恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170912092609.html
浮気した友達が許せない、軽蔑感が沸く理由13選

浮気した友達が許せない、軽蔑感が沸く理由13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
浮気した友達が許せない、軽蔑感が沸く理由13選

信頼を失うから、正義ではないから、自分も浮気をしたいのにズルイからなど、浮気をした友人が許せない、軽蔑感が沸く理由についてまとめました



  • 貞操観念が強いから
  • 潔癖症だから
  • 社会的な信頼を失うから
  • 正義や倫理に反するから
  • 浮気するような友人がいる自分の立場を悲しんでいるから
  • 浮気をする人は、友情も壊してしまがいちだと感じているから
  • 浮気をするぐらいならさっさと別れた方がいいと思っているから
  • 自分から不幸のタネをまいていることに憐れみを感じるから
  • 友人と恋人の仲良さげな様子見ていたので、浮気がショックだったから
  • 友人の彼氏のことが好きだったから
  • 自分の恋が上手く行っていないから
  • 自分も浮気をしたいから
  • 自分も浮気をしているから
  • まとめ

1. 貞操観念が強いから

貞操観念が強いから

好きな人がいて、付き合っているのにもかかわらず、他の男性へ目を向けるのは有り得ない、節操がないと怒りや悲しみを感じる人もいます。 男女に関係なく、浮気は不潔で、不正だと感じ、嫌悪感を抱くでしょう。 昭和的で、頑固で真面目な人ほど、このように感じる人が多いです。

2. 潔癖症だから

潔癖症だから

潔癖症の人は浮気に敏感な面があります。 心が汚れている人は、生活や自身も汚れている感じ、避ける傾向が強いです。 自分の恋人や夫の浮気だけではなく、直接的には関係ない友人の浮気にまで、そうした嫌悪や怒りを感じてしまい、そこから友人関係が崩壊してしまうこともあり得るのです。 潔癖症の人は、外面だけでなく内面においても清らかでいたいという願望が強いです。 それゆえに、関わる人にも清らかさを求めてしまうのです。

3. 社会的な信頼を失うから

社会的な信頼を失うから

浮気や不倫をすることは、社会的な信頼を失うことでもあります。 最近では、芸能人や議員の不倫などが話題になっており、ネット社会もあいまって、匿名の断罪や叩きも激しくなっています。

それゆえに、こうした不義をすることは、おぞましく許されないことだと、感じてしまう人が多くなっているのです。 もちろん法律上も、不倫は離婚の原因になり得ます。 信頼や関係を失うだけでなく、財産を失うこともあるのです。 失い傷付くことが多いからこそ、避けるべきだと感じる人も多いのでしょう。

4. 正義や倫理に反するから

正義や倫理に反するから

周囲から批判されるから、信頼を失うから、という周りの目を気にする以前に、浮気や不倫が、正義ではない、倫理的ではないと感じている人もいます。 好きになったらその人だけを愛すべきだ、結婚したら相手を一生大切にすべきだ、という一途で、真面目な考えの人が多いです。

その真面目さゆえに、離婚に対しても厳しすぎる面も出てしまいます。 簡単に別れるべきではない、我慢し譲り合うべきという思考だけになってしまい、DVなどの事情に鑑みることができない場合もあります。 正義よりも大切なのは、思いやりや配慮だということに気づきましょう。

5. 浮気するような友人がいる自分の立場を悲しんでいるから

浮気するような友人がいる自分の立場を悲しんでいるから

浮気をするような友人がいることに恥を感じる人もいます。 そんな不潔な友人がいて恥ずかしい。 自分も尻の軽い人間だと思われたらどうしよう。

というように、友人のことよりも、自分の立場を考えてしまう人もいるのです。 そのような考えでは、本当の友人はできにくく、薄っぺらい関係ばかりができてしまうでしょう。

6. 浮気をする人は、友情も壊してしまがいちだと感じているから

浮気をする人は、友情も壊してしまがいちだと感じているから

浮気をする人は、人間関係全般においてだらしない人だと評価されてしまう場合も多いです。 それゆえに、友人は信用できない、乱れた人だと、距離を置いてしまう人もいるのです。 浮気をするということは、恋人だけではなく、周囲の人との関係を壊してしまうこともあるということを、肝に銘じなければなりません。

