愛自体が楽しくかんじられない。

恋愛自体が楽しくかんじられない。

劣等感が強い人は、最初から全ての行動に自信が持てず、恋愛をする事自体に自信が持てません。 元々恋愛にあまり積極的にはなれず、最初から恋愛自体に向いていないです。 劣等感から恋愛自体を放棄したりしがちです。

8. 相手に嫌われやすい。

相手に嫌われやすい。

例え好きな人と付き合っていたとしても、劣等感の強い人のとまっどった行動や自信のなさそうな態度や言葉を見たり聞いたりした相手は、その人自体に色々な不安や、気持を持ってしまうでしょう。 どうしても選ばれにくい人になってしまいます。

9. 付き合っていても相手を楽しく出来ない。

付き合っていても相手を楽しく出来ない。

恋愛中、劣等感の強い人との付き合いは相手にとって、楽しいとはいいづらいです。 劣等感の強い人は自分の行動や言葉にどうしても自信が持てません

自信が無い為、どうしてもその空気を出してしまいます。 そういう空気感は相手の人にとって決して楽しいと感じる物ではありません。 劣等感が強い人は恋愛中でも相手を楽しませられないです。

10. 相手に誤解されやすい。

相手に誤解されやすい。

劣等感の強い人は自分に自信が持てない為に、どうしても相手に対して積極性も持てません。 相手から見れば、その積極性のない控えめな接し方は自分の事をあまり好きではないと思われてしまいます。

より好いてくれる人を選びます。 積極性の無い劣等感の強い人はどうしても、あまり好きではないと思われてしまいます。

11. 廻りに認められない。

廻りに認められない。

劣等感の強い人は、全ての事に自信があまり持てないために、自分の存在を相手の周りの人に見せたくない。と思ってしまいます。 その自信の無い人間を見た、廻りの人達は、こんな人でいいの?と心配になってしまいます。 ふさわしくない相手だと思われがちになってしまいます。

12. 相手にも劣等感を持たせてしまう。

相手にも劣等感を持たせてしまう。

劣等感の強い人を特別な相手に持つと、どうしても劣等感を持った人が自分の相手なんだと思われてしまいます。 自分の相手が廻りの人と比べる時に、これが自分の相手なんだと思わせてしまい、付き合っている相手にも劣等感を持たせてしまいます。

13. 常に恋愛に対して不安や恐怖を抱いてしまう。

常に恋愛に対して不安や恐怖を抱いてしまう。

劣等感の強い人は、例え相手が好きであっても、相手に好きと言われても、自分に自信がありません。 自分なんかを相手にしてもうまくいくのだろうか?とか、何で自分なの?というような不信感や恐怖心をどうしても抱いてしまいます。

恋愛する事自体を常に不安視してしまいます。 劣等感の強い人は恋愛する事を常に恐がってしまいます。

まとめ

劣等感の強い人は何事にも臆病になってしまいます。 特に恋愛においては、全てにおいて、積極的ではない、臆病な恋になってしまいます。 積極的になれない恋愛に対してのその姿勢は、劣等感のあまり無い人には、決して叶わないでしょう。

恋愛は常に積極的でなければうまくいきません。 劣等感の強い人、消極的な人は恋愛そのものにあまり向いてはいません。

劣等感が強い人の恋愛傾向を13選まとめてみました。


なかなか好きな人に告白出来ない。

劣等感が強い人は自分に対して、あまり自信を持っていません。 好きな人に思いを伝えたくても、どうせ、自分なんかは振られてしまう、自分みたいな人間が告白されたらかえって迷惑だろう。

というような劣等感を持ってしまい、なかなか好きな人に自分の気持ちを告白する事ができません。 自分の気持ちを伝える事が出来ず、片思いに終わってしまう事がよくあります。

自分なんかふさわしくないと思ってしまう。

劣等感が強い人は、たとえ、好きな人と付き合うことが出来たとしても、付き合っているうちに、他の人と比べてしまったり、自分になにか問題が起きた時に、自分が悪いと言う思います。 自分より他の人のほうが、この人にはふさわしいんじゃないかと言う、劣等感が沸いてしまい、自ら身を引いてしまりしてしまいがちです。

たとえ相手の人がそう思っていなかったとしても、自分の中で、そう思い込んでしまい、自ら身を引いてしまったり、その人から、離れてしまうと言う事が起こりやすく、そう言う気持ちになってしまいがちです。 劣等感が強い人は、恋愛中でも、自分が劣っていると思ってしまい、自ら恋愛自体を終わらせやすく、続きにくいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!