7. 浮気をするぐらいならさっさと別れた方がいいと思っているから

浮気をするぐらいならさっさと別れた方がいいと思っているから

浮気をするぐらいならさっさと今の恋人と別れればいいのに、と思う人もいます。 あっちにいったり、こっちにいったりと、優柔不断で潔くない人だと感じてしまうのです。

逆に、けじめをつけて、真剣に付き合う人を清々しい人だと感じるでしょう。 だらだらとした付き合いはよく思われない場合も多いので、気をつけましょう。

8. 自分から不幸のタネをまいていることに憐れみを感じるから

自分から不幸のタネをまいていることに憐れみを感じるから

浮気や不倫をすることは、さまざま不幸を呼びこむことに繋がります。 恋人やパートナーを傷つけ、友人や家族からの信頼を失い、社会的にも悪い評価をされる、といった面が浮き彫りになり、憐れに感じる人もいるでしょう。

「こんなことになるのだから浮気なんてしなければいいのに」 「あれだけ忠告したのに友人は浮気をしてしまった」と、落ち込みがっかりしてしまう場合も多いのです。

9. 友人と恋人の仲良さげな様子見ていたので、浮気がショックだったから

友人と恋人の仲良さげな様子見ていたので、浮気がショックだったから

友人とその恋人が仲睦まじくしている様子をみてきたので、浮気を知ってしまい、大きくショックを受けてしまう場合もあります。 「あんなに仲が良かったのに」「私が見ていたのはなんだったのか」 というように、衝撃と裏切られたような気持ちでいっぱいになり、友人に軽蔑を抱いてしまう場合もあるのです。

10. 友人の彼氏のことが好きだったから

友人の彼氏のことが好きだったから

友人の彼氏のことが好きだったけど、友人と彼が付き合っていた場合、友人が浮気をしたことに対して、許せない気持ちや怒りが沸いてくるのも仕方ありません。

「自分なら浮気はしないし、彼を不幸になんてしない」 「この浮気は彼だけでなく、私への裏切りでもある」 というように、嫉妬や羨望や怒りが複雑混ざり合って、軽蔑という形に帰結することも多いです。 少々自分勝手なタラレバな思いではありますが、人を好きになるとこうした複雑な嫉妬心を抱くこともよくあるのです。

11. 自分の恋が上手く行っていないから

自分の恋が上手く行っていないから

自分の恋が上手く行ってない時、友人が浮気をしていることを知ると、腹立たしく感じる場合もあります。 「私は彼と別れたいけど我慢しているのに. . 」 「彼の嫌なことには目を瞑っているのに. . 」 そうした卑屈な思いから、友人の浮気はずるい、逃げだと感じることもよくあるのです。

誰とどう付き合うかは人それぞれですから、最終的には相手をとやかく言うことはできません。 自分が別れたければ、友人どうこうではなく、そうすればよいのです。 しかし、実際は簡単にできないのが難しい点です。

12. 自分も浮気をしたいから

自分も浮気をしたいから

自分も浮気したくてしかたないのに、友人ばかりが奔放に恋愛し、浮気も不倫もしていることに嫉妬を抱く場合もあります。 浮気や不倫をしてはならないと分かっていますが、欲望というものはなかなか抑えられないものです。

自分が耐えているのに、友人が我慢しないのは、不公平ではないかと、勝手に決め付けてしまう場合もあるでしょう。 しかし、自分は自分、友人は友人と割り切る気持ちも時には必要なのです。

13. 自分も浮気をしているから

自分も浮気をしているから

自分も浮気をしていて、友人が浮気をしていることに気付いた時、同族嫌悪のような気持ちを抱くこともあります。 友人と言うのは、自分の鏡です。 類は友を呼び、朱に交われば赤くなります。

友人の行為というのは、自分の価値を客観的に見せられているということでもあります。 必ずしも全てが一緒ではないですが、そうした不義を見せつけられ、自分自身の罪に気付き、嫌気がさしてしまう場合もあるのです。

まとめ

浮気や不倫は基本的にはしてはいけません。 しかし、友人の生き方を支配したり、束縛することもできないのです。 浮気する友人に対して、嫌悪や、嫉妬、憐憫を抱くことあるでしょう。 ですが、一番大切なことは、相手の意思を尊重し、自分の生き方も大切にするということです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